カリキュラム

授業カリキュラム
 
 科目名卒業単位幼稚園免許 保育士資格児童厚生員資格 備考
必修選択必修選択必修選択必修選択
教養科目キリスト教概論2  22    
日本国憲法 22  2   
美術入門 2 2 2   
音楽入門 I 2 2 2   
音楽入門 II 2 2 2   
くらしと経済 2 2 2   
異文化理解 2 2 2   
情報処理入門 22  2   
プラテイカル
コミュニケーション
2 2 2    
コミュニケーション
イン ライティング
2 2 2    
国際英語 I 2 2 2   
国際英語 II 2 2 2   
海外英語研修 2 2 2   
基礎スポーツ 11 1    
体育学1 1 1    
専門科目 社会福祉I  pick up 2   2   
保育原理2   2   
社会的養護2   2    
教育原理2 2 2   
発達心理学 I2 2 2    
発達心理学 II 1  1    
教育心理学 22     
子どもの保健 Ia2   2    
子どもの保健 Ib2   2    
子どもの保健 II  pick up 1   1    
保育内容総論1 1 1 1  
保育内容の指導法
健康
1 1 1 1  
保育内容の指導法
人間関係
1 1 1 1  
保育内容の指導法
環境
1 1 1 1  
保育内容の指導法
言葉  pick up
1 1 1 1  
保育内容の指導法
表現  pick up
1 1 1 1  
音楽基礎表現2 2 2 2  
造形基礎平面2 2 2 2  
幼児体育 I  pick up 2 2 2 2  
教育情報処理演習2 2  2   
専門特別演習 2 22    
専門基礎特別演習 2 2 2   
音楽表現法  pick up  22     
造形基礎立体  pick up  22     
幼児体育 II 22     
国語表現法 22 2    
国語表現の研究 2 2    
保育者論 22 2    
教育制度論 11  1   
保育・教育課程論 22 2    
保育内容の指導法
遊びと表現
 1 1    
保育内容の指導法
遊びと言葉
 1 1    
保育内容の指導法
遊びと環境
 1 1    
保育方法論 22     
家庭支援論 2 22 2  
保育・教職実践演習 22 2    
社会福祉 II 2 2    
子どもの行動心理学 2 2    
地域福祉 2 2 2  
相談援助 1 11 1  
児童家庭福祉 2 22   
児童の健全育成と福祉 2 2 22  
社会的養護内容 1 11    
保育相談支援 1 11    
幼児教育相談 22     
子どもの食と栄養 2 22    
乳児保育 2 22    
特別支援保育 2 22    
児童文化 2 2    
幼児音楽表現 I 2 2    
幼児音楽表現 II  pick up  2 2    
応用造形 I 2 2    
応用造形 II 2 2    
幼児英語 2 2 2   
児童館の機能と運営 2 2 22  
教育実習 55  5   
保育実習 I 4 44 4  
保育実習指導I 2 22 2  
保育実習 II 2 22*    
保育実習指導 II 1 11*    
保育実習 III 2 22* 2  
保育実習指導 III(児童館)    1* 1*  
保育実習指導 III(施設) 1 11* 1* 

※「選」および「*」印の科目は履修方法に制約があります

※備考欄の「訪」は訪問介護員2級、「社」は社会福祉主事任用資格に必要な科目です


その他の講座
  • 総合特別講座
  • キャリアガイダンス
  • 就職対策講座
  • 編入対策講座

造形基礎立体

生活を豊かにし、幼児たちの心も豊かにする造形とは?

造形基礎立体子どもたちと接する上で欠かせない創造的な造形思考を養います。切り絵、ボッブアップ、ペーパークラフトといったベーシックなクラフト表現を楽しみ、幼児の造形表現への応用を考察。一方で、彫塑・粘土レリーフ、パッケージデザイン、立体合わせ絵などを体験し、素材理解や多様な表現を身につけていきます。

OK

社会福祉I・II

これからの少子高齢社会に求められる福祉のあり方を基礎から学ぶ。

社会福祉の問題は、決して他人事ではなく、自分自身の問題としてとらえることが大切です。社会状況を理解し、地域福祉活動や社会保障制度などについて考える心と知識を身につけるために、社会福祉Iでは歴史や制度などを学び、社会福祉Ⅱでは老人福祉を中心に課題を探ります。

OK

保育内容の指導法[表現]

保育内容の指導法[表現]音楽と身体をとおして表現する。幼児の音楽学習手法を体験的に学ぶ。

身体と聴覚を育てることは、幼児の成長にとても大切なことです。全身を使って音楽を動きで表現するリトミックを学び、幼児の音楽への理解を深め、動きによって得た筋肉感覚を生かしながら豊かな感受性を養うさまざまな手法を探ります。わらべうたをはじめ、コダーイ、オルフ、ダルクローズなど20世紀を代表する音楽教育法を演習で体験的に学び、最終的に は小グループ単位で幼児向け作品を作り、発表します。

OK

音楽表現法

音楽表現法時には話し言葉にもなる音楽の 知識と腕をしっかり磨く入門編。

講義とピアノ実技の音楽表現法。音楽表現の基礎を学んでいく幼稚園免許必修科目です。ピアノ実技はバイエル指定曲の全曲終了にトライ。マンツーマンの指導で、初心者もじっくりと腕を磨き、ハ長調・へ長調のコードネーム伴奏を学べる構成になっています。

OK

保育内容の指導法[遊びと言葉]

言葉は楽しい遊び道具。その表現方法を体験をとおして知る。

無限の可能性を秘めた幼児たちの支援を学ぶ「保育内容の五領域」に沿う科目とは別に、盛岡大学短期大学部で設置しているユニークな講義のひとつ。言葉を遊びの手段と捉え、魅力的に言葉を使うことによる幼児保育を考えます。絵や音楽など他の領域とマッチさせながら、実際に表現し発表を行います。

OK

幼児音楽表現II

幼児音楽表現II理論と実践を繰り返して、子どもたちの音楽体験を考える。

講義と実践をとおして、幼児への音楽教育を考えます。例えば好きな絵本に合う音を作る課題では、学生は小グループに分かれて試行錯誤。作品の中間報告を発表しあい、完成へ磨いていきます。この過程のなかで、楽器の知識や扱い方を覚えつつ、現場で柔軟に子どもたちの音楽性を伸ばす発想力を育てます。

OK

子どもの保健II

子どもの保健II抱き方・食事援助から救急処置まで、保育現場で問われる力を実地で学ぶ。

1年で履修した「子どもの保健1a・1b」を基礎に、保育現場において実践できる応用的能力と技術を学びます。保育の場では、常に安全で安心できる環境づくりが重要になります。事故防止の環境づくりのみならず、赤ちゃんの抱き方や食事の援助、排池方法から、健康状態や成長発達の把握、病気予防、異常の早期発見、救急処置、看護にいたるまで、保育現場で問われるさまざまな事に対して広く理解し、適切に判断・実践できるように授業を進めます。

OK

幼児体育

身体を動かして覚えていく。子どもたちの健康づくりを考える。

まずは自らの体づくりにトライすることから始まるユニークな講義。運動と健康な体とのかかわりを感覚的に把握することは、「保育内容の五領域」の「健康」領域の意義の確認になります。その上、実際に運動遊びを体験しながら、子どもの発達に合った遊びを理解していきます。

OK

専門特別演習(特別支援教育ゼミ)

専門特別演習(特別支援教育ゼミ)幼児期の「気になる行動特徴を知り、子どもにとっての保育と教育環境を考える。

ビデオや実習をとおして保育所や幼稚園の「気になる」子どもの行動特徴をどのように理解するか、そして支援はどうあればよいかを考えます。それぞれが興味関心のあるテーマを見つけ、2年間かけてフィールドや文献調査を行います。このゼミでは、それを1冊の「特別支援教育論集』にまとめプレゼンテーションします。発達障がいのある子どもなどへ支援するための知識と技術を学びます。

OK
.

トップに戻る

.
.
© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部
  • 〒020-0694 岩手県滝沢市砂込808
  • 019-688-5555(代表)