客員教授紹介

稲垣 暢也・イナガキ ノブヤ

学歴
・1984年3月 京都大学医学部卒業
・1992年1月 京都大学大学院医学研究科博士課程(内科系)修了
職歴
・1984年6月 研修医(京都大学医学部附属病院内科)
・1986年6月 医員(田附興風会北野病院内科)
・1991年4月 研修員(京都大学医学部第二内科)
・1992年3月 千葉大学医学部助手(附属高次機能制御研究センター発達生理分野)
・1995年6月 千葉大学医学部講師
・1997年9月 秋田大学医学部教授(生理学第一講座)
・2004年4月 秋田大学バイオサイエンス教育・研究センター長
・2004年9月 京都大学 客員教授(大学院医学研究科糖尿病・栄養内科学)
・2005年4月 京都大学大学院医学研究科教授(糖尿病・内分泌・栄養内科学)
・2015年4月 京都大学医学部附属病院病院長
学会
日本糖尿病学会(常務理事)、日本病態栄養学会(理事)、日本糖尿病・肥満動物学会(理事)、日本糖尿病合併症学会(監事)、日本膵・膵島移植研究会(世話人)、日本栄養・食糧学会(近畿支部役員)、日本内科学会(近畿支部評議員)、日本内分泌学会、日本癌学会、日本生理学会(評議員)。日本生化学会(評議員)、日本再生医療学会(評議員)、日本分子生物学会、米国糖尿病学会、欧州糖尿病学会
社会活動
文部科学省科学技術・学術審議会専門委員(学術分科会)
日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員
財団法人田附興風会評議員
内閣府ライフ・イノベーションに係るサブワーキング・グループの構成員
独立行政法人日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査委員
独立行政法人科学技術振興機構「戦略的創造研究推進事業」領域アドバイザー
受賞
・日本糖尿病学会リリー賞(1997年5月20日) 「ATP感受性カリウムチャネルの分子生物学」
・平成9年度(1997年11月1日)日本医師会医学研究助成賞「糖尿病治療薬スルホニール尿素剤の作用機構の解明」 ほか
.
.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部