教員総覧Teachers Overview

石濵 博之・イシハマ ヒロユキ

学部学科
盛岡大学 文学部 児童教育学科
氏名・フリガナ
石濵 博之・イシハマ ヒロユキ
職名
教授
研究室の連絡先
電話 019-688-5555 (代) FAX 019-688-5577
電子メール 
学歴
  • 昭和53年3月 日本福祉大学社会福祉学部社会福祉学科卒業
  • 昭和58年3月 愛知県立大学外国語学部第二部英米学科卒業
  • 昭和63年3月 愛知教育大学大学院教育学研究科修士課程英語教育専攻修了
略歴
  • 昭和53年4月 愛知県東海市役所 事務吏員主事市民課戸籍係・窓口係(昭和58年3月)
  • 昭和58年4月 愛知県津島市立神守中学校 教諭(昭和59年3月)
  • 昭和59年4月 愛知県立東郷高等学校 非常勤講師(昭和63年3月)
  • 昭和63年4月 愛知県西加茂郡藤岡町立藤岡中学校 教諭(平成2年3月)
  • 平成2年4月 聖霊女子短期大学英語科 講師(平成12年3月)
  • 平成3年4月 秋田経済法科大学経済学部経済学科 非常勤講師(平成8年3月)
  • 平成11年4月 秋田医師会立秋田高等看護学院 非常勤講師(平成12年3月)
  • 平成12年4月 聖霊女子短期大学文化コミュニケーション科 講師(平成16年6月)
  • 平成13年4月 秋田県立大学システム科学技術学部 非常勤講師(平成13年9月)
  • 平成14年4月 秋田県立大学システム科学技術学部 非常勤講師(平成14年9月)
  • 平成16年7月 上越教育大学学校教育学部 助教授(平成19年3月)
  • 平成19年4月 上越教育大学大学院学校教育研究科 准教授(平成27年3月)
  • 平成22年9月 愛知淑徳大学文学部英文学科 非常勤講師(現在に至る)
  • 平成26年9月 兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科 准教授,D合判定(平成27年8月)
  • 平成27年4月 鳴門教育大学大学院学校教育研究科 教授(平成30年3月)
  • 平成27年4月 鳴門教育大学小学校英語教育センター 所長(平成29年3月)
  • 平成27年9月 兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科 教授,Dマル合判定(平成30年3月)
  • 平成30年4月 盛岡大学文学部児童教育学科 教授(現在に至る)
学位
教育学修士
専門分野
  • 英語教育学(小学校英語)
研究課題
  • 外国語活動における聴解力のあり方
  • 初等外国語(英語)教育における評価・評価方法
  • 初等英文法の構築に関する項目の選定
  • 小学校英語教育におけるロボット導入のあり方
  • 小・中連携を促進する英語教育のあり方
担当科目
  • 英文法Ⅰ
  • 言語習得論
  • 児童英語教育
  • 学校教育学演習
  • 児童教育講座
  • 卒業研究
主な研究業績
論文
  • 共著.,「外国語活動の授業で手品(マジック)を導入する試み-コミュニ ケーション の手段としての手品(マ ジック)のあり方-」『鳴門教育大学研究紀要』第33巻,pp. 119-131,平成30年2月.
  • 単著. 「アルファ ベットを書くことの指導に関する事例報告 -継続した指導結果を比較して-」『中部地区英語教育学会紀要』第45号, pp. 163-170, 平成28年 3月.
  • 共著. 『Hi, friends! 2』に準拠した聴解力テストの開発とその運用結果に関する報告」『全国英語教育学会要ARELE』第26号、pp. 397-412, 平成27年3月.
  • 単著. 「ある小学校の外国語活動におけるアルファベット学習の導入に関する事例報告」『上越教育大学研究紀要』第34巻,pp. 165-176, 平成27年3月.
  • 共著. 「『Hi, friends! 1』に準拠した聴解力テストの開発とその応用結果に関する事例報告(2)-改訂した聴解力テストの試み-」『小学校英語教育学会紀要』第15号, pp. 18-33, 平成27年3月.
  • 単著. 「外国語活動の授業でアルフベットを書く練習を導入した事例報告」『中部地区英語教育学会紀要』第44号, pp. 133-140, 平成27年1月.
  • 共著. 「児童の聴解力はどのような過程で促進されるか-外国語活動における児童の情意面と聴解力の関係性-」『日本児童英語教育学会紀要』第33号, pp. 55-72, 平成26年10月.
  • 共著. 「小学校外国語活動における話題に関連するマザー・グースの分類とその一つの授業実践事例」『マザーグース研究』第10号, pp. 1-20, 平成26年5月.
  • 共著. 「『Hi, friends!1, 2』の題材を応用した文房具を取り扱った「ごっこ遊び」の授業実践とその効果」『上越教育大学教育実践研究』第24巻, pp. 13-18, 平成26年3月.
  • 単著. 「小学校における英語学習経験の有無と情意面が中学校3年生の聴解力に及ぼす影響」『上越教育大学研究紀要』第33巻, pp. 137-146, 平成26年3月.
  • 共著.「題材「行きたい国」に世界遺産を取り入れた外国語活動の授業実践事例」『上越教育大学教職大学院研究紀要』第1巻, pp. 199-208, 平成26年2月.
  • 単著. 「35時間の外国語活動を体験した児童の「聞くこと」と情意面の関連についての事例報告」『中部地区英語教育学会紀要』第43号, pp. 235-242, 平成26年1月.
  • 共著. 「外国語活動(英語活動)に「お寿司屋さんごっこ」を導入した授業の展開とその効果-「ごっこ遊 び」で扱った寿司英語と扱わなかった寿司英語の学習成果に焦点をあてて-」『小学校英語教育学会紀要』第13号, pp. 52-67, 平成25年3月.
  • 単著. 「英語活動における「話すこと」の効果に 関する実践的事例研究 -どのくらい児童は既習した言語項目を表現できるか-」『上越教育大学研究紀要』第32巻, pp. 227-238, 平成25年2月.
  • 単著.「小学校における35 時間の「英語活動」が中学校2年生の聴解力に及ぼす効果」『中部地区英語教育学会紀要』第39号, pp. 119-126, 平成22年1月.
学会・社会活動
  • 中部地区英語教育学会
  • 日本児童英語教育学会
  • 日本英語教育史学会
  • マザーグース学会
  • 大学英語教育学会
  • 日本英語表現学会
  • 日本教材学会
  • 小学校英語教育学会
  • 全国英語教育学会
  • 日本メディア英語学会
  • 日本教科内容学会
  • 日英・英語教育学会
  • 四国英語教育学会
  • 日本CLIL教育学会
  • 野球文化学会
  • 東海古城研究会

教員総覧もくじに戻る

.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部