幼児教育科 特別演習(ゼミ)「チャイルド・ケア」の紹介

担当:石川正子

専門特別基礎演習(1年次)

病と共に生きる子どもたちについて理解します。

特に慢性疾患を抱えながら生活している子どもを中心に、子どもと家族、問題点や関わり方を明らかにしていきます。また、病と共に生きて行く子どもに寄り添えるように、様々な体験をしながら理解を深めていきます。

専門特別演習(2年次)

子育て支援ボランティアを通して、保育者による保護者への支援について学びます。

また、健常児との違いについて幼稚園教育実習および保育園実習の機会を通して学びます。


ゼミ活動の様子

私は、チャイルド・ケアゼミに参加して、多くの事を経験し学びました。

1つ目は、オイルを使用したハンドマッサージです。毎年学園祭で、ゼミの模擬店としてハンドマッサージを行いました。多くの方々に利用して頂き、大盛況でした。

2つ目は、未就園児サークルやもりもり子育て支援のボランティアに参加したことです。様々な事に取り組み、保育者としての技術を成長させることができました。

3つ目は、小児慢性疾患について学んだことです。授業だけでは、学ぶことができない病気や配慮すべき点などの理解を深めることができました。

(ゼミ学生のコメント)

.
.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部