盛岡大学短期大学部

総合特別講座に大槌保育園園長 八木澤弓美子氏をお迎えし「災害の備えについて」講演いただきました。

7月10日に、本学の卒業生でもあり、現在は大槌保育園園長である、八木澤弓美子先生をお招きし、「災害の備えについて」ご講演をいただきました。

東日本大震災発生前からの危機管理に対する意識や、震災を経験したことによる保育者の意識の変化、当時の園児の様子から現在に至るまでを振返りながら、1つ1つ言葉を噛みしめるようにお話してくださいました。

震災前はちょうど避難訓練の在り方を検討していたとのことで、給食時と午睡時に抜き打ちで避難訓練を行い、保育者1人1人の意識を高めていたといいます。そして、その矢先、東日本大震災が発生。避難訓練の成果もあり、当時、八木澤先生と一緒に避難した園児は全員無事でした。しかし、震災直後に保護者に引き渡した園児9名は津波の犠牲になりました。

その後、検討を重ねた結果、今後、このような事態が発生した場合、園児を保護者には引き渡さず、まず園で安全確保を行うことにしたといいます。緊急時に対応できる環境を常に備えておくこと。その重要性を改めて教えていただきました。

.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部