平成29年度第4回盛岡大学短期大学部「こども発達支援講座」

「こども発達支援講座」は、平成29年10月21日(土)、22日(日)2日間に渡って開講されました。1日目は、本学学生を中心に保育に関する専門職の方々を対象として、県公会堂を会場に行われました。

午前の部は「遠野の昔話とその背景」というテーマで遠野文化研究センター学芸員の前川さおりさんの解説と遠野昔話語り部の菊地栄子さんに昔話を語って頂きました。

午後の部はCAP岩手代表高橋寿美子さんから「幼児期からの人権教育」をテーマに講演が行われました。参加者は遠野の児童文化と生きた言葉に触れたり、人権を身近な問題として取り上げて考える貴重な体験となりました。

2日目は、保育に関する専門職の方のみ対象に42名の参加者がAコース「ペアレント・トレーニング~理論と実践~」Bコース「音楽療法に関する講座」Cコース「こども支援の相談室 ―気になる子ども―」に分れ実施いたしました。最後に受講修了証を参加者全員に交付し終了しました。

参加者からは、今回の講座に参加し非常に参考になったとの声が多く寄せられました。

.
.

第4回こども発達支援講座のご案内

盛岡大学短期大学部幼児教育科

  1.  趣 旨
  2. 近年、幼稚園、保育所、認定こども園、児童館、児童センターなどの子育てにかかわる専門機関において、子どもへの支援や地域とのかかわりなど今日的な課題が山積みになっております。

    そのような時代に呼応して、このたび盛岡大学短期大学部は「第4回こども発達支援講座」を開講することといたしました。幼児教育にかかわる専門職についておられ、子育て支援に関心のある方々の研修の機会として受講いただきますようご案内申しあげます。

  3.  主 催  盛岡大学短期大学部
  4.  共 催  盛岡大学・盛岡大学短期大学部 地域連携センター
  5.  後 援  岩手県社会福祉協議会、滝沢市教育委員会、盛岡大学短期大学部後援会
  6.  期 間  平成29年10月21日(土)・22日(日)の2日間
  7.  講座の内容と会場
  8. 第1日目: 10月21日(土)・公開講座 会場 岩手県公会堂(盛岡市中央通り)

    9:30~
    公会堂会場受付
    10:00~
    開講のあいさつ
    10:15~11:45
    【講座1】
    「遠野の昔話とその背景」仮
    大ホール
    昼食 13:00~14:30
    【講座2】
    「幼児期からの人権教育」
    大ホール
    14:30~14:40
    閉講のあいさつ

    第2日目: 10月22日(日)・ワークショップ 会場 盛岡大学短期大学部(滝沢市砂込)

    8:30~
    盛岡大学
    短期大学部
    会場受付
    8:50~
    開講のあいさつ
    9:10~11:10
    【講座3-Aコース】定員15名
    ペアレント・トレーニング~理論と実践~
    休憩 11:20~11:35
    閉講のあいさつ
    受講修了証交付
    【講座3-Bコース】定員15名
    音楽療法に関するワークショップ
    【講座3-Cコース】定員15名
    こども支援の相談室―気になる子ども―
  9.  対 象  短大生・大学生、幼稚園教員、保育士・福祉施設職員、関心をもつ一般の方々
  10. 1日目は、保育に関する専門職の方や内容に関心がある大学の学生の方は聴講できます。本学学生も受講しています。
    2日目は、ワークショップを行うため、保育に関する専門職の方のみの対象となります。
    どちらの場合も、別紙の申込用紙、または 電子メールにて事前にお申し込みが必要となります。講座3のABC各コースは、定員になり次第、締め切らせていただきます。
  11.  参加申し込み
  12. 申込先:所属と連絡先・氏名等を明記の上、次のFAX番号と電子メールにて受け付けます。また、本学ホームページより申し込み用紙が印刷できます。(Word書類)

    受付期間: 7月1日(土)~10月7日(土)

    参加費: 1日目の公開講座は 無料、2日目の参加の方は 1,000円

    ※参加費は、10月22日に会場にてお支払いください。その時に領収書をお渡しいたします。

  13.  申し込み先
  14. 盛岡大学・盛岡大学短期大学部 地域連携センター

    電話 019-688-5555 、FAX 019-688-5577

    電子メール 

  15.  盛岡大学へのアクセス
  16. 行き・岩手県交通 滝沢駅発8:58→盛岡大学着9:10 岩手県北バス 盛岡駅発7:32→大学前8:04

    帰り・大学入り口バス乗り場から 県交通 滝沢駅行き11:55 県北バス 盛岡駅行き11:59

<会場>

岩手県公会堂

〒020-0023 岩手県盛岡市内丸11番2号

*駐車場はありません

岩手県公会堂 周辺地図

盛岡大学短期大学部

〒020-0694 岩手県滝沢市砂込808番地

*駐車場有り

盛岡大学・盛岡大学短期大学部 周辺地図

講 座 の 内 容

<第1日目> 10月22日(土曜日)公開講座 公会堂定員350名

時間・場所 講 座 内 容
9:30~岩手県公会堂 公会堂大ホール前で受付をします。
10:00~10:10 開講あいさつ(盛岡大学短期大学部学長)
10:15~11:45
【講座1】
大ホール
テーマ:「遠野の昔話とその背景」仮

講師:遠野昔話語り部の会 語り部 2名の方を予定しています。

内容:語り部による遠野の昔話を中心にその背景について話していただきます。

11:45~12:55 公会堂を昼食場所として開放します。また、近辺には食事ができるお店があります。
※12:00~ 公会堂大ホール前にて午後の部の受付をします。
13:00~14:30
【講座2】
大ホール
テーマ:「幼児期からの人権教育」

講師:CAP岩手 代表 高橋 寿美子 氏

内容:虐待、いじめ、性被害などのさまざまな暴力から、子ども自身が心と体を守ることができるようにするための人権教育プログラム(CAP)の実践をご紹介し、子ども支援の仕方について具体的に考えます。

14:30~14:40
大ホール
閉講あいさつ

<第2日目> 10月22日(日曜日) ワークショップ 定員45名

時間・場所 講 座 内 容
8:30~
盛岡大学短期大学部
会場受付
短大にて受付します。
※詳しい場所につきましては、当日ご案内いたします。
8:50~9:00 開講あいさつ 盛岡大学短期大学部 学長
9:10~11:10
【講座3】
ABCコース選択 実 技 講 座
[Aコース]
定員15名
テーマ:ペアレント・トレーニング~理論と実践~

講師:盛岡大学短期大学部幼児教育科 助教 塩谷 彩花 氏

進行:盛岡大学短期大学部幼児教育科 助教 岸 千夏 氏

内容:障害のある子どもの保護者への支援として、近年注目されているペアレント・トレーニングの理論と実際について、ロールプレイを交えながら理解を深めます。一般の子育て支援にも大変役立ちます。

[Bコース]
定員15名
テーマ:音楽療法に関する講座

講師:盛岡大学文学部 児童教育学科 非常勤講師 渡邊 惠里 氏

ファシリテーター:本学准教授 吉村 哲

内容:発達障がいのある子ども達への支援の実践からの視点を通して、子どもの発達を促すために音楽をどのように使い活動するかを共に学び、実際に体験して頂きます。

[Cコース]
定員15名
テーマ:こども支援の相談室 ―気になる子ども―

講師:盛岡大学短期大学部幼児教育科 教授
前盛岡大学附属幼稚園厨川幼稚園園長 嶋野 重行 氏

内容:幼稚園や保育園、小学校や支援学校で気になる子どもや発達障害のある子どもの支援について日頃から悩んでいる先生方は参加してみてください。参加者には簡単にまとめた個別の事例を持ち寄っていただき、その事例を通して支援の在り方についてブレイン・ストーミングで考えます。子どもと教師の人間関係のAD論、生態学的に考える支援論、応用行動分析(ABAからSST、PT)の考え方、「気になる子どもチェックリスト」を活用し、子ども支援の方略のヒントを多角的に探ります。

11:20~11:35

閉講あいさつ

盛岡大学短期大学部 学長

受講証明書交付

―講師紹介―

<第1日目>

高橋 寿美子 氏

日本女子大学家政学部児童学科卒業。(幼稚園・小学校教諭免許取得)日本心理学会認定心理士。

転勤族の専業主婦として2女を育てる。

1998年CAPスペシャリスト養成講座修了後、「CAP岩手」設立に参加し、2009年より運営委員長。

2001年~2014年「共育*話して聴いて考える親の会」代表世話人。

対等・尊重の人間関係をモットーに、子どもの立場に立つことを意識しながら市民活動を続けている。

遠野昔話語り部の会

語り部 2名の方を予定

<第2日目>

渡邊 惠里 氏

国立音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業、東北福祉大学総合福祉学部福祉心理学科卒業、放送大学大学院文化科学研究科臨床心理学プログラム卒業

日本音楽療法学会認定音楽療法士、評議員、岩手県代表役員。日本心理学会認定心理士。

現在、盛岡大学児童教育学科非常勤講師。岩手県立療育センター他、県内にて児童、高齢者の音楽療法を実践中。

.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部