教員総覧Teachers Overview

大石 泰夫・オオイシ ヤスオ

学部学科
盛岡大学 文学部 日本文学科
氏名・フリガナ
大石 泰夫 オオイシ ヤスオ
職名
教授
研究室の連絡先
電話 019-688-5555 (代) FAX 019-688-5577
学歴
  • 1983年3月 國學院大學文学部文学科卒業
  • 1986年3月 國學院大學大学院博士課程前期修了
  • 1989年3月 國學院大學大学院博士課程後期単位取得退学
  • 2010年1月 博士(文学)取得
略歴
  • 1989年4月 武蔵野女子大学文学部非常勤講師 (~1991年3月)
  • 1991年4月 盛岡大学文学部講師 (2001年より現職)
学位
博士(文学)
専門分野
  • 日本古代文学
  • 民俗学
研究課題
  • 万葉集東歌研究
  • 芸能伝承論
担当科目
  • 日本文学概論Ⅱ  ・古典文学史  ・上代文学演習ⅠⅡ  ・中世文学演習Ⅰ
  • 古典講読(韻文)  ・民俗芸能概論  ・日本芸能史  ・日本語日本文学情報処理
  • 日本語コミュニケーション演習  ・日本文学特殊研究A
主な研究業績
著書
  • 葛城山の祭りと伝承 桜楓社, 1992 編著
  • 韮山町の神社 韮山町, 1994 編著
  • 万葉民俗学を学ぶ人のために 世界思想社,2003 編著
  • 芸能の〈伝承現場〉論-若者たちの民俗的学びの共同体 ひつじ書房, 2007 単著 (第二回本田安次賞受賞, 2008)
  • 祭りの年輪 ひつじ書房, 2016 単著
論文
  • 民俗芸能と民俗芸能研究 『日本民俗学』213号, 1998, pp.82-97 単著
  • 演技の熟練への構造-西伊豆宇久須の三番叟の事例を手がかりとして- 『民俗芸能研究』第38号, 2005, pp.1-20 単著
  • 東歌の「母」 萬葉研究会『萬葉研究』第21号, 2005, pp.75-93 単著
  • 文学語学研究の目的と方法-上代文学- 全国大学国語国文学会『文学・語学』第185号, 2006,pp.40-44, 単著
  • 老人と過疎-民俗芸能の継承から 『国文学解釈と鑑賞』第73巻8号至文堂, 2008, pp.124-131,単著
  • 民俗芸能における「実践」の研究とは何か 日本民俗学会『日本民俗学』262号, 2010, pp.155-178, 単著
  • イベントと民俗芸能 『講座 東北の歴史』 第5巻清文堂, 2014, pp.376-397
  • 『隋書』倭国伝にみる大王の太陽崇拝について 『明日香風』第33巻2号古都明日香保存財団, 2014, pp.10-13
  • 民俗のサクラと万葉のサクラと 『國學院雑誌』第116巻第1号國學院大學, 2015, pp.211-224
  • 中国寧波市周辺の獅子舞 『國學院雑誌』第116巻第8号國學院大學, 2015, pp.49-63
調査報告書
  • 岩手県の民俗芸能 岩手県教育委員会, 1998 編著
  • 花輪祭り(鹿角市文化財調査資料第105集) 鹿角市教育委員会, 2013 編著
  • 青森県史 民俗編 資料 津軽 青森県, 2014 共著
  • 矢巾町の民俗芸能―矢巾町民俗芸能調査報告書(矢巾町文化財調査報告書第40集) 矢巾町教育委員会, 2015 編著
  • 大槌町の民俗芸能―大槌町民俗芸能調査報告書 大槌町教育委員会, 2016 編著
学会・社会活動
  • 上代文学会(理事)
  • 萬葉学会
  • 全国大学国語国文学会(常任委員2007.7-)
  • 美夫君志会
  • 國學院大學國文学會 (委員1998.4-)
  • 日本民俗学会
  • 民俗芸能学会 (編集委員1991.4-1993.3 理事1993.4-1995.3 評議員1995.4-)
  • 岩手民俗の会(代表2010-)
  • 奥州市文化財審議会委員(2008-)
  • 北上市文化財審議会委員(2009-)

教員総覧もくじに戻る

.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部