教員総覧Teachers Overview

村澤 秀樹・ムラサワ ヒデキ

学部学科
栄養科学部 栄養科学科
氏名・フリガナ
村澤 秀樹・むらさわ ひでき
職名
准教授
研究室の連絡先
電話 019-688-5555 (代)?FAX 019-688-5577
電子メール 
学歴
  • 日本大学農獣医学部(現 生物資源科学部)卒業
  • 東京大学大学院農学生命科学研究科修士課程修了
  • 東京大学大学院医学系研究科医学博士課程中途退学
  • 筑波大学大学院人間総合科学研究科3年制博士課程修了
略歴
  • 厚生労働事務官(厚生労働本省(健康局、老健局、障害保健福祉部、食品安全部)、東京検疫所を歴任)
  • 北海道大学大学院医学研究科・博士研究員
  • 立命館大学生命科学部・助教
  • 盛岡大学栄養科学部・准教授
学位
修士(農学)、博士(学術)
専門分野
  • 社会医学(公衆衛生学、医療経済学)
研究課題
  • 健康関連QOL評価
  • 保健医療施策の費用効果分析
担当科目
  • 健康管理概論
  • 公衆衛生学Ⅰ・Ⅱ
  • 保健医療福祉論
  • 地域社会と健康増進
  • 公衆衛生学実習
主な研究業績
論文(総説・解説含む)
  • Murasawa H, Sugiyama T, Matsuoka Y, Okabe T, Wakumoto Y, Tanaka N, Sugimoto M, Oyama M, Fujimoto K, Horie S, Funagoshi M, Arakawa I, Noto S, Shimozuma K. Factors contributing to the ceiling effect of the EQ-5D-5L: An analysis of patients with prostate cancer judged “no-problems”. Quality of Life Research 2020; 29(3):755-763.
  • Murasawa H, Sugiyama T, Matsuoka Y, Okabe T, Hino A, Tanaka N, Sugimoto M, Oyama M, Fujimoto K, Horie S, Noto S, Shimozuma K. Health utility and health-related quality of life of Japanese prostate cancer patients according to progression status measured using EQ-5D-5L and FACT-P. Quality of Life Research 2019; 28(9):2383?2391.
  • 船越大,村澤秀樹,下妻晃二郎,斎藤信也,福田敬.<解説>医療経済評価におけるマッピングと MAPS 声明について.保健医療科学 2018;67(4):422-426.
  • 村澤秀樹、下妻晃二郎.【企画/HTA(医療技術評価)の昨日・今日・明日】 医療技術評価におけるQOL/PROの活用.薬剤疫学 2018;23(1):19-27.
  • Arakawa I, Murasawa H, Konno R. Regarding 'HPV Vaccination for Cervical Cancer Prevention is not Cost-effective in Japan' (Letter to the editor). Asian Pacific journal of cancer prevention: APJCP 2015;16:2583-2584.
  • 村澤 秀樹, 大久保 一郎, 今野 良, 荒川 一郎.女子看護学生の子宮頸がん予防に関する意識調査 : ワクチンの副反応報告を受けて.厚生の指標 2015;62(1):13-17.
  • 村澤秀樹、大久保一郎、荒川一郎.子宮頸がん検診へのヒトパピローマウイルスDNA検査導入に関する費用対効果分析.日本予防医学会雑誌 2014;9(2):83-91.
  • Murasawa H, Konno R, Okubo I, Arakawa I. Evaluation of Health-related Quality of Life for Hypothesized Medical States Associated with Cervical Cancer. Asian Pacific journal of cancer prevention: APJCP 2014;15:9679-9685.
  • Shibue T, Takeda K, Oda E, Tanaka H, Murasawa H, Takaoka A, Morishita Y, Akira S, Taniguchi T, Tanaka N. Integral role of Noxa in p53-mediated apoptotic response. Genes & development 2003;17(18): 2233-2238.
  • Murasawa H, Takashima R, Yamanouchi K, Tojo H, Tachi C. Comparative analysis of HOXC-9 gene expression in murine hemochorial and caprine synepitheliochorial placentae by in situ hybridization. The Anatomical record 2000;259(4):383-394.
  • Ohki R, Nemoto J, Murasawa H, Oda E, Inazawa J, Tanaka N, Taniguchi T. Reprimo, a new candidate mediator of the p53-mediated cell cycle arrest at the G2 phase. The Journal of biological chemistry 2000;275(30):22627-22630.
  • Oda E, Ohki R, Murasawa H, Nemoto J, Shibue T, Yamashita T, Tokino T, Taniguchi T, Tanaka N. Noxa, a BH3-only member of the Bcl-2 family and candidate mediator of p53-induced apoptosis. Science 2000;288(5468):1053-1058.
  • Takashima R, Murasawa H, Yamanouchi K, Tojo H, Tachi C. Survey of Homeobox Genes Expressed in Hemochorial Placentae. Journal of Reproduction and Development 1999;45(6):363-374.
学会発表
  • "Health-Related Quality of Life in Japanese Patients with Prostate Cancer Using EQ-5D-5L and FACT-P: Comparisons According to Treatment Type" International Society for Pharmacoeconomics and Outcomes Research (ISPOR), Asia Pacific 2018 (Tokyo).
  • 「海外における肥満手術の費用効果分析」 第7回近畿肥満外科治療研究会,2018(京都).
  • 「前立腺がん患者のQOL値に関する多施設共同研究」 QOL・PRO研究会 第5回研究学術集会,2017(岡山大学).
  • "Factors Contributing to the Ceiling Effect Among Patients with Prostate Cancer who Were Judged to Have "Full-Health" by EQ-5D-5L" International Society for Pharmacoeconomics and Outcomes Research (ISPOR). 20th Annual European Congress 2017 (Glasgow, UK).
  • 「女子看護学生による仮想の子宮頸がん関連健康状態に対する健康関連QOL評価の試み」 第85回日本衛生学会学術総会,2015(和歌山).
  • 「子宮頸がん検診へのヒトパピローマウイルスDNA検査導入に関する費用対効果分析」 第73回日本癌学会学術総会,2014(横浜).
  • 「CCR5指向性ウイルス判定のためのトロピズム検査実施下におけるマラビロク治療の医療経済評価」 第27回日本エイズ学会,2013(熊本).
  • "Expression of homeobox genes in the hemochorial placenta of mice and the syndesmochorial placenta of shiba goats" 31st Annual meeting, Society for the study of reproduction 1998(Texas, USA).
  • 「浸潤性の異なる胎盤を用いたホメオボックス遺伝子の胎盤形成における役割に関する比較生物学的研究」 第94回日本畜産学会大会,1998(神戸大学).
翻訳
  • 「OECD 公衆衛生白書:日本―明日のための健康づくり」 単訳.経済協力開発機構(OECD)編著.明石書店.2019.
科学研究費助成事業
  • 基盤研究(C)「地域における客観的な評価による日常の身体活動量と医療費に関する研究」 研究代表者.2016-2019年度.
  • 基盤研究(C)「効率的かつ公平な医療資源配分方法の確立に関する基礎的研究」 研究分担者(研究代表者:立命館大学 下妻晃二郎).2016-2019年度.
  • 基盤研究(C)「医療経済研究者養成向けの教育ツールの開発とその応用に関する研究」 研究分担者(研究代表者:帝京平成大学 荒川一郎).2018-2019年度.
受賞
  • ISPOR 20th Annual European Congres. Research Presentation Award Finalist (Top 10%). 2017.
  • 筑波大学大学院人間総合科学研究科ヒューマン・ケア科学専攻 平成26年度筑波大学大学院人間総合科学研究科ヒューマン・ケア科学専攻長賞.2015年3月.
学会・社会活動
  • 国際医薬経済・アウトカム研究学会(ISPOR) 会員
  • 日本公衆衛生学会 会員
  • 日本衛生学会 会員
  • 日本医療・病院管理学会 会員
  • 日本社会薬学会 会員

教員総覧もくじに戻る

.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部