盛岡大学言語教育研究委員会

2009年度活動のご案内

(全て参加費は無料です)

The 4th International Forum on Language, Culture and Society

(第4回国際学術フォーラム)の開催

テーマ:日本語教育〜多文化共生

  • 2009年12月20日(日) 13:00〜15:30
  • 盛岡大学 図書館学習室
隣国・韓国との国際交流において日本語教育の果たす役割は大きい。この国際学術 フォーラムにおいては、韓国から二人の講師、日本から二人の講師をお迎えし、今後の 日本語教育のあり方について考え、大学間の交流を含み、今後の国際交流の深化の契機 とする。
講師および演題 (演題をクリックするとサマリーをご覧いただけます)
  1. ジョン・ウッソン 氏 南ソウル大学(Namseoul University)日本語科学科長 副教授
  2. 田中 香織 氏 南ソウル大学(Namseoul University)日本語科 専任講師
  3. 瀬戸 稔彦 氏 仙台国際日本語学校 専任講師(盛岡大学2008年度卒)
  4. 嶺岸 玲子 氏 盛岡大学文学部 専任講師

言語教育ワークショップ  (いずれも会場は盛岡大学図書館 学習室です。)

 
第1回 2009年11月14日(土) 12:30〜14:30
  • 長田 加奈子 先生 元国際交流基金ソウル日本文化センター専任講師
  • 『初級ドリルを楽しく!』
第2回 2009年11月28日(土) 13:00〜15:00
  • 齋藤 理一郎 先生 群馬県立玉村高等学校 教諭
  • 『特別支援教育と英語教育』
  
第3回 2009年12月5日(土) 12:50〜14:20
  • Ms. Mayuka Habbick   JJ Fellowship 主宰
  • 内容 英語の発音クリニックと発音指導法(タイトル未定)
  • ※ 受講される方は自立する小型の鏡を準備してください。
  • 安価なものでかまいませんが、口元だけでなく顔全体が映るサイズが望ましいです。

第4回 2010年 2月27日(土) 14:00〜16:00
  • 西田  博 先生 法務省矯正局総務課長
  • 『言葉と矯正教育〜PFI刑務所での新たな試みのその後』
  • ※ 成人受刑者に対する「日記指導」と「文通プログラム」の
  • 実施状況と導入効果についてご講演いただきます。

MODIL 春季集中英語キャンプ 
(盛岡大学および盛岡大学短期大学部の学生を対象とした企画です。)

 
研修期間 2009年2月4日(木)から5日(金)の一泊二日 
研修場所 国立岩手山青少年交流の家(滝沢村滝沢字後) 
  • 参加を希望する学生はMODIL委員の研究室か学生部窓口で参加申込書をもらい、
  • 参加費(食事代、宿泊費 合計1,760円)の利用券を貼って申し込んでください。
  • 楽しく、体験するキャンプです。スキルは必要ありません。

2007年度の記録へ

.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部