教員総覧Teachers Overview

高橋 幸雄 ・ タカハシ ユキオ

学部学科
盛岡大学 文学部 英語文化学科
氏名・フリガナ
高橋 幸雄 タカハシ ユキオ
職名
教授
研究室の連絡先
電話 019-688-5555 (代) FAX 019-688-5577
電子メール 
学歴
  • 昭和56年3月 東北大学大学院文学研究科博士課程前期の二年の課程英文学英語学言語学専攻 修了
  • 昭和57年3月 東北大学大学院文学研究科博士課程後期の三年の課程英文学英語学言語学専攻 退学
  • 平成16年11月 東北大学 論文博士 国4号 研究論文題目 『音韻理論の統合と最適化の研究』

略歴
  • 昭和57年4月 高知大学 講師 人文学部
  • 平成元年4月 山形大学 助教授 教育学部英語科
  • 平成5年4月 岩手大学 助教授 人文社会科学部欧米研究講座
  • 平成9年4月 文部省大学院設置審の審査を受けM○合を得る
  • 平成10年4月 都留文科大学 教授 文学部英文学科
  • 平成14年4月 盛岡大学 助教授 文学部英米文学科
  • 平成15年4月 盛岡大学 教授 文学部英米文学科
学位
文学修士、博士(国際文化)
専門分野
  • 理論言語学
  • 英語学
  • 音声学
研究課題
  • ゲーム理論に拠る言語理論の再構成
  • 音韻論と意味論の文法的操作の統合についての研究 日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(c)
  • 英語の構文形成に際しての命題の複合の研究 日本私立学校振興・共済事業団 学術振興資金
担当科目
  • 英文法、英作文、CALL演習
  • 英語の音声
  • 英語文化講読、上級英語、総合英語、
  • 言語学演習(音韻と意味)等
主な研究業績
著書
  • 『音韻論』(現代の英文法第3巻)「総論」の部分を執筆 共著者は、桑原輝男、高橋幸雄、小野塚裕視、溝越彰、大石強 研究社出版1985年11月
  • 『音声・音韻』(朝倉日本語講座第3巻、編集は東京大学・上野善道先生)第11章「海外の音韻理論」を担当、単著、朝倉書店、2003年6月
  • 『極小主義音韻論』、単著、青山社、2004年2月刊行予定、日本学術振興会科学研究費補助金「研究成果公開促進費・学術図書」による出版
  • 『言語学入門』第1巻(朝倉日英対照言語学)「音の構造についてー音声学・音韻論ー」、朝倉書店、2012年4月
  • Dialogizitaet in der Argumentation, "Underspecification and the Truth Value of Linguistic Constructions," Peter Lang, March 2013
主要な学術論文
  • 進化的に安定な戦略が言語に内在することについて、盛岡大学紀要 第32号
  • Phonetic Alternations as Win-Win Situations of Phonological Modules, June 2010, Universal Grammar and Individual Languages, Hankookmunhwasa, Korea, 7 pages in CD-ROM
  • On the Evolution of Language by Cultural Selection, 『言語教育研究』、第2号
  • On the Definition of the Evolution of Language, Current Issues in Linguistic Interfaces: Proceeding of The 2009 Seoul International Conference on Linguistic Interfaces, The Linguistic Society of Korea and The Linguistic Society of Hong Kong, Hankookmunhwasa, Korea, June 2009, 529-37.
  • On the Evolved Linguistic Strategies, Proceedings of The LSK & KASELL 2010 Winter International Conference on Language, The Linguistic Society of Korea, The Korean Association for the Studyof English Language and Linguistics, and Language & COgnition Research Center, Konkuk University,January 2010, Korea
  • On the Evolution of Language by Cultural Selection from a Game-Theoretic Perspective, Sigma Tau Delta Working Papers in Literature, Language and Culture, English Honor Society, University of Montenegro, 2009
  • A Game-Theoretic Analysis of Clausal Linkage, Proceedings of the 2nd International Conference on East Asian Linguistics (Working Papers in Linguistic), Simon Fraser University, 2009
  • A Game-Theoretic Interpretation of the Ontological Homology between Language and Consciousness, Current Issues in the Unity and Diversity of Languages: Collection of the Papers Selected from the CIL 18, Linguistic Society of Korea and International Congress of Linguists, 2009
  • An Overview of Multi-Agentive Phonology, The State of the Art in Linguistic Research: The Interface of Form and Meaning, Kaitakusha, 2008
  • The Society of Phonological Mind, Proceedings of the 2006 KALS-KASELL International Conference on English and Linguistics, The Korean Association of Language Sciences and The Korean Association of the Studies of English Language and Linguistics
  • A Reanalysis of Similitude in Phonology, A new century of phonology and phonological theory, Kaitakusha
  • On Derived Temporal Attributes in Phonology, 2005年6月27日 Proceedings of the Second International Workshop on Evolutionary Cognitive Sciences, The University of Tokyo
学会発表 すべて単独
  • An Inference-Based Analysis of Polysemy, Linguistic Society of New Zealand Conference, University of Canterbury, Christchurch, November 2013
  • Capturing Reference-Sets for Computation in Phonology-Phonetics Interface, 43rd Poznan Linguistic Meeting, Collegium luridicum Novum, Poznan, September 2012
  • An Intended Ambiguity to Avoid Face-Threatening Acts, Winter International Conference on Linguistics in Seoul, Held by Korean Association of the Study of English Language and Linguistics, Korea University, January 4-5, 2011
  • On the Interaction of the Linguistic System and Socio-Cultural Strategies, Contexts of Language: How to Analyze Context? Held by FiCLA (Finnish Cognitive Linguistics Association) and Adaptive Informatics Research Centre of Aalto University School of Science and Technology, in House of Science, Helsinki, December 10-11, 2010
  • Language and Culture from a Game-Theoretic Perspective, Second Conference of the Swedish Association for Language and Cognition, held at Stockholm University, June 10-12, 2009, Stockholm, Sweden
  • A Game-Theoretic Analysis of Correspondences, at The Second Free Linguistic Conference, Sydney, NSW, Australia, at The University of Sydney, 2008
  • On Ontological Homology between Language and Consciousness of Freedom , ASCS 2007 Australasian Society for Cognitive Science Conference, held at The University of Adelaide, South Australia, Australia, 2007
  • A Game-Theoretic Reinterpretation of Phonological Generalizations, Japanese Linguistics Forum, held in The University of Victoria, BC, Canada, 2007
  • Another Look at Phonological Gestures, JSLS: The 8th Annual International Conference of The Japanese Society of Lanauge Sciences, 2006
研究に対する主な奨励金
  • 一般音韻論の統合と簡潔化に関する研究 日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(c) 08610464 1996年度ー1997年度 研究代表者は高橋幸雄、単独の研究
  • 音韻理論の極小化とその概念的必然性についての研究 日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(c) 10610451 1998年度ー1999年度 研究代表者は高橋幸雄、単独の研究
  • 音声表示と調音システムとのインターフェイスについての研究 日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(c) 30130140 2000年度ー2002年度 研究代表者は高橋幸雄、単独の研究
  • 英語の構文形成に際しての命題の複合の研究 日本私立学校振興・共済事業団 学術振興資金 2003年度 研究代表者は高橋幸雄、共同研究
  • 音韻論と意味論の文法的操作の統合についての研究 日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(c) 15520316 2003年度ー2004年度 研究代表者は高橋幸雄、単独の研究
  • 音韻計算装置間の均衡としての音韻表示について、日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(c)2006ー2007年度
  • 言語生成のゲーム理論的再解釈、日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(c)2008ー2010年度
項目分担執筆
  • 現代英文法辞典、Compound Noun, Conversionなどの項目を執筆、三省堂、1992年7月
学会・社会活動
  • 日本英語学会 会員、評議員
  • 日本言語学会 会員
  • 関西言語学会 会員
  • 日本英文学会 会員
  • 日本音韻論学会 会員
  • 言語人文学会 理事・編集委員長
  • 英語学研究会 会員(東北大学文学部英語学研究室)

教員総覧もくじに戻る

.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部