学校法人会計について

学校法人会計と企業会計の違い

 学校法人企  業
設置の目的 人材を育成する教育活動と研究活動を行うこと 営利を獲得すること
会計の特徴 学校を永く継続するために収支の均衡の状況を知ること 収益と費用から企業の損益の状態を知ること
会計の原則
  • 経営の真実な内容を表示
  • 正確な会計帳簿の作成
  • 会計事実の明瞭な表示
  • 会計基準の継続した適用
  • 経営の真実な内容を表示
  • 正確な会計帳簿の作成
  • 会計事実の明瞭な表示
  • 会計基準の継続した適用
計算書類
  • 資金収支計算書
  • 消費収支計算書
  • 貸借対照表
  • キャッシュフロー計算書
  • 損益計算書
  • 貸借対照表

資金収支計算書

その年度の教育研究活動に要したすべての資金の動きを表示している。具体的には、その年度のすべての収入・支出の内容と支払資金(現金・預貯金)の状況を明らかにしている。すべての収入を資金収入、すべての支出を資金支出と言う。

消費収支計算書

その年度の実際の収入と支出の状況を示して、経営の状態を明らかにしている。実際の収入を消費収入、実際の支出を消費支出と言う。

  • 消費収入=帰属収入−建物新築費・借入返済金・積立金(退職金等)
  •     (帰属収入=授業料・補助金・寄付金など)
  • その年度の期末に消費収入と消費支出が均衡していることが重要である。

貸借対照表

その年度の期末の資産・負債・基本金と収支差額(損益)を明らかにして、財政状態の健全性を表している。

.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部