教員総覧Teachers Overview

久保木 眞・クボキ マコト

学部学科
盛岡大学 栄養科学部 栄養科学科
氏名・フリガナ
久保木 眞・クボキ マコト
職名
教授
研究室の連絡先
電話019-688-5555 (代)FAX 019-688-5577 
電子メール 
学歴
  • 昭和61年3月 山形大学医学部医学科卒業
略歴
  • 昭和62年6月 山形大学内科学第2講座
  • 平成2年10月 山形大学内科学第2講座 医員
  • 平成6年10月 山形大学内科学第2講座 助手
  • 平成8年4月 川崎医科大学 消化器1内科 講師
  • 平成14年4月 川崎医科大学 肝胆膵内科 講師
  • 平成20年10月 倉敷成人病センター 肝臓病治療センター・栄養治療センター 部長
  • 平成29年4月 盛岡大学栄養科学部・教授
学位
医学博士 平成5年山形大学
専門分野
  • ウイルス肝炎の疫学・診断・治療
  • 肝硬変の栄養治療
  • サルコペニアの疫学・診断・治療
研究課題
  • 慢性肝疾患の病態栄養・治療
  • サルコペニア・フレイルの実態解明と病態栄養
担当科目
  • 臨床医学総論
  • 臨床医学各論Ⅰ, Ⅱ
  • 解剖生理学Ⅰ,Ⅱ
  • 栄養学特論I・II・III
主な研究業績
論文
  • Kenichi Kitada, Makoto Kuboki, Osamu Arai, Norikuni Shiabata, Kenji Ohmoto, Tamae Nishi, Akinobu Kato. Prevalence of sarcopenia in elderly Japanese chronic hepatitis C patients. The relevance between handgrip strength and exercise habits. The Journal of Frailty & Aging 7 p.98 2018
  • Nishiguchi S, Sakai Y, Kuboki M, Tsunematsu S, Urano Y, Sakamoto W, Tsuda Y, Steinmann G, Omata M. Safety and efficacy of faldaprevir with pegylated interferon alfa-2a and ribavirin in Japanese patients with chronic genotype-1 hepatitis C infection. Liver International. Jan;34(1): p78〜p88. 2014
  • Hu Ying, Kuboki Makoto, Liu Yulan. Autoimmune Phenomenon in Hepatitis C. Chinese Journal of Gastroenterology. Vol.15, No.10: p577〜p579 2010
  • Ohmoto K, Yoshioka N, Tomiyama Y, Shibata N, Kawase T, Yoshida K, Kuboki M, Yamamoto S.  Comparison of therapeutic effects between radiofrequency ablation and percutaneous microwave coagulation therapy for small hepatocellular carcinomas. J Gastroenterol Hepatol. Feb;24(2): p223〜p237. 2009
  • Ohmoto K, Yoshioka N, Tomiyama Y, Shibata N, Kawase T, Yoshida K, Kuboki M, Yamamoto S. Radiofrequency ablation versus percutaneous microwave coagulation therapy for small hepatocellular carcinomas: a retrospective comparative study. Hepatogastroenterology. Jun;54(76) p985〜p989. 2007
  • Kuboki M, Iino S, Okuno T, Omata M, Kiyosawa K, Kumada H, Hayashi N, Sakai T. Peginterferon alpha-2a (40 KD) plus ribavirin for the treatment of chronic hepatitis C in Japanese patients. Journal of Gastroenterology and Hepatology. May;22(5) p645-p652. 2007.
  • Ohmoto K, Yoshioka N, Tomiyama Y, Shibata N, Kawase T, Yoshida K, Kuboki M, Yamamoto S. CO2-enhanced sonographically guided radiofrequency ablation and transcatheter arterial chemoembolization for small hepatocellular carcinoma poorly defined on conventional sonography. Journal of Clinical Ultrasound. Feb;35(2) p78〜p81. 2007
学会・社会活動
  • 米国消化器病学会
  • アジア太平洋肝臓病学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本肝臓学会
  • 日本内視鏡学会
  • 病態栄養学会
  • 日本サルコペニア・フレイル学会

教員総覧もくじに戻る

.

トップに戻る

.
.
© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部
  • 〒020-0694 岩手県滝沢市砂込808
  • 019-688-5555(代表)