教員総覧Teachers Overview

林 稔・ハヤシ ミノル

学部学科
盛岡大学 文学部 日本文学科
氏名・フリガナ
林 稔 ハヤシ ミノル
職名
教授
研究室の連絡先
電話 019-688-5555 (代) FAX 019-688-5577
電子メール
学歴
  • 昭和50年3月 二松學舍大學文學部中国文学科卒業
  • 昭和50年3月 二松學舍大學大學院文學研究科中國學専攻修士課程入学
  • 昭和52年3月 二松學舍大學大學院文學研究科中國學専攻修士課程修了 文学修士
  • 昭和52年4月 二松學舍大學大擧院文學研究科中國學専攻博士課程入学
  • 昭和55年3月 二松學舍大學大學院文學研究科中國學専攻博士課程単位取得満期退学
略歴
  • 昭和28年1月24日 東京都世田谷区に生まれる
  • 昭和48年4月 日本中国学会会員となる
  • 昭和51年6月 東京都立高等学校現任講師に任ぜられる(平成9年5月まで)
  • 昭和54年12月 財団法人書壇院展南画部審査員 書壇院展評議員となる(平成4年まで)
  • 昭和55年5月 書画研究団体唯心書画院主宰 至現在
  • 昭和56年8月 中国河南省安陽県殷墟甲骨文字博物館・商代遺跡研修
  • 昭和55年5月 サンシャインシティー60三越文化センター南画講師となる(平成9年5月まで)
  • 昭和57年12月 財団法人書壇院漢字部審査員法定評議員となる(平成4年12月まで)
  • 昭和60年8月 東京都世田谷区文化人となる(平成9年5月まで)
  • 昭和61年4月 二松學舍大学文学部非常勤講師となる(平成9年5月まで)
  • 平成2年10月 NHK教育テレビ「画賛の魅力」応援出演
  • 平成4年8月 読売書法展評議員となる(平成12年7月まで)
  • 平成9年6月 盛岡大学文学部日本文学科助教授となる(平成15年3月まで)
  • 平成10年1月 岩手日報書展参事となる(平成18年3月まで)
  • 平成10年9月 岩手日報社主催カルチャー 水墨画(南画)の講師となる(平成26年3月まで)
  • 平成11年5月 謙慎書道会理事となる 至現在
  • 平成12年8月 読売書法展幹事となる 至現在
  • 平成15年4月 盛岡大学文学部日本文学科教授となる 至現在
  • 平成17年4月 盛岡大学文学部日本文学科教授 日本文学科科長となる(平成23年12月まで)
  • 平成18年1月 岩手日報書展理事となる(平成26年3月まで)
  • 平成25年4月 盛岡大学図書館長を任ぜられる(平成27年3月まで)
学位
文学修士
専門分野
研究課題
  • 中国古代文字学と書論研究
担当科目
  • 中国書道史
主な研究業績
論文
  • 虹字から見た中国古代の宗教と儀礼-新しい漢字漢文教育第35号pp93-pp101
  • 書論と人物月旦-その評語を中心として-盛岡大学日本文学会誌第17号pp56-pp68
  • 文字論-書道から見た「甲」字の一考察-盛岡大学日本文学会誌第18号pp65-pp73
  • 文字論-書道から見た「乙」字の一考察-盛岡大学日本文学会誌第19号pp26-pp39
  • 文字論-書道から見た「丙」「丁」字の一考察-盛岡大学日本文学会誌第20号pp58-pp67
  • 文字論-書道から見た「戊」字の一考察-盛岡大学日本文学会誌第21号pp32-pp43
  • 文字論-書道から見た「己」字の一考察-盛岡大学日本文学会誌第22号pp42-pp53(庚字、23号。辛字、24号。壬字25号)
  • 文字論-書道から見た「癸」字の一考察-盛岡大学日本文学会誌第27号pp30-pp44
書及び南画
  • 昭和50年12月 第42回財団法人書壇院展漢字部文部大臣賞受賞 院友に推挙される 於東京都美術館
  • 昭和52年7月 第29回毎日書道展初入選 以後12回入選 於東京都美術館
  • 昭和52年12月 第44回財団法人書壇院展南画部推薦賞受賞 院友に推挙される 於東京都美術館
  • 昭和54年3月 世田谷区書道連盟展連盟賞受賞 審査員に推挙される 於新宿センタービル朝日生命ギャラリー
  • 昭和54年12月 第46回財団法人書壇院展 漢字部特別賞受賞審査員に推挙される 於東京都美術館
  • 昭和54年12月 第44回財団法人書壇院展南画部特別賞受賞審査員に推挙される 於東京都美術館
  • 昭和59年8月 第1回読売書法展入選連続入選 以後第8回までに秀逸賞3回受賞 於東京都美術館
  • 昭和60年8月 世田谷の書展顧問賞受賞 世田谷区文化人に推挙される 於新宿センタービル朝日生命ギャラリー至平成9年
  • 平成2年8月 第8回読売書法展特選受賞 評議員に推挙される 於東京都美術館
  • 平成3年11月 第23回日展入選、その後28回までに4回入選以後不出品 於東京都美術館
  • 成9年8月 第25回岩手の書道選抜百人展出品 於岩手県民会館 以後平成26年まで連続出品
  • 平成10年1月 第26回岩手の書家展 理事出品 於岩手県民会館 以後平成26年まで連続出品
  • 平成12年8月 山水画-本堂襖絵寄進(群馬県高崎市慈恩寺)
  • 平成17年3月 第66回謙慎書道展 理事出品 於東京都美術館以後平成20年まで連続出品
  • 平成18年5月 山水画-中院襖絵「離合四季山水図」、経文五種奉納揮毫(岩手県花巻市長楽寺)
  • 平成20年8月 書-本堂襖八并「龍行虎歩・鳳翔麟至」 本堂本尊両側襖絵四并「四季山水図」 茶室襖及び地袋「無木山水図」寄進(前橋市円満寺)
  • 平成21年8月 第22回読売書法展 幹事出品 読売書法会・読売新聞社 於東京都美術館・山形県立美術館他 至現在
学会・社会活動
  • 日本中国学会 自昭和48年至現在
  • 謙慎書道会理事 自平成11年至現在
  • 読売書法会幹事 自平成12年至現在
  • 全国国語研究会青森大会講演 1999.8
  • 盛岡大学公開講座講師 1999.10
  • 平成10年岩手日報カルチャー講師 自平成10年至平成26年
  • 二戸市民大学講師 2000.1
  • 北上近現代詩歌文学館特別講座講師 2000.3
  • 二戸市民大学講師 2001.9 2001.11
  • 全国漢文教育学会発表 第18回大会2002.6
  • いちのへ町民セミナー・必修課程講師2003.1

教員総覧もくじに戻る

.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部