入試特待生制度について

短期大学部はこちら

1 入試特待生制度の新設

本学は、平成31年度入試より、学業等入試特待生制度及び経済支援入試特待生制度を設けます。

学業等入試特待生は、入学試験における成績優秀者や英検2級等の資格を持った入学生を対象とし、経済支援入試特待生は、入学試験における成績優秀者のうち、経済的条件を満たす入学生を対象とするものです。特典としては、授業料等納入金の一部を免除します。

いずれの制度も、勉学奨励と学業継続の支援を行い、もって、学則に掲げる「広い視野と高い識見を養い、文化の向上と社会の福祉に貢献する有為な人間の育成」を目的とするものです。

2 各入試特待生について

  • (1)学業等入試特待生
    • (ア)学業入試特待生
        本学での学修に対する強い意欲をもつ成績優秀者を対象とし、他の学生の模範となる人材を支援するものです。
    • (イ)資格入試特待生
        本学での学修に対する強い意欲と高等学校での学業や優れた資格を有する者を対象とし、その実績を生かしてより成長することを支援するものです。
  • (2)経済支援入試特待生

    経済的条件を満たし、本学での学修に対する強い意欲をもつ成績優秀者を対象とし、他の学生の模範となる人材を支援するものです。

各学部各学科の入試特待生制度

英語文化学科

入試種別 名  称 採用人数 採用基準 特  典
一般推薦
入学試験
資格入試
特待生
採用基準を満たした者すべて 一般推薦入学試験の入試出願時に入試特待生を希望し、合格した者のうち、次のいずれかの条件を満たす者
①評定平均値4.7以上
②英検2級以上、TOEIC L&R550点以上、GTEC(3技能版)570点以上、GTEC(4技能版)960点以上(オフィシャルスコアに限る)
学則に定める年間授業料の半額相当額(350,000円)を減免。(減免は初年度のみ)
※英語文化学科を第一志望とする者
一般入学試験
(前期)
経済支援
入試特待生
1名 一般入学試験前期の入試出願時に入試特待生を希望し、合格した者のうち、次の2点を満たす者
①盛岡大学経済支援入試特待生規程に定める家計基準*1を満たす者
②一般入学試験前期入試科目『英語』の得点の上位の者
学則に定める入学金相当額及び年間授業料の半額相当額(計610,000円)を減免。原則4年間継続*2
2年目以降は年間授業料の半額相当額(350,000円)の減免。
※英語文化学科を第一志望とする者
※採用の際は必ず入学すること

*1 規程に定める家計基準は次のとおりである。「主たる家計支持者の収入金額が給与所得者では841万円以下、給与所得者以外では355万円以下とする。」(経済支援入試特待生)

*2 進級時に次の2点の条件を満たせない場合は、その資格を失う。①規程に定める家計基準。②前年度のGPA2.5以上。(経済支援入試特待生)

日本文学科

入試種別 名  称 採用人数 採用基準 特  典
一般入学試験
(前期)
学業入試特待生 2名 一般入学試験前期の入試出願時に入試特待生を希望し、合格した者のうち、入試成績順位上位の者 学則に定める年間の授業料相当額(700,000円)の減免。原則4年間継続 *2
※日本文学科を第一志望とする者
※経済支援入試特待生との併願可 *3
※採用の際は必ず入学すること
経済支援
入試特待生
1名 一般入学試験前期の入試出願時に入試特待生を希望し、合格した者のうち、次の2点を満たす者
①盛岡大学経済支援入試特待生規程に定める家計基準* 1を満たす者
②一般入学試験前期の入試成績順位上位の者
学則に定める入学金相当額(260,000円)の減免。(減免は初年度のみ)
※日本文学科を第一志望とする者
※学業入試特待生との併願可 *3
※採用の際は必ず入学すること

*1 規程に定める家計基準は次のとおりである。「主たる家計支持者の収入金額が給与所得者では841万円以下、給与所得者以外では355万円以下とする。」(経済支援入試特待生)

*2 進級時に次の条件を満たせない場合は、その給付を一時中断する。前年度の成績が順位10位以内且つGPA3.2以上。(学業入試特待生)

*3 日本文学科の学業入試特待生及び経済支援入試特待生は併願が可能で、採用基準を満たせば両方の入試特待生に採用される。

社会文化学科

入試種別 名  称 採用人数 採用基準 特  典
一般入学試験
(前期)
学業入試特待生 2名 一般入学試験前期の入試出願時に入試特待生を希望し、合格した者のうち、入試成績順位上位の者 学則に定める年間の授業料相当額(700,000円)の減免。原則4年間継続 *2
※社会文化学科を第一志望とする者
※経済支援入試特待生との併願可 *3
※採用の際は必ず入学すること
経済支援
入試特待生
1名 一般入学試験前期の入試出願時に入試特待生を希望し、合格した者のうち、次の2点を満たす者 ①盛岡大学経済支援入試特待生規程に定める家計基準*1を満たす者 ②一般入学試験前期の入試成績順位上位の者 学則に定める入学金相当額(260,000円)の減免。(減免は初年度のみ)
※社会文化学科を第一志望とする者
※学業入試特待生との併願可 *3
※採用の際は必ず入学すること

*1 規程に定める家計基準は次のとおりである。「主たる家計支持者の収入金額が給与所得者では841万円以下、給与所得者以外では355万円以下とする。」(経済支援入試特待生)

*2 進級時に次の条件のいずれかを満たせない場合は、その給付を一時中断する。前年度のGPA順位5位以内、またはGPA3.5以上。(学業入試特待生)

*3 社会文化学科の学業入試特待生及び経済支援入試特待生は併願が可能で、採用基準を満たせば両方の入試特待生に採用される。

児童教育学科

入試種別 名  称 採用人数 採用基準 特  典
一般推薦
入学試験
資格入試
特待生
採用基準を満たした者すべて 一般推薦入学試験の入試出願時に入試特待生を希望し、合格した者のうち、次のいずれかの条件を満たす者
①評定平均値4.7以上
②英検2級以上、TOEIC L&R550点以上、GTEC(3技能版)570点以上、GTEC(4技能版)960点以上(オフィシャルスコアに限る)
次のいずれかから選択
①学則に定める入学金相当額(260,000円)の減免。(減免は初年度のみ)
②盛岡大学学生会館規程に定める入館金及び年間個室等会館使用料の半額(計300,000円)を減免。
原則4年間継続*2  2年目以降は年間個室等会館使用料の半額(240,000円)の減免。
※児童教育学科を第一志望とする者
一般推薦
入学試験
学業入試
特待生
4名(児童教育コース3名、保育・幼児教育コース1名) 一般推薦入学試験の入試出願時に入試特待生を希望し、合格した者のうち、推薦入学試験の入試成績順位上位の者 次のいずれかから選択
①学則に定める入学金相当額(260,000円)の減免。(減免は初年度のみ)
②盛岡大学学生会館規程に定める入館金及び年間個室等会館使用料の半額(計300,000円)を減免。
原則4年間継続*2 2年目以降は年間個室等会館使用料の半額(240,000円)の減免。
※児童教育学科を第一志望とする者
一般入学試験
(前期)
経済支援
入試特待生A型
3名(児童教育コース2名、保育・幼児教育コース1名) 一般入学試験前期の入試出願時に入試特待生を希望し、合格した者のうち、次の2点を満たす者
①盛岡大学経済支援入試特待生規程に定める家計基準*1を満たす者
②一般入学試験前期の入試成績順位上位の者
学則に定める入学金相当額及び年間授業料の半額相当額(計610,000円)を減免。
原則4年間継続*3 2年目以降は年間授業料の半額相当額(350,000円)の減免。
※児童教育学科を第一志望とする者
※センター試験利用入学試験前期との併願可*4
※採用の際は必ず入学すること
経済支援
入試特待生B型
3名(児童教育コース2名、保育・幼児教育コース1名) 一般入学試験前期の入試出願時に入試特待生を希望し、合格した者のうち、次の2点を満たす者
①盛岡大学経済支援入試特待生規程に定める家計基準*1を満たす者
②一般入学試験前期の入試成績順位がA型合格者に次いで上位の者
学則に定める年間授業料の半額相当額(350,000円)の減免。
原則4年間継続*3
※児童教育学科を第一志望とする者
※センター試験利用入学試験前期との併願可*4
※採用の際は必ず入学すること
センター試験利用入学試験(前期) 経済支援
入試特待生A型
2名(児童教育コース1名、保育・幼児教育コース1名) センター試験利用入学試験前期の入試出願時に入試特待生を希望し、合格した者のうち、次の2点を満たす者
①盛岡大学経済支援入試特待生規程に定める家計基準*1を満たす者
②センター試験利用入試前期の入試成績順位上位の者
学則に定める入学金相当額及び年間授業料の半額相当額(計610,000円)を減免。
原則4年間継続*3  2年目以降は年間授業料の半額相当額(350,000円)の減免。
※児童教育学科を第一志望とする者
※一般入学試験前期との併願可*4
※採用の際は必ず入学すること
経済支援
入試特待生B型
1名(児童教育コース1名) センター試験利用入学試験前期の入試出願時に入試特待生を希望し、合格した者のうち、次の2点を満たす者
①盛岡大学経済支援入試特待生規程に定める家計基準*1を満たす者
②センター試験利用入学試験前期の入試成績順位がA型合格者に次いで上位の者
学則に定める年間授業料の半額相当額(350,000円)の減免。
原則4年間継続*3
※児童教育学科を第一志望とする者
※一般入学試験前期との併願可*4
※採用の際は必ず入学すること

*1 規程に定める家計基準は次のとおりである。「主たる家計支持者の収入金額が給与所得者では841万円以下、給与所得者以外では355万円以下とする。」(経済支援入試特待生)

*2 進級時に次の条件を満たせない場合は、その資格を失う。前年度の修得単位数が31以上であること。(資格入試特待生・学業入試特待生)

*3 進級時に規程に定める家計基準の条件*1を満たし且つ次のいずれかの条件を満たせない場合は、給付を一時中断する。①修得単位/年間31単位以上。②成績状況/前年度のGPA3.3以上または成績順位上位15%以内。(経済支援入試特待生)

*4 複数の入試種別に併願が可能であるが、採用はいずれかの入試種別での採用となる。(経済支援入試特待生)

栄養科学科

入試種別 名  称 採用人数 採用基準 特  典
一般入学試験
(前期)
経済支援入試特待生 2名 一般入学試験前期の入試出願時に特待生を希望し、合格した者のうち、次の2点を満たす者
①盛岡大学経済支援入試特待生規程に定める家計基準*1を満たす者
②一般入学試験前期の入試成績順位上位の者
学則に定める年間の授業料相当額(700,000円)の減免。
原則4年間継続 *2
※センター試験利用入学試験前期との併願可 *3
※採用の際は必ず入学すること
センター試験利用入学試験(前期) 経済支援入試特待生 2名 センター試験利用入学試験前期の入試出願時に特待生を希望し、合格した者のうち、次の2点を満たす者
①盛岡大学経済支援入試特待生規程に定める家計基準*1を満たす者
②センター試験利用入学試験前期の入試成績順位上位の者
学則に定める年間の授業料相当額(700,000円)の減免。
原則4年間継続*2
※一般入試前期との併願可*3
※採用の際は必ず入学すること

*1 規程に定める家計基準は次のとおりである。「主たる家計支持者の収入金額が給与所得者では841万円以下、給与所得者以外では355万円以下とする。」

*2 進級時に規程に定める家計基準の条件*1を満たし且つ次の条件を満たせない場合は、給付を一時中断する。前年度のGPA順位上位25%以内。

*3 複数の入試種別に併願が可能であるが、採用はいずれかの入試種別での採用となる。

.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部