学校法人盛岡大学 一般事業主行動計画

職員が仕事と子育て等を両立させることができ、職員全員にとって働きやすい環境を作ることによって、すべての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間
平成27年 4 月 1 日〜平成30年 3 月31日までの 3年間
2.内容

目標及び実施計画

目標1:
すでにある、産前産後休暇や育児休業、育児休業給付、育休中の社会保険料(共済掛金)免除など諸制度の周知や情報提供を行う。
●平成27年 4月〜
検討
●平成27年 5月〜
周知内容について理事長決定
●平成27年 6月〜
育児休業の取得希望者を対象とした説明を随時行う
●平成27年 8月〜
職員研修会等を利用し説明機会をもつ(職員研修会(8月、12月)、係長級研修会)
目標2:
育児休業等を取得しやすい環境作りを行う。
●平成27年 4月〜
検討
●平成27年 6月〜
管理職の説明方針について理事長決定
●平成27年 7月〜
管理職へのアンケート調査により認識度を把握する
●平成27年 8月〜
研修内容を検討する
●平成27年度〜  
研修会を利用して周知をはかる
目標3:
平成28年度から、現行育児休業規則の「子の看護休暇」(現行:半日又は1日単位、無給)を時間単位で取得できるよう改正を行う。
●平成27年 4月〜
検討
●平成27年 7月〜
企画部で法に基づく諸制度調査及び原案作成し、案件審査会議に付議のうえ、労組等の意見を聴取
●平成27年10月〜
理事長決定
●平成28年 3月〜
規則改正及び職員に通知
目標4:
妊婦健診を「特別有給休暇」の事由項目に追加するため就業規則改正を行う。
●平成27年 4月〜
検討
●平成27年 5月〜
内外の情報収集及び改正案策定
●平成27年 7月〜
企画部で法に基づく諸制度を検討のうえ案件審査会議に諮る
●平成27年10月〜
理事長決定を経て、労組の意見を聴取
●平成28年 3月〜
規則改正及び職員に通知(平成28年4月実施)
目標5:
所定外労働の削減を目的とするノー残業デーの実施可否を検討する。
●平成27年 4月〜
検討
●平成27年度   
理事長決定を経て、現状把握を行う。(平成27年度内)
  • [1] 学校ごとの実施可能な日程(期間)及び実施方法案を取りまとめる
  • [2] 実施案策定 
  • [3] 案件審査会議に諮る → 理事長方針決定
●平成28年度
ノー残業デー(ウィーク)の試行開始
●平成29年度
試行の実施報告により課題検討を行う
目標6:
出産、子育て及び介護その他の理由で定年前に離職した旧職員の再雇用制度の創設を検討する。
●平成27年 4月〜
検討
●平成27年度   
企画部において法に基づき制度調査し、実施方針及び計画案を策定(問題点の洗い出し) → 理事長決定
●平成28年度   
具体的な登録、募集方法、採用方針及び働き方について検討
●平成29年度
  • [1] 必要に応じ規則制定・現行規定改正案を策定
  • [2] 理事会決定を経て、労組等の意見を聴取

以上

.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部