カモーソン大学との交流

2007年度の記録

盛岡大学・盛岡大学短期大学部とカナダのブリティッシュコロンビア州ビクトリア市にあるカモーソンカレッジとは1987年9月に学校法人盛岡大学(当時生活学園)が姉妹校協定を締結して以来、様々な交流を続けてきました。その中のひとつの事業が盛岡大学における交換派遣留学生制度です。この制度に則り、これまで大勢の両大学の学生がそれぞれの地で学び、生活してきました。

このページでは現在カモーソンカレッジに2007年度の交換派遣留学生として留学中の学生から送られた日々のレポートを紹介していきます。(記事の月日が前後する部分もありますが、記事到着順で掲載しているものです。ご了承ください。)

4月  柿本 仁美

今月13日、カナダから帰国しました。

たくさんの大事な友達やホストファミリーと離れてしまうのがとても辛かったです。でも、この1年で、英語の語学力だけでなく、人間としても大きく成長できたと思います。辛いことも楽しいこともありましたが、一日一日が充実していました。そして、カナダに行ったことで、日本語教師になりたいという夢が見つかりました。この経験を生かして、これからも夢に向かって頑張っていきたいと思っています。

最後に、このような貴重な機会を与えてくださった盛岡大学、たくさんお世話してくださった両大学のスタッフのみなさんにとても感謝しています。ありがとうございました。

写真は、最後のヒ゜アコネクションのミーティンク゛と友達がお別れ会を開いてくれた時に撮った写真です。

.
.

▲ページトップへ

3月  柿本 仁美

3月は、槙さんの誕生日がありました。同じ3月生まれの友達も一緒に、3人のお祝いのパーティーをしました。たくさん友達が集まって、とても楽しいパーティーでした。それから、カナダ人のお友達の誕生日に、槙さんと3人でフレンチ・ビーチに行きました。フレンチ・ビーチは、ビクトリア市内から少し離れたところにあるのですが、とても綺麗で有名な場所です。久々の海だったので、はしゃいでしまいました。ドライブ中も、たくさんお話をしました。その後、友達のお誕生日をビリヤード場で祝いました。彼女も『今日は本当に楽しかった!』と言っていたので、私も嬉しくなりました。

そして、3月にはイースターもありました。その日は、友達の家でイースターエッグ探し(伝統的なイースターの遊びで、普通は子供のためのもの)をしました。始めてイースターを祝ったので、とても興味深かったです。それから、ポートラック・パーティー(料理を一人1品集めるパーティー)もありました。すべてとてもいい思い出になりました。

.
.
.
.
.
.

.
.
.

▲ページトップへ

2月  柿本 仁美

今月は、私がボランティアで日本語を教えているJCC(日本語会話クラブ)の友達と、お好み焼きパーティーをしました。初めてお好み焼きを食べた人もいたのですが、みんな『おいしー!』と言って食べていました。友達とたくさんお話して、食べて騒いでとっても楽しかったです。また、JCCのみんなと、初のホッケー観戦に行きました。写真に写ってるのは、全員友達です。(笑)ホッケーの試合中に、乱闘が起こったり、それに対して観客が盛り上がっていたりして、ものすごい盛況ぶりでした。またいつか見に行きたいです。

そして、この月に、盛大から短期研修と日本語の教育実習の学生が来ました。久しぶりに盛大のみなさんに逢えて、嬉しかったです。

.
.
.

▲ページトップへ

1月  柿本 仁美

1月は、Winter semesterの新入生が入ってくる月です。 そのため、ヒ゜ア・コネクションというホ゛ランティアの委員会で、新入生の歓迎会をしました。いろいろな国から来た人がたくさん来て、友達も増えました。とてもステキな出会いでした。

写真の犬は、ホームステイの犬です。元日にお散歩に行ったときに撮りました。2匹ともとってもかわいいです。

.
.

.
.

▲ページトップへ

12月  柿本 仁美

今月、仲の良い友達が祖国に帰ってしまうという事で、最後に一緒に遊びに出かけました。とても淋しかったのですが、いつかまた逢おうねと約束しました。さらに、12月はクリスマスという事で、街がクリスマスカラーでにぎわっています。クリスマスを楽しむために、友達とビクトリアにあるお城に行きました。

お城と言っても、元々は大富豪の家だったものです。お城の中はクリスマスバージョンに装飾されていて、とてもきれいでした。それから、ホストファミリーと一緒に、ビクトリア市内の、クリスマスライト・ツアーに出かけました。カナダでは、クリスマスになると、それぞれの家で、家の外をたくさんのライトでデコレーションします。本当に普通の家なんだろうか…と疑ってしまうほど、規模が大きくてビックリしました。

22日から26日までは、ホストファミリーの親戚の家でお祝いをしました。最初は、アジア人一人だったので、心細く、話もあまりできませんでしたが、だんだん溶け込んできて、最終的には親戚の一員のようになっていました。みんなでスキーに行って、思う存分すべってきました!帰る前の日には、親戚の皆さんに、お寿司の作り方を教えると、全員が私を囲んで見ていました。(笑)皆さんがおいしいと言ってくれたので、私も嬉しくなりました。

大晦日は、ホストファミリーと有名なブッチャート・ガーデンのクリスマスライトを見てきました。カラフルなライトで装飾されたブッチャート・ガーデンは、夢の国のようでした。そして、家に帰ってきてから、ホストファミリーと新年のカウントダウンをしました。

普段、大晦日は寝てしまう(カナダでは、新年はクリスマスほど重要じゃない)のに、私が毎年家族とカウントダウンすることを伝えると、一緒に起きていてくれました。その時ビデオ撮影をしたのですが、何度見ても面白いです。すばらしいホームステイにいられて本当に嬉しいと思いました。

.
.
.
.
.
.

.
.
.

▲ページトップへ

12月3日(月) 槇 春華

秋のセメスターも終わりに近づき、クリスマスの季節です!今年初のクリスマスパーティーは、Peer Connectionのメンバーとでした。パーティーでは、カナダの伝統的なクリスマス料理(ターキーやスタッフィングなど)が振舞われました。それぞれのメンバーがプレゼントを用意し、一人ずつ誰が用意したか分からないプレゼントを選んでいく「シークレットサンタ」ゲームでは、みんな、思い思いのプレゼントをGETしようと必死でした。私は、キャンドル、ルービックキューブ、傘、付け髭、ステッカー入りのバックをGETし、私の用意した1Kgチョコレートは、中国人の男の子に当たりました。

.
.
.

▲ページトップへ

11月15日(月) 槇 春華

韓国人のクラスメイトの誕生日に、ホームパーティーに招待され、韓国文化を満喫してきました。本場のプルコギ、トッポギ、チヂミ、本当においしかったです!パーティーで、韓国語と日本語の言語には、多くの類似点があることが分かりました。例えば、日本語の「看護婦さん」「30分」「微妙」「無料」は、韓国語でも同じような発音で、同じ意味を示します。カナダに居ながら、カナダの文化だけでなく、様々な国の文化を学べ、得をした気分です。

.
.
.

▲ページトップへ

10月31日(水) 槇 春華

ハロウィン!!ということで、クラスでハロウィンパーティを開くことに。ジャコランタン作り、リンゴを口でGETするゲーム、風船割りゲームなどなど、盛りだくさんのパーティーでした。最後には、仮装、ジャコランタンのグランプリが、選ばれました。残念ながら、私はどちらにも入賞できませんでしたが、楽しい一日を過ごしました。

.
.
.
.

▲ページトップへ

11月3日(土) 柿本仁美

今日は、友達と車をレンタルしてビクトリアから北へ、Nanaimoという街に行きました。Nanaimoに行くまでに、いろいろな小さな町に立ち寄りました。天気がよく、とても気持ちがよかったです。槙さんの9月の日記に書いてあったように、ニコルさんと、彼女の姉妹と5人で旅行に行ったときも、このNanaimoを通りながら行ったので、そのときの思い出を思い出しました。この場でなんですが、ニコルさん、あの時は、本当お世話になりました!!いろいろとどうもありがとう☆

.
.
.

▲ページトップへ

9月22日(土) 柿本仁美

この日はWorld Peace Dayでした。ホ゛ランティアという事で、写真にある、大きな白い鳥(平和の象徴)を作りました。何人かの生徒が、この白い鳥をかついで、キャンパス中を周り、平和を呼びかけました。長い時間をかけて作ったので、とても感動的でした。同じ日、盛岡大学から、何人かの学生が来ていました。その中に、私の友達も来ていて、ほぼ半年振りの再会で、本当に嬉しかったです。2人が帰ってから、フレンド・シックになりました。

10月26日 この日は、ELDのレベル1の卒業式でした。青いガウンを着て、緊張しながら賞状を受け取りました。カナダに来て半年たち、自分の英語力はどのくらい上がったかなと考える機会にもなりました。次のレベルになっても、努力を惜しまずに頑張っていきたいと思いました。

10月31日 この日はハロウィーン。日本でも、ハロウィーンをした事がありますが、カナダでは、気合が違います。街に出ると、たくさんの人が仮装をしていました。銀行員や店員さん、先生や生徒までいろんなコスチュームを着ていました。私もさっそく海賊になって街にくりだし、友達とハロウィーンを楽しみました。このジャコランタン(かぼちゃのランタン)はホストシスターが作ったものです☆とっても上手です!!

.
.
.
.
.

▲ページトップへ

9月 9日(日) 柿本仁美

9日は、友達とアメリカのシアトルに行ってきました。ビクトリアから、直接シアトルに行くフェリーがでていて、たったの3時間でもう国境を越えてしまいました。シアトルの町のイメージは、ビクトリアと比べて、黒人の人口が多いなという事でした。そして、シアトルといえば、イチロー。彼に会いたかったのですが、このシーズンはシアトルにいないという噂を聞き、断念しました。でも、シアトルには、あのスターバックスの一号店があり、そこで、限定のマグカップを手にし、ひとりはしゃぎました。

そして、そのスターバックスの近くに、有名な魚屋さんがあります。そこでは、誰かが魚を購入すると、お兄さんが、その魚をぽーんとレジにいるおじさんに向かって投げるというパフォーマンスをしていました。一度もミスをすることなく、キャッチしているのを見て、とても感動しました。それから、水族館に行ったり、モノレールに乗ったり、ミュージック・ミュージアムに行ったり、シアトルで有名なスペースニードルというタワーに上りました。シアトルの町並みは、とてもキレイで、眺めもよく、感動的でした。3日間の旅でしたが、とても楽しかったです。

.
.
.
.
.
.
.
.

▲ページトップへ

Summer〜Winter 柿本仁美

私の夏からこの冬までの記録を、送りたいと思います。7月〜8月私達にとっての1学期が終わり、ピア・コネクションというボランティア委員会のパーティーがありました。この委員会で、たくさん友達ができました。それから、ビクトリアで1年に1回開かれる、100人のアーティストが集まるアートフェスティバルに行ってきました。Moss Streetという通りに、2キロちかく、アーティストの展示が並んでいました。私は、絵を描いたり見たりするのが大好きなので、とても興味深かったです。

同じ日に、ランタンのお祭りもあったので、見に行きました。Beacon Hill Parkいったいに、手作りのランタンが展示されていました。夜、明かりがともされたランタンは、とても幻想的でした。それから、8月にドラゴン・ボート・フェスティバルがありました。私はホ゛ランティアとして参加し、子供達のお世話をしました。ボランティアの後、盛岡大学に一昨年留学していたアーロンに会いました。久しぶりの再会だったので、とても嬉しかったです。

.
.
.
.
.

▲ページトップへ

9月25日(月) 槇 春華

今日はベストフレンドの誕生日、ということでBirthday partyを開くことに。彼女は中国式の数え年で20歳になりました。(日本の数え方だと19歳です。)何をプレゼントするか迷ったすえ、浴衣をプレゼントすることにしました。意外にも、浴衣は中国人と韓国人の女の子に人気です!日本の伝統衣装の浴衣が他国の人に気に入られているのを知り、すごく嬉しく、誇りに思いました。何よりも、彼女が喜んでくれて良かったです。

.

▲ページトップへ

9月1日(土) 槇 春華

こんにちわ。二週間の夏休みを利用して、旅行に行ってきました。前半は、中国人のクラスメイトと”カナダ横断旅行”に。五日間でオタワ、トロント、モントリオールに行ってきました。モントリオールではほとんどの人がフランス語を話していて、マクドナルドでハンバーガーを注文するのも一苦労でした。ナイアガラの滝など名所を回った、楽しい旅でした。

夏休みの後半はキャンプに。昨年度の交換留学生だったニコルさんがビーチに連れて行ってくれました。洞窟探索、カヤック、カヌー、乗馬などなど、盛り沢山のキャンプで、新しいことをたくさん経験してきました。写真に写っている2人のキレイなカナダ人はニコルさんのお姉さんです!三姉妹に計画、予約、ドライブまで、すべて手配していただき、本当に感謝、感謝です。

.
.
.
.

▲ページトップへ

8月10日(金) 槇 春華

今日は、クラス最後の日で、potluck party を開くことになりました。 とてもまとまりのあるクラスだったので、このクラスメイトとバラバラになるのは、ものすごく淋しいです。母国に帰る人もいれば、学校を変える人、自分とは違うコースをとる人もいて、次のクラスで一緒になるのは、4〜5人になりそうです。

ということで、最後の日を全員で思う存分楽しみました。

.
.

▲ページトップへ

8月1日(水) 槇 春華

今週は、プレゼンテーションの週で、クラスメイト一人ひとりが、それぞれプレゼンテーションを行いました。今回のテーマは”自由”です。

ということで、自国の文化をプレゼンする人もいれば、料理の作り方、趣味、コンピューターの使い方を説明する人もいました。

このクラスには、メキシコ、中国、韓国、ロシア、インド..........などなど、いろいろな国からの学生が集まっているので、一週間で、5カ国の郷土料理の作り方を学ぶことができました。

一番印象的だったのは、韓国人のクラスメイトのプレゼンテーションです。

テーマは How to do South Korean Traditional Greeting。

休み時間に、韓国の伝統衣装を着させてもらいました。

▲ページトップへ

7月28日(土) 槇 春華

カナダに来てはじめての夏です!先週は雨続きでしたが、今週は毎日、快晴です。カナダは紫外線が強く、二時間も外に居れば、真っ黒になりそうです。今日は授業後、みんなでビーチへ。中国式ケン・ケン・パで勝負することになり、全員二十歳過ぎにもかかわらず、真剣にジャンプしていました。

.
.

▲ページトップへ

7月6日(金) 槇 春華

SOCCER U-20 WORLD CUP 2007 の主催国はカナダです!Victoria, Burnaby,Edmonton, Toronto, Ottawa, Montreal ,カナダ各地で試合が行われています。幸運にも、日本代表チームは、Victoria、しかも、家から車で15分の会場で試合があったので、クラスメイトと一緒に観戦しに行ってきました。日本チームは、スコットランド、ナイジェリア、クロアチアと対戦し、グループリーグを一位で通過しました。試合後、日本の選手たちがダンスを披露した時は、大盛り上がりでした。

.
.

▲ページトップへ

5月 〜英語と格闘の日々〜 柿本仁美

5月になり、授業が始まりました。私のクラスは、050と036という二つのレベルが一つのクラスで授業を受けるという、少し特殊なクラスです。

初めて授業に行った日はとても緊張しました。

その日、私だけが新入生だという事を知りました。周りの学生は、もう授業の雰囲気にも慣れていて、打ち解けたムードが漂っていましたが、私は何もかもが初めてで、緊張してうまくコミュニケーションがとれずにいました。不安を抱えつつ、どうにか行動しなくてはと思い、近くの席のクラスメイトに話しかけ、『初めてで何も分からないので、いろいろ教えてください』と言うと、快く引き受けてくれました。

それから数日間、少しずつクラスメイトに名前を覚えてもらったり、話をしてるうちに、だんだん緊張も解け、楽しくなってきました。授業の内容は、正直言って、初めはとても難しくて、毎日頭を抱えていました。まず、先生の言っていることが、早くて聞き取れない。それから、単語が分からない…。自分の英語力のなさに、改めて気づかされ、落ち込んだ時期もありました。周りの学生を見ると、どの人も簡単にこなしているように見えて、悔しくもなりました。

しかし、これから慣れていけばいいじゃないかとポジティブに考えて、毎日宿題をこなし、授業に真剣に挑みました。そして、今はすっかり授業にも慣れ、少しずつ英語力が伸びているのを実感してます。例えば、私は、前まで、頭の中で英語で文章を作ってから話していたのですが、ある日、ふと自然に頭から単語が言葉になってでてきたのです。そこで気づいたのは、完璧な文章をしゃべろうとすると、言葉がつまってしまいますが、頭からポンと単語を使って、文法を気にしすぎずに話すと、思ったよりも話せるという事です。とにかく、恐れずに話そうとすることが大事だという事に改めて気づかされ、これからもっとチャレンジしていかないといけないなと思わされました。

授業以外の休日もエンジョイしています。ダウンタウンの中をショッピングしてまわったり、おもしろいお店探しに出かけたり、ホストマザーとドライブしたり、大きな湖の公園に犬を連れて散歩に出かけたりしました。写真は、ホストマザーと、小型の船に乗って、セーリングをしたときの写真と、二人で、共通のお友達の誕生日を祝ったときの写真です。

.
.
.

▲ページトップへ

4月 〜ここからがスタート〜 柿本仁美

ついにビクトリア着きました!!日本時間の4月15日、家族と三戸さんに見送られたこの日、私は別れる寂しさをかみしめつつ、新たな地での希望でいっぱいでした。

私のホスト先は、ホストマザーとの二人暮らしで、アパート住まいです。そのアパートも、ダウンタウンの中にあるので、買い物をするにも、どこかへ出かけるにも、とても便利な場所です。ホストマザーは、とても面白い人で、毎日笑いが耐えません。さらに、彼女は料理上手で、私がビクトリアに来た初日の夕食は、おいしい餃子とごはんでした。

私も料理が好きなので、週に何回か夕食を作っています。ホストマザーは、初めての味でも『おいしい!レシピ教えて!』と感激してくれます。料理のほかにも、好きな音楽や、好きな食べ物、メイクアップやファッションの話題など、いろいろな共通点があり、会話が弾みます。

4月はまだ、学校が始まらないのですが、アセスメントテスト(クラス分けをするテスト)を受けてきました。2日にかけて、リーディング、ライティング、インタビューのテストを受け、結果は、思っていたよりも良くありませんでした。でも、落ち込んでいてもしょうがないので、これから、自分の英語力のレベルアップのために、何をすべきかを考えながら、これからの日々を過ごしていこうと思います。結果は残念でしたが、自分を見直すいい機会になりました。

写真は、昨年度まで盛岡大学に交換留学生として来ていたニコルとビクトリアをドライブしに行った時のものです。ニコルは、初めてカナダに着いたときに、バンクーバー空港まで迎えに来てくれたり、ドライブや食事に誘ってくれたりと、いつもお世話をしてくれます。とてもありがたいです。

まだこの地域や生活には慣れていませんが、これから自分がどのように成長できるのか、楽しみです。これから1年間、ベストを尽くして頑張ろうと思います。

.
.
.

▲ページトップへ

6月 槇 春華

ELDのクラスは国際色豊かです。日本、中国、台湾、韓国、メキシコ、ロシア、コソボ、スウェーデン、インドなどなど..からの学生が一つの教室に。教室では、英語だけでなく、世界各国の言語が学べます。

クラスメートの一人がスウェーデンに帰ることになり、この日はみんなと、チャイニーズ・レストランへ。クラスで寄せ書きをしたTシャツは、彼へのプレゼントです☆

.
.

▲ページトップへ

5月 槇 春華

この日は、クラスメイトとブッチャート・ガーデンに。観光名所ということもあり、私たちのような海外からの観光客が大勢いました。園内を歩いていると、日本語、中国語、英語ではないどこかの国の言語が、自然と耳に入ってきたり。中には日本庭園もあり、こんな日本語も.........

.
.

▲ページトップへ

4月 槇 春華

成田からの出発が一時間遅れるというハプニングがありましたが、なんとか無事にカナダに着きました。昨年度の留学生である Nicoleさんが、バンクーバーの空港で出迎えてくれ、フェリーで一緒にビクトリアに移動しました。

カナダは日本に比べて緑が多いです。そして、夜の8〜9時まで日が沈みません。初めの頃は、何もかもが新鮮で、驚くことも多かったのですが、徐々に慣れてきています。

ホストファミリーと初めて会った日は、緊張でガチガチでした。でも、今ではすっかり寛いでいます。私の新しい家族は、愉快なお父さん、料理上手なお母さん、音楽好きのお姉ちゃん、やんちゃな弟で、毎日家族からたくさんのことを学んでいます。

下の写真は、ホストブラザー、ホストマザーのお母さん、それぞれの誕生日会の写真です。

.
.
.
.

▲ページトップへ

.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部