卒業生の進路

学校法人花北みのり学園
大堤幼稚園教諭

下瀬川直子さん

下瀬川直子さん

幼児教育科平成25年3月卒業
[岩手県・北上翔南高校出身]


一人ひとりを気にかけ見守ってくださった、現場経験豊富な先生方に感謝しています。

「絵本の研究ゼミ」や「保育内容の指導法・環境」などで学んだことは、今も現場でとても役立っています。現場を経験して きた先生方の講義は、さまざまな場面の子どもたちの様子や対応など、とても参考になり、イメージをつくりながら学ぶことができました。附属幼稚園の先生の講義やさまざまな実習を経験して、教育・保育現場に触れる機会が多いことが盛岡大学短期大学部の特長です。また、就職支援においては、就職センターの先生方に、さまざまなアドバイスをしていただきました。求人情報や試験情報などを随時メールで知らせていただき、とても助かりました。現在、私は幼稚園の3歳児の担任をしていますが、心がけていることは、常に笑顔でいることと、子どもの様子や変化に気づく観察力をさらに養うことです。そのための基礎は、大学でしっかり学ぶことができたと思っています。将来の目標に向けてとことん学ぶことができる、専門性の高い恵まれた環境、それが盛岡大学短期大学部です。夢に向かって楽しみながら学んでください。

北上市立南保育園
保育士

吉田るりさん

吉田るりさん

幼児教育科平成24年3月卒業
[岩手県・盛岡北高校出身]


一人ひとりを見守ってくれる先生・職員の方々・いつも発見と驚きがある、充実の2年間でした。

専門特別基礎演習のゼミでは、2年間をとおして自分が学びたい分野を選ぶことができます。私は音楽ゼミで、ここで学ん だ発声や表現力は現場でも役に立っていると日々感じます。仲間たちと舞台に立って朗読したり演奏したり、とても良い経験でした。授業をとおして自分だけの"オンリーワン"を考えることができたことは、仕事をしていく上での自信にもつながりました。先生方は私たち一人ひとりをよく見てくださっています。就職対策講座では公務員試験に必要な知識を学ぶことができました。就職センターの方は、一人ひとりに親身になってサポートしてくださいました。私自身が納得するまで、面接の練習に付き合ってくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。短期大学部の2年間は授業に実習にと忙しいですが、毎日が充実しています。自分次第で世界を広けることも可能です。今では、入学式で学長がおっしゃった「卒業するときは、みんな盛岡大学短期大学部でよかったと言うんです」という言葉の意味がよく分かります。

.

社会福祉法人岩手県手をつなぐ育成会あすなる園
生活支援委員

藤澤春さん

藤澤春さん

 

幼児教育科平成23年3月卒業
[岩手県・盛岡第四高校出身]


先生も学生も何事にも全力投球するのが盛短。もっと頑張ろうという意識を高められた2年間。

現場で働いてきた先生方から学ぶ授業は、実際に経験したことや現状を聞くことができ、イメージをしながら深く理解することができました。座学だけではなく、手遊びやグループ発表などもあり、仕事に就いてから活かせる実践力を身につける機会が数多くありました。また、先生の勧めもあり、たくさんのボランティアに参加することで、それぞれの施設の雰囲気や特色を知ることができ、自分が進みたい道についてじっくりと考えることができました。私は福祉施設での実習をとおして、障がいのある方々への支援をしていきたいと強く思い、今の仕事を選びました。実習の後などは、友人や先生と悩みや目標などを話すことで、これからもっと頑張っていこうという気持ちになり、教育者になるという意識を高めることができました。子どもを相手にする仕事をめざす学生が多いので、先生も学生も、さまざまな活動や遊びに全力投球する、その環境がとても良かったし、楽しかったです。人と向き合うことの大切さややりがいを身にしみて感じることができた大学生活でした。

 

.
.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部