盛岡大学短期大学部

目的及び使命

本学はキリスト教精神により、教育基本法及び学校教育法に則り、深く専門の学芸を教授研究し、職業又は実際生活に必要な能力と幅広い教養を身につけた人材を育成し、以て広く社会の発展に寄与することを目的とする。

幼児教育科においては、幼児教育及び保育に関する専門的知識を授けるとともに、その実践のために必要な技能を養い、専門の職業に携わる人材を育成する。(学則第1章総則より)

本学が求める学生像

本学の教育目的と教育方針を理解し、子どもたちに生きる力と希望を与えることに熱意を傾けられる人を求めます。

学部長挨拶

40余年の実績と、地元への高い就職率。

真の実力をもった保育者を育成します。

短期大学部の2年間は、濃く深い短期熟成の期間です。本学は保育現場を知り尽くした経験豊かな教員が多く、 また卒業生の多くが保育現場の最前線で活躍していることが特長です。そのため、実習や就職などでお世話になる保育現場とは 強い連携が図られており、実践力をもった保育者養成には定評があります。私たち教員は、学生との関わりを心から楽しみ、 大切に思っています。一人ひとりが生まれもってきた素養や資質を開発することが、私たちの役目です。「対話」をとおして、 授業以外のことを学ぶ機会も多く、その経験はきっと自信となり力となります。どんな時代や環境でも生き残れる人、 自信と真の実力をもった保育者になるためにがんばりましょう。

盛岡大学短期大学部学部長・幼児教育科長 大塚 健樹

.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部