カモーソン大学との交流

2004年度の記録

盛岡大学・盛岡大学短期大学部とカナダのビクトリア州にあるカモーソンカレッジとは1987年9月に学校法人盛岡大学(当時生活学園)が姉妹校協定を締結して以来、様々な交流を続けてきました。その中のひとつの事業が盛岡大学における交換派遣留学生制度です。

この制度に則り、これまで大勢の両大学の学生がそれぞれの地で学び、生活してきました。

このページでは現在カモーソンカレッジに2004年度の交換派遣留学生として留学中の2人の学生から送られた日々のレポートを紹介していきます。

4月8日(金) 手塚ちひろ

1年はあっというまに過ぎ、カナダでの生活も残すところあと10日となりました。日本に帰る実感はまだわきません。温暖な気候と豊かな自然に恵まれているビクトリアは本当にすてきな場所でした。英語というたった一つの言語を通じて、異なった国からの人々と友達になり、コミュニケーションを交わすことができたことは一番の感動です。台湾、中国、香港、韓国、フィリピン、タイ、ネパール、トルコ、イラン、サウジアラビア、アフリカ、アメリカ、メキシコ、エジプト、ウクライナ・・。英語だけではなく、それぞれの国の文化、習慣、言語、情勢をも学ぶことができ、毎日はとても充実していました。

このようなすばらしい経験を与えてくださった盛岡大学と両親に感謝いたします。そしてMy homestay family, Panta, Jurie, Debbie, Limin, Eri, Keiko, Fukumi, Elvice, Soo-jung, Sanae, Kohei, Proushad,LeeLee, Terry, May, Yanyan, Aki, Kengo, Nami, Angel, Adam, Andy, Hee yup, Katsu, Ethem, Ken, George, Huynick, Dahye, Yuji, Sunmi, Yoko, Momoko, Tak, Reiko, Derek, Mattew, Kai...THANKS A LOT! I will never forget you guys!! Love you with all my heart..Chihiro(*^-^*)

.
.
2月28日(月) 手塚ちひろ

最近日記をサボっていましたが、カナダにいる日数も少なくなってきたので、またちょっとずつ書いていきたいと思います。 今月はバレンタインデーがあり、「まだ冬だったんだ」と気づかされましたが、岩手は相変わらず雪が降り止まない日が続いているようですね。カナダはもう春のような暖かさで、桜がちらほら咲き始めています。今日はバレンタインデーのことを少し書きたいと思います。バレンタインデーというと、「女の子から男の子にチョコレートをあげる日」というイメージがありますが、(実際日本のチョコレート会社がチョコレートの宣伝のために始めたといいますが・・)カナダでは男の子も女の子も関係なく贈り物を渡すようです。私はバレンタインデーを大きなイベントとしてとらえてなかったのですが、ホストは部屋を飾りつけたり、チョコレートつきのカードを家族全員分用意していたり、カナディアンにとってのバレンタインは大きなイベントのひとつのようでした。私は日本にいるときのようにどうでもよくこの日を過ごそうとしていましたが、いつものように授業を終えて帰ろうとしたときに「カノン」が教室の外から聞こえてきました。「あたしの好きな曲だ〜」と思っていたら、なんと友達2人がバラを手にその曲と一緒に教室に入ってきたのです。私の好きな映画、「猟奇的な彼女」の1シーンを再現してくれたようで、そのときは感激で泣いてしまいました(^^;)これをホストマザーに話したところ、彼女もサプライズがあったようで、仕事中に、ブラスバンドが彼女のところにやってきて、歌をうたいにきたとか。歌が終わったあと、花とカードが渡され、そこにはホストファザーの名前が(^^)恥ずかしかったけどロマンティックだ〜と2人で盛り上がってしまいました(笑) 今日はバレンタインデーの写真と、2月9日はチャイニーズニューイヤーでイベントがあったので、そのときの写真、それから最近撮った写真を載せたいと思います。

.
.
.

▲ページトップへ

12月25日(土) 手塚ちひろ

MERRY CHRISTMAS!先月は卒論、宿題、プレゼン等に追われ、急がしい日々を送っていましたが、ようやく全て終わってほっと一息。さて‥今日はクリスマス!!クリスマスはカナダで最も大きなイベントの一つです。12月に入るとほとんどの家がツリーやライトできれいに装飾されます。夜バスに乗っているとイルミネーションがとてもきれいで、いくつかの家はディズニーランドのパレードを思い出させるくらい本格的に飾りつけされていました。私にとって北アメリカのクリスマス風景は、まるで映画の世界のようでした。 今朝は朝の8時に起床。暖炉の前につるしておいたソックスを子供たちと一緒に取りに行き、ホストの両親のベッドルームでソックスに入っていたサンタクロースからのプレゼントを皆で確認しました。そして、朝食のあとはツリーの下に置いておいたプレゼントの発表会。家族の一員であることを実感できたクリスマスでした(*^-^*)

.
.

▲ページトップへ

10月20日(水) 田村 裕子

今日は、私がカナダに来て驚いたことを少し書きたいと思います。まずは、携帯電話について。カナダでは、携帯電話はまだ新しく、日本での一番初めのPHSみたいな電話をみんな結構持っています。もちろん、私のクラスメイトの大半が携帯電話を持っています。授業中、携帯が鳴ったら、皆さんはどうしますか?急いで切りませんか?音を切りませんか?私のクラスでは、電話が鳴ったら、『I’m sorry.』と一言いって、廊下に出て電話を取ります。テスト中でも、電話が鳴ったら、廊下に出ます。先生も、OKと言い、まるで、当たり前のようにしています。たまに、注意する先生もいますが、注意で終わりです。なんというか、日本の学校ほど厳しくないのです。これには、驚きでした。もちろん、車の中で携帯が鳴ったら、運転中でも余裕があったら、電話をとって話をしながら、運転します。私が一番驚いたのが、バスの運転手も電話をしながら運転するのです。夜のバスで、電話をしながらバスを走らせている運転手。怖くありませんか?その運転手は3区間のバス停を電話しながら、走らせていました。そして、なんと、映画館でも普通に携帯は鳴ります。この間、映画を見に行ったとき、キスシーンで、誰かの携帯が鳴りました。もちろん、ここはカナダ。ブーイングが飛んでました(笑)電話で驚くことがもう一つ。ヴィクトリアの家電話は、市内だったら無料なのです。公衆電話も25セントでかけ放題。携帯電話は、もちろんお金がかかりますが、なんと、週末と毎日18時以降は無料。かけ放題。びっくりでした。  次に映画について。もし、皆さんが海外に来たら、映画を見に行くことをお勧めします。満員とまでは言いませんが、人が結構入っている映画館をお勧めします。なぜそこまで勧めるのか?!理由は、面白いからです(笑)カナダの人たちは、面白いところで声を出して笑います。笑うところで、しっかり笑う。一体感が得られますよ(笑)そして、ブーイングもしますし、良いシーンでは、歓声が飛びます。スパイダーマン2で、スパイダーマンが彼女を助け出したとき、拍手でした(笑)そして、映画が終わっても拍手。初めてのときは、驚きましたが、慣れれば、笑いたければ笑う、怒りたければ怒る、気楽に映画が見ることができます。私は、結構好きです。映画館に映画を見に行くのも良いですが、人を見るのも面白いと思います。

10月6日(水) 手塚 ちひろ

食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋‥。食べても食べてもお腹がすいてしまって、少し抑えなきゃと思っている今日このごろです(^^;)What's new?‥といえば、最近ビクトリア大学の日本語クラスに参加させていただいているのですが、初めは見学だけのつもりだったのが今では日本語を教えたりも。盛大でとっていた日本語の授業が役に立つこともしばしばで、とても勉強になります。初級レベルなので、ひらがな、カタカナの読み書きがやっとという段階なのは承知なのですが、それでもやはり「いま2ずはんです」などという回答を見ると思わず笑いそうになってしまいます(笑)岩手では十分通じる日本語だとは思いますが(^^;)

.

話は変わりまして、新作映画情報!私はこの映画が早く見たくて仕方がないのですが、なんとアメリカ版"Shall we dance?"が10月15日から上映されるのです!納得いかなかったのは、私の周りの友達は「リング」は日本がアメリカ版をコピーしたのだと思っていたことです。さらに今回の"Shall we dance?"も。コラ〜!

今日は日本語クラスの友達と撮った写真と、先日までこちらに滞在していた盛大からの学生さんたちと撮った写真を載せたいと思います。

.
9月19日(日) 手塚ちひろ

肌寒い日々が続いたことが影響して体調を崩していましたが、ようやく回復してきたのでまた日記を書きたいと思います。先日、こちらにきて1番最初に出来た友達のうちの一人がタイに帰るとのことで、久しぶりにみんなで集まりました。全員クラスが違ったため、なかなかそろって会うということはなく、久しぶりの全員集合(それでも二人欠けてましたが‥)が彼女のお別れ会というのは切なかったです。今月は帰国する友達が多く、涙涙(T-T)

話は変わりまして‥今回のタームが始まる前に10日間のお休みがあったので、それを利用してプリンスエドワード島、ケベック、モントリオール、ナイアガラ、トロントに行ってきました!!急いで回ったので帰ってきてからもしばらく疲れがとれませんでしたが、一生忘れられないいい思い出をつくることができました(^-^)何より感動したのはアメリカの友達と彼女のお母さんに8年ぶりに会えたことです!できれば日本に帰る前にもう一度会いたいです(*^-^*)今日はタイ人の友達とのお別れ会で撮った写真と、旅先で撮った何枚かを載せたいと思います。

.
.
.
8月11日 (水) 手塚 ちひろ

9月12日から海外研修の皆さんがカモーソンに来るということで、今日は少しアドバイス?を。19日でカナダに来てようやく4ヶ月になりますが、4月に比べると確実に成長している自分がいることに気づきます。最初はクラスメイトの話すことが理解できない時もあり、自分のリスニング力はなんてお粗末なんだと落ち込んだ時期もありました。クラスメイト全員がかなり話せるように見えました。しかし耳が英語に慣れてきた今になってみると、実はみんな結構めちゃめちゃな英語を話していたということに気づきます。一方で日本人は文法があってるかどうかを頭の中でよく考えて、間違わないようにと慎重になってしまうため、なかなかスムーズに言葉が出てこないと前回のタームの先生が言っていました。話すときに気をつけなければいけないことは文法よりも、アクセントです。(もちろん文法も大切ですが)例えば名前動語の単語があるように、アクセントの位置によってまったく意味が変わってしまったり、どの単語か理解してもらえないということもあります。こちらにきたら、間違いを恐れずぜひどんどん話してみてください(^^)

.

今日は先生と撮った画像、友達の家でBBQパーティーをしたときに撮った画像、ランタンフェスティバルで撮った画像を載せたいと思います。

.
※事務局より

今日日記を送ってくれた手塚さんや田村さんに「カモーソンのここを教えてほしい」「生活のこういった面はどうなの」といった質問があれば是非までご連絡ください。お二人に伝えたいと思います。

7月28日(水) 田村裕子

7月も終わり、8月に入ろうとしています。今年のヴィクトリアは暑い!猛暑です。私のホストも、『今年は、去年と比べて、暑くなるのが早い!』と言っていました。これから、こっちに来る人たちは、日焼け止めを忘れずに!暑いですよ。昼は。しかーし!夜になると、パーカーとまでは言いませんが、寒がりの人は長袖が必要ですね。私の部屋は、地下にあるので、夜は寒い。いまだに、夜はパーカーを着ております。ちなみに、部屋が2階にある友達の話によりますと、2階は夜も暑いそうです。

ところで、7月から、新しいクラスになりました。半分の人たちが新しくやってきた人たち。半分の人たちが元々からいた人たち。この夏のタームは休む人が多いのです。なぜなら、子供たちが夏休みだから、稼ぎ時だから、など、さまざまな理由があるからです。クラスの平均年齢もだいぶ下がりました(笑)そして、なんと、宿題も少なくなりました。嬉しいやら、悲しいやら。カモーソンでは、先生によって、宿題の量はだいぶ違います。前のタームの先生は、生徒から、“HOMEWORK QUEEN”と呼ばれ、宿題の多さが評判だったらしです。確かに、大変だった。今の先生は、宿題は出すには出すけど、できないことはない!という量。まったく、宿題を出さない先生もいるので、出してくれるのでありがたい。では、宿題を出さない先生に付いてしまい、それでも勉強したい!と思う場合はどうするか!?さすが、カモーソン。そこらへんは抜かりがありません(笑)オープンラボというのがあるのです。生徒が自分で苦手分野をやれる!という部屋です。平たく言うと、自習室みたいなものだと思います。先生が、1人いて、分からなかったら聞ける!というわけです。希望をいえば、その人に合った参考書も探してくれる。そして、貸してくれる。私は、前のタームで、発音に自信がないので、発音がやりたいと言ったら、発音を教えてくれるクラスを紹介してもらいました。なんか、カモーソンの株を上げている感じの文章になってしまいましたね。そんなつもりはなかったんですよ。ほんと。

来週は、3連休。楽しみです。そういえば、こっちにはゴールデンウィークがありません。だから、連休はとても貴重なんです(^^)イベントがあったばずなので、しっかり参加してきたいと思います。

7月8日(木) 手塚ちひろ

こちらは夏とは思えないほど涼やか‥というよりも肌寒さすら感じるほどです。日本のニュースをこまめにチェックするようにしていましたが、一関は30度を越したようですね。蒸し暑い夏が少し恋しいです。今日は雨の中スパイダーマン2を見に行ってきました。1よりもかなり面白くなっていると思います。そして映像がリアル。必見です!さて、7月5日から新しいクラスになり、授業が再開したのですが、つい先日までは一週間のお休みがありました。その休みを利用してバンクーバーに行ってきたのですが、アジア人の多さにはビックリしました。

.

バンクーバーではカナダ人を探すよりもアジア人を探すほうが容易な気がします。日本食屋さんも多く、3ヶ月ぶりのお寿司に感激!日本食のグローサリーストアも、ビクトリアより品数が豊富だったので、カップ麺や、スナック類をついついたくさん買ってしまいました(^^;)

今日はバンクーバーでの写真と、前回のタームのクラスメイトとポットラックパーティーの時に撮った写真を載せたいと思います。

.
6月8日(火) 手塚ちひろ

最初に私のクラスの紹介をします。わたしのクラスは045レベルで、授業内容は語彙力の増強、スピーキング、リスニング、ライティングのレベルアップ、アドバンスリーディングが主となります。授業はとにかく楽しくて、毎日あっという間に終わってしまいます。語彙レベルは大学中級程度、文法は高校内容なので、高校の英語教師志望の私にとっては最適のクラスです。毎日の宿題に加えて、14日までにはブックレポート、来週からは一人15分ずつのプレゼンがあるので、充実した日々を送っていますが今はとても忙しいです。

.

クラスの大半はアジア系(中国、日本、韓国、台湾の順に)が占めますが、そのほかにエジプト、イラン、メキシコ、ネパールからのクラスメイトもいます。英語だけでなく異なった国々の習慣や、言葉を知ることもできることに日々感動しています。「微妙な三角関係」という言葉が韓国語でも同じ発音で、意味まで一緒だということを知っていますか?びっくりしました(笑)なんでもない一日でも私にとっては毎日がスペシャルです(*^-^*)

.

写真はビクトリアから少し離れたトフィーノというところに行ったときに撮ったものと、先月ブッチャートガーデンに行ったときに撮ったものです。トフィーノには温泉ツアーに行って来たのですが、久しぶりの湯船と,温泉から見えるきれいな海に大感激でした。機会があればまた訪れたいと思います。

.
5月19日(水) 田村裕子

まずは、Camosun Collegeの説明。カモーソン大学に行くためには、ちゃんとした英語の知識と会話能力が必要である。よって、大学に行くくらいの語学力がない人は、Camosun College International(語学学校のみたいなところ)に行って英語に必要な4つの技能を学ばなければならない。私のクラスは025といって、文法の基礎を徹底的にやるクラスである。やっていることは中学校レベルなのだが、説明が英語、会話も英語、リスニングは聞き取れないわで、毎日がてんてこ舞い。でも、聞き取れてないのに、文法は出来ちゃったりするから、きっと、周りの人たちは、不思議がっていると思う。これが日本人だよなぁ、と思ったりする。私のクラスは、日本人が結構いる。あとは、ほとんど中国系(中国、韓国、台湾)の人たち。前回留学した人にそのことを言ったら、驚いていた。きっと、珍しいクラスなのであろう。黒髪がクラスを占領している。他には、コロンビア、ロシア、インド、イランの人たちがいる。人数は30人くらい。孫がいる人、仕事を終えてこっちに来た人、働いている人、様々。よって、いろんな歳の人たちがいる。カナダは移民してきた人は必ず、英語教育をしないといけないらしい。仕事をしながら、英語の勉強は結構きついと思う。毎日、『はぁ?』と思うくらい大量の宿題がでる。それなのに、12時10分に授業が終わるんだけど、それから仕事へ行き、8時間とか働いて、家に帰り、宿題。大丈夫なのかよ!?と思う。でも、やってる人はやってるんだよ、すごい!と思う。

.

今日は、外部から特別講師を招いての授業だった。『IDEA JOB』という単元を今やっており、<自分がやりたい仕事についている人はほんの一握り!その人を呼んで話を聞いてみたり、質問してみよう!>が今日のテーマだったはず。来て下さったのは、ウエディングプランナーのJoanne Haugeさん。カナダでは結構、有名な人らしい。日本ガーデンでの結婚式が人気だと言っていた。日本ガーデンでの結婚式は着物か?と聞いたところ、その人の要望によるから、さまざまだと言っていた。今のところ、みんな、ウエデェングドレスだそうだ。ちなみにガーデンは、『ブッチャットガーデン』。ビクトリアの観光名所。ブッチャットさんが個人で作ったガーデン。早速、先々週、行って見たけど、本当に綺麗だった。ホスト情報によると、今のブッチャットさんは嫁さんに城をプレゼントしたそうな。すごく金持ちなんだって。明日は、Joanne Haugeさんの話をどのくらい聞けていたかのテストがある。メモを取りながら聞いていたけど、自分の英語力に自信がないため、ちゃんと聞けていたのか不安。いつも思うが、テストはやりたくない。できるなら、避けて通りたい。休めばいいじゃん、みたいなことを友達に言われたが、私にそんなことはできません(笑)復習をし、しっかり、テストを受けてきたいと思います。

.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部