広報用のキャッチコピー・ロゴマーク・ロゴタイプ

盛岡大学・盛岡大学短期大学部では、この度、広報用のキャッチコピー・ロゴマーク・ロゴタイプを策定いたしました。

キャッチコピー

「対話の先に未来を創る」

本学は従来「対話のある大学」をスローガンとして掲げてきました。

今回、そこから一歩踏み出し「対話の先に未来を創る」をキャッチコピーとして掲げます。

本学の掲げる「対話」とは、単に人と人とが話すことに留まらず、

  • 「個人内で行われる対話」イコール「考えること」
  • 「自分と違うもの対等なものの間で成立するもの」イコール「個の確立」
  • 「自然や環境との対話」イコール「自らの経験を豊かにすること」

などを意味します。

ロゴマーク

MORIOKA UNIVERSITYの頭文字「M+U」をモチーフに構成しました。

10本の棒は十人十色、それぞれの個性を活かす。という意味が込められています。

対話が知をつなぎ、人をつなぎ、未来へつないで行きます。

カラー

紫は盛岡大学の校旗の色の紫からとりました。

「知的、伝統、上品、古典、美意識」などを意味します。

黄緑はキャンパスの恵まれた自然環境の緑からとりました。

「自然、安らぎ、健康、平和、調和」などを意味します。

加えて、紫と黄緑は補色の関係にあり、対する色「対話する色」をコンセプトにいたしました。

ロゴタイプ

和文表記「UD新ゴR」

元より見やすい書体として評価の高い「新ゴ」をベースに、個々の文字のわかりやすさを重視した字形をとりいれたユニバーサルデザイン書体です。

英文表記「Frutiger 55 Roman」

遠くから見たときでも視認性に優れた書体です。1968年アドリアン・フルティガーがシャルル・ド・ゴール空港の案内標識をデザインするために開発しました。

大学のみで使用の場合

短大のみで使用の場合

担当:入試・広報センター

問い合わせ先
  入試・広報センター
  • TEL 019-688-5560
  • FAX 019-688-5577
.
.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部