教員総覧Teachers Overview

風丸 良彦・カザマル ヨシヒコ

学部学科
盛岡大学 文学部 英語文化学科
氏名・フリガナ
風丸 良彦 カザマル ヨシヒコ
職名
教授
研究室の連絡先
電話 019-688-5555 (代) FAX 019-688-5577
電子メール 
学歴
1981年3月 上智大学外国語学部英語学科卒業
略歴
  • 1981年4月~株式会社紀伊國屋書店洋書仕入部
  • 1982年3月~ Kinokuniya Bookstores of America, San Francsico, U.S.A.(~1989年2月)
  • 1989年3月~株式会社紀伊國屋書店新宿本店、情報事業本部(企画開発)、ネットビジネス部、総務部(企画広報)(~2006年3月)
  • 1991年7月~「ifeel読書風景」(紀伊國屋書店発行)編集長(~2006年3月)
  • 2002年4月~東海大学文学部文芸創作学科非常勤講師「翻訳文学論」「編集と出版」「文学精読」(~2013年3月)
  • 2006年4月~盛岡大学文学部英語文化学科助教授
  • 2007年4月~同准教授、就職センター所長兼務(~2009年3月)、岩手大学非常勤講師「英語総合」(~2008年3月)
  • 2010年4月~同教授、学生部長兼務(~2012年3月)、岩手大学非常勤講師「社会文化論」~「テキスト分析論特講」~「文化論特講」
  • 2013年4月~盛岡大学文学部英語文化学科長(~2015年3月)
学位
文学士
専門分野
  • アメリカ現代文学・文化
  • 出版文化
研究課題
  • テクスト論
  • 記号論
担当科目
  • アメリカ文化研究
  • 英語文化講読
  • アメリカの文学
  • 欧米文化基礎
  • アメリカ文化文学演習
  • グローバルコミュニケーション演習(出版・広告)
  • 翻訳通訳
  • キャリアデザイン学
主な研究業績

最近10年分

主な著書(単著)
  • 『越境する「僕」』(試論社、2006.4)
  • 『村上春樹短篇再読』(みすず書房、2007.3)(第2刷、2008.2)(電子ブック版、2014.8)
  • 『遠野物語再読』(試論社、2008.10)
  • 『村上春樹〈訳〉短篇再読』(みすず書房、2009.3)(電子ブック版、2014.8)
  • 『集中講義『1Q84』』(若草書房、2010.6)
  • 『アメリカ文化の問題史的考察』(若草書房、2011.4)(第2刷、2015.4)
主な論文(単著)
  • 「村上春樹を通して読むアメリカ文学の名作」~盛岡大学英語英米文学会会報第18号、PP.25-35、2007.3
  • 「遠野物語の戦慄~いま我々を慄かせる物語」~盛岡大学紀要第25号、PP.13-30、2008.3
  • 「いま大学で(英米)文学を学ぶということ」~盛岡大学英語英米文学会会報第20号、PP.36-45、2009.3
  • 「ジョバンニによるカムパネルラ殺し~あるいは宮沢賢治によるラカン」~「東北文学の世界」第17号、PP.40-52、 2009.3
  • 「グリーンピース」jから「青豆」へ~『1Q84』後に読む『ノルウェイの森』~盛岡大学紀要第30号、PP.48(1)-43(6)、2013.3
創作(単著)
  • 「ムネモシュネのうずき」~「群像」(講談社)1998年5月号、1998.4
翻訳(単著)
  • ピンクニー・ベネディクト 「アーネットなんて」~「群像」(講談社)1996年4月号、1996.3
  • ピンクニー・ベネディクト「ムーン救出作戦」~「ifeel 読書風景」2006.冬号~春号,2006.1,4
百科事典大項目(単著)
  • 「アメリカ文学(第2次世界大戦後)」~ブリタニカ国際百科事典オンライン版、2009.5
百科事典小項目(単著)
  • 「アメリカ文学 2006」~『ブリタニカ国際年鑑2007』、2007.4
  • 「アメリカ文学 2007」~『ブリタニカ国際年鑑2008』、2008.4
  • 「アメリカ文学 2008」~『ブリタニカ国際年鑑2009』、2009.4
  • 「アメリカ文学 2009」~『ブリタニカ国際年鑑2010』、2010.4
  • 「アメリカ文学 2010」~『ブリタニカ国際年鑑2011』、2011.4
  • 「アメリカ文学 2011」~『ブリタニカ国際年鑑2012』、2012.4
  • 「アメリカ文学 2012」~『ブリタニカ国際年鑑2013』、2013.4
  • 「アメリカ文学 2013」~『ブリタニカ国際年鑑2014』、2014.4
  • 「アメリカ文学 2014」~『ブリタニカ国際年鑑2015』、2015.4
  • 「アメリカ文学 2015」~『ブリタニカ国際年鑑2016』、2016.4
  • 「アメリカ文学 2016」~『ブリタニカ国際年鑑2017』、2017.4
  • ‘Japanese Literature 2006’~“Encyclopedia Britannica Book of the Year 2007,” 2007.4
  • ‘Japanese Literature 2007’~“Encyclopedia Britannica Book of the Year 2008,” 2008.4
  • ‘Japanese Literature 2008’~“Encyclopedia Britannica Book of the Year 2009,” 2009.4
  • ‘Japanese Literature 2009’~“Encyclopedia Britannica Book of the Year 2010,” 2010.4
  • ‘Japanese Literature 2010’~“Encyclopedia Britannica Book of the Year 2011,” 2011.4
  • ‘Japanese Literature 2011’~“Encyclopedia Britannica Book of the Year 2012,” 2012.4
  • ‘Japanese Literature 2012’~“Encyclopedia Britannica Book of the Year 2013,” 2013.4
  • ‘Japanese Literature 2013’~“Encyclopedia Britannica Book of the Year 2014,” 2014.4
  • ‘Japanese Literature 2014’~“Encyclopedia Britannica Book of the Year 2015,” 2015.4
  • ‘Japanese Literature 2015’~“Encyclopedia Britannica Book of the Year 2016,” 2016.4
  • ‘Japanese Literature 2016’~“Encyclopedia Britannica Book of the Year 2017,” 2017.4
書評(単著)
【邦文】
  • 村上春樹著『ねむり』(産経新聞 2011年2月6日)
  • ヒュー・マクガイア/ブライアン・オレアリ編『マニフェスト 本の未来』(VOYGER HP 2013年4月17日)
  • ネイサン・イングランダー著『アンネ・フランクについて語るときに僕たちの語ること』(産経新聞 2013年4月21日)
  • ケネス・スラウェンスキー著『サリンジャー 生涯91年の真実』(産経新聞 2013年9月1日)
  • ポーラ・マクレイン著『ヘミングウェイの妻』(日本経済新聞 2013年9月15日)
  • ジョン・アーヴィング著『ひとりの体で』(産経新聞 2013年12月15日)
  • トム・マッカーシー著『もう一度』(日本経済新聞 2014年3月23日)
  • フィリップ・ロス著『プロット・アゲンスト・アメリカ』(産経新聞 2014年10月19日)
  • 鈴村和成著『紀行せよ、と村上春樹は言う』(週刊読書人 2014年10月31日)
  • 柴田勝二・加藤雄二編『世界文学としての村上春樹』(週刊読書人 2015年4月10日)
  • レアード・ハント著『優しい鬼』(週刊読書人 2015年11月20日)
  • 上岡伸雄著『テロと文学 9・11後のアメリカと世界』(週刊読書人 2016年2月19日)
  • 山下澄人著『しんせかい』(週刊読書人 2016年12月16日)
  • 佐藤正午著『月の満ち欠け』(週刊読書人 2017年5月19日)
【欧文】
  • J.D. Salinger, "Catcher in the Rye" (Mainichi Weekly 2011年4月23日)
  • Deborah Treisman ed., "20 UNDER 40" (Mainichi Weekly 2011年5月28日)
  • Ron Wiggind, "Iowa Nice "(Mainichi Weekly 2011年6月25日)
  • Todd Burpo, "Heaven is for Real" (Mainichi Weekly 2011年7月23日)
  • Jaycee Dugard, "A Stolen Life" (Mainichi Weekly 2011年9月24日)
  • Mike Oldfield, "Changeling" (Mainichi Weekly 2011年10月22日)
  • Frederick Barthelme, "Waveland" (Mainichi Weekly 2011年11月26日)
  • David Levithan, "The Lover’s Dictionary" (Mainichi Weekly 2011年12月24日)
  • Jennifer Egan, "A Visit from the Goon Squad" (Mainichi Weekly 2012年1月28日)
  • Ken Jennings, "Maphead" (Mainichi Weekly 2012年2月25日)
  • Ellen De Generes, "Seriously…I’m kidding" (Mainichi Weekly 2012年3月24日)
  • Kim & Krickitt Carpenter, "The Vow" (Mainichi Weekly 2012年4月28日)
  • Chad Harbach, "The Art of Fielding" (Mainichi Weekly 2012年5月26日)
  • Don DeLillo, "The Angel Esmeralda" (Mainichi Weekly 2012年6月23-30日)
  • Susan Cain, "Quiet" (Mainichi Weekly 2012年7月27日)
  • Tracey Garvis Graves, "On the Island" (Mainichi Weekly 2012年8月25日)
  • Jennifer S. Holland, "Unlikely Friendships "(Mainichi Weekly 2012年9月29日)
  • Robert Rodi, "The Sugarman Bootlegs" (Mainichi Weekly 2012年10月27日)
  • Douglas Galbraith, "My son, my son" (Mainichi Weekly 2012年11月24日)
  • Sylvia Day, "Bared to You" (Mainichi Weekly 2012年12月22日)
  • Anna Quindlen, "Lots of Candles, Plenty of Cake" (Mainichi Weekly 2013年1月26日)
  • Robin Sloan, "Mr. Penumbra’s 24-Hour Bookstore" (Mainichi Weekly 2013年2月23日)
  • Will Schwalbe, "The End of Your Life Book Club" (Mainichi Weekly 2013年3月23・30日)
  • Carles Yu, "Sorry Please Thank You" (Mainichi Weekly 2013年4月27日)
  • Eben Alexander, "Proof of Heaven"(Mainichi Weekly 2013年5月25日)
  • Sheryl Sandberg, "Lean In" (Mainichi Weekly 2013年6月22日)
  • Amanda Knox, "Waiting to be Heard" (Mainichi Weekly 2013年7月27日)
  • Karen Kingsbury, "The Chance" (Mainichi Weekly 2013年8月31日)
  • Tracey Garvis Graves, "Covet" (Mainichi Weekly 2013年9月28日)
  • Jim Gaffigan, "Dad is Fat" (Mainichi Weekly 2013年10月26日)
  • Gerald Graff, "They Say" (Mainichi Weekly 2013年11月30日)
  • Monica Sheehan, "Be Happy" (Mainichi Weekly 2013年12月28日)
  • Piper Kerman, "Orange is the New Black" (Mainichi Weekly 2014年1月25日)
  • Mindy Kaling, "Is Everyone Hanging Out Without Me?" (Mainichi Weekly 2014年2月22日)
  • Si Robertson, "Si-cology" (Mainichi Weekly 2014年3月22・29日)
  • A. S. A. Harrison, "The Silent Wife" (Mainichi Weekly 2014年4月26日)
  • Nathan Engels, "We Use Coupons, You should too" (Mainichi Weekly 2014年5月31日)
  • Michael Lewis, "Flash Boys" (Mainichi Weekly 2014年6月28日)
  • Lynette Eason, "Too Close to Home" (Mainichi Weekly 2014年7月26日)
  • Marja Mills, "The Mockingbird Next Door" (Mainichi Weekly 2014年8月30日)
  • Michelle Knight, "Finding Me" (Mainichi Weekly 2014年9月27日)
  • Matt Zollar Seitz, "The Wes Anderson Collection" (Mainichi Weekly 2014年10月25日)
  • Laurie Notaro, "It Looked Different on the Model" (Mainichi Weekly 2014年11月22日)>
  • Catherine Lacey Nobody Is Ever Missing (Mainichi Weekly 2014年12月27日)
  • Brandon Stanton, "Humans of New York" (Mainichi Weekly 2015年1月31日)
  • John Twelve Hawks, "Spark" (Mainichi Weekly 2015年2月28日)
  • Randall Munroe, "What If" (Mainichi Weekly 2015年3月28日)
受賞
  • 1990年5月 第33回群像新人文学賞〈評論部門〉優秀賞~『カーヴァーが死んだことなんてだあれも知らなかった~極小主義者たちの午後』(講談社刊)
  • 2002年5月 第23回日本産業広告総合展「PR誌の部」特別賞
学会・社会活動
  • 『ブリタニカ国際年鑑』~「アメリカ文学」項コントリビューター(1994~)
  • "Encyclopedia Britannica Book of the Year" ~’Japanese Literature’項コントリビューター(1998~2016)
  • 「毎日新聞」東京本社版夕刊コラム「売れてます」担当(2006.4~2013.3)
  • 「毎日新聞」東京本社版年間総括「出版」担当(2011,2012)
  • 「風丸洋書店」("Mainichi Weekly"2011.4~2015.3)
  • 岩手日報カルチャースクール『村上春樹を読もう!』(2013.10~2014.3、2014.10~ 2015.3)
  • 日本アメリカ文学会、日本広告学会、日本出版学会所属

教員総覧もくじに戻る

.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部