教員総覧Teachers Overview

川越 有見子・カワゴシ ユミコ

学部学科
盛岡大学 栄養科学部 栄養科学科
氏名・フリガナ
川越 有見子 カワゴシ ユミコ
職名
教授
研究室の連絡先
電話 019-688-5555 (代) FAX 019-688-5577
電子メール 
学歴
  • 1977年3月 東北女子大学家政学部卒業
  • 1979年3月 北海学園大学1部法学部卒業
  • 1982年3月 北海学園大学2部経済学部経営学科卒業
  • 1995年3月 北海学園大学大学院法学研究科法律学専攻修士課程修了
  • 1997年3月 北海学園大学大学院法学研究科研究生修了
  • 2007年3月 東北大学大学院教育学研究科研究生修了
  • 2012年3月 東北大学大学院教育学研究科博士課程後期3年の課程修了
略歴
  • 1979年4月 学校法人経専学園北海道経営専門学校・札幌調理師高等専門学校専任教諭
  • 1986年4月 札幌市西保健所保健予防課 保健所栄養士
  • 1987年4月 社会福祉法人よふき会 富ケ丘学園給食科
  • 1988年3月 社会医療法人社団カレスサッポロ北光記念病院 栄養科(2005年8月)
  • 1998年4月 藤女子大学人間生活学部食物栄養学科 非常勤講師(臨地実習他)(2004年3月)
  • 2005年10月 山形県立米沢女子短期大学健康栄養学科 助教授任用(2007年3月)
  • 2007年4月 山形県立米沢女子短期大学健康栄養学科 准教授(2012年3月)
  • 2012年4月 西南女学院大学保健福祉学部栄養学科 准教授(2015年3月)
  • 2015年4月 盛岡大学栄養科学部栄養科学科 教授
  • 2016年4月 盛岡大学就職センター所長(兼)(2017年3月)
学位
  • 修士 (法学) 1995年 北海学園大学
  • 博士 (教育学) 2012年 東北大学
専門分野
  • 栄養教育学
  • 教員養成(栄養教諭)
  • カリキュラム論
研究課題
  • 栄養教諭養成におけるカリキュラム研究
  • 食教育の効果に関する研究
  • ライフステージ別栄養教育(学童期の肥満指導)
  • 生活習慣病に関する栄養教育の検討
担当科目
  • 栄養教育概論
  • 栄養教育実践論I・II
  • 栄養教育論実習
  • 卒業研究
  • 食育指導論
  • 食育実践論
  • 栄養教育実習事前・事後指導
  • 栄養教育実習
  • 教職実践演習(栄養教諭)
  • 管理栄養士基礎演習
  • 栄養学特論Ⅰ・II・III
主な研究業績
著書
  • 『栄養教諭養成におけるカリキュラム開発研究』、風間書房、2015年。
  • 三石初男他、川越有見子、水原克敏「山形県小国地区における「国際情報」の課題と可能性ー地域の特色を生かした小中高連携の取り組みについてー」『「小学校英語」教育の可能性と課題を探るー本格実施前の「小学校英語」教育で見えきたことー』東京学芸大学教員養成カリキュラム開発研究センター、2011年。
学術論文
  • 川越有見子、鈴木一憲「学校給食制度の役割と効果1ー戦後の学校給食法制定までの経緯についてー」『西南女学院大学紀要』Vol.18、2014年3月、129-138頁。
  • 川越有見子、鈴木一憲「子どもの成人病と栄養教諭の役割」『成人病と生活習慣病』44(1)、2014年1月、95-100頁。
  • Yuri Yaguchi-Tanaka,Yumiko Kawagoshi,Satoshi Sasaki, Akira Fukao. Cross-sectional study of possible association between rapid eating and high body fat rates among female Japanese college students.Journal of Nutritional Science and Vitaminology. 59; 243-249(2013).
  • 「栄養教諭養成カリキュラムの類型的考察」『東北教育学会研究紀要』第15号、2012年3月、1-13頁。(科学研究費挑戦的萌芽研究成果報告)
  • 「小学校における栄養教育を効果的にする教材開発研究」『食生活研究』Vol.32-1号 2011年11月、22-37頁。
  • 川越有見子、寺嶋康正「栄養教諭養成大学における食育実践プログラムの検討~小学校・家庭・地域と連携した肥満改善の取り組み~」『食生活研究』Vol.31-6号、2011年9月、54-64頁。
  • 川越有見子、寺嶋康正「地域特性に合わせた児童の肥満改善への取り組み~栄養・運動教育プログラムの実践を通して~」『食生活研究』Vol.30-5号、2010年7月、54-64頁。
  • 「創設過程にみる栄養教諭制度の法的位置づけと課題」山形県立米沢女子短期大学『附属生活文化研究所報告』第37号、2010年3月、69-80頁。
  • 「栄養教諭の職務実態に関する考察~福井県、京都市、札幌市、南国市の実態調査を通して~」東北大学大学院教育学研究科『研究年報』第57集、第1号、2008年12月、211-240頁。
  • 「栄養教諭制度に関する国会審議の分析と考察」東北大学大学院教育学研究科『研究年報』第56集、第2号、2008年6月、53-82頁。
  • 「栄養教諭制度の創設過程に関する考察ー審議経過を中心にー」東北大学大学院教育学研究科『研究年報』第56集、第1号、2007年12月、173-200頁。
  • 川越有見子、高橋美奈子、佐藤舞子、「生活習慣病に対する栄養指導の研究ーチーム医療をめざしてー」『日本健康教育学会誌』第13巻、第1号、2005年2月、22-33頁。
総説
  • 川越有見子、笹田美恵子「ロシアの専門職と医療の関わり」『日本臨床栄養学会雑誌』Vo1. 25 No.3、2004年1月、243-251頁。
報告書 その他
  • 水原克敏、清水禎文、川越有見子、鈴木学、鈴木悠平、足立佳奈『平成19年度大学院教育改革支援プログラム実践指向型教育専門職の養成プログラム』東北大学大学院教育学研究科年次報告書 日本学術振興会、大学教育改革支援プログラム(GP)による研究究 2008年、61-63頁。
  • 水原克敏、清水禎文、呉敏玲、川越有見子、鈴木学、鈴木悠平 「海外インターンシップ報告書」台湾における学校教育カリキュラムの実態調査報告書 『平成19年度大学院教育改革支援プログラム実践指向型教育専門職の養成プログラム』東北大学大学院教育学研究科年次報告書2008年、186-190頁。
  • 水原克敏、清水禎文、呉敏玲、川越有見子、鈴木学、鈴木悠平 「海外インターンシップ報告書」新モンゴル高等学校における教育の実態調査報告書『平成19年度大学院教育改革支援プログラム実践指向型教育専門職の養成プログラム』東北大学大学院教育学研究科年次報告書 2008年、204-207頁。
  • 原田栄蔵、浅田千賀子、川越有見子、寺嶋康正 「鼎談」児童の肥満改善成功への道 ー肥満児童の出現率NO1.から健康教育NO1.へー(山形県飯豊町立飯豊第二小学校)『食生活研究』Vol.30-5号、2010年7月、12-22頁。
  • 「栄養教諭の資質を効果的に高める養成カリキュラム開発」を進めるための実践事例 『平成23年度栄養教諭の資質を効果的に高める養成カリキュラム開発』科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)報告書(課題番号:22653103) 2011年3月、全216頁。
  • 川越有見子「食に関する指導の進め方-肥満指導における栄養教諭の役割-実践例を通して」第51回岩手県学校健康教育研究大会報告書 岩手県教育委員会、2016年、19-26頁。
競争的資金の獲得
  • 文部科学省科学研究費補助金挑戦的萌芽研究(2010年度~2012年度)
  • 文部科学省科学研究費補助金研究成果公開促進費学術図書(2014年4月~2015年3月)
共同研究
  • 平成28年度日本教育科学研究所 研究実践校との委嘱 研究実践校:山形県西置賜郡飯豊第一小学校 研究テーマ:「じりつ」(自立・自律)を育てる健康教育『自己管理能力を育てる「一っ子セミナー(肥満予防教室)』
受賞
  • 福岡県栄養士会長賞 (2013年10月)
学会・社会活動
学会
  • 日本栄養改善学会
  • 日本教育学会
  • 日本カリキュラム学会
  • 東北教育学会
  • 日本教師教育学会
  • 日本学校教育学会
  • 食生活研究会
社会活動
  • 山形県西置賜郡飯豊第一小学校健康教育アドバイザー(2016年~現在)
  •                                     
  • 第51回岩手県学校健康教育研究大会 助言講師(2015年12月)

教員総覧もくじに戻る

.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部