大槌学園 学校図書室支援の学生ボランティア活動について(報告)

大槌町では、東日本大震災により中学校1校、小学校4校に甚大な被害があり、統合した「大槌学園」(小中一貫校・岩手県内では初)を開校することとなりました。平成28年9月26日の新校舎への移転作業を行っています。

平成28年7月に日本図書館協会並びに大槌町教育委員会より図書室移転の学生ボランティア協力要請が大学図書館にあり、9月17日.18日の2日間にわたり、新図書室「本の森」の本の配架作業、ボランティア活動を行いました。

本学からは学生8名(日本文学科・図書館司書課程の学生)、図書館職員1名、司書課程教員1名総勢10名が参加し、関東学院大学から参加の学生と共に大槌学園の先生方や大槌町教育委員会の方、日本図書館協会の方のご指導をいただき、約16,000冊の配架を行いました。

学生は、真面目に黙々と作業をし、手を休めることなく、積極的に取り組みました。

【活動の様子】

.
.
.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部