カモーソン大学との交流

2009年度の記録

盛岡大学・盛岡大学短期大学部とカナダのブリティッシュコロンビア州ビクトリア市にあるカモーソンカレッジとは1987年9月に学校法人盛岡大学(当時生活学園)が姉妹校協定を締結して以来、様々な交流を続けてきました。その中のひとつの事業が盛岡大学における交換派遣留学生制度です。この制度に則り、これまで大勢の両大学の学生がそれぞれの地で学び、生活してきました。

このページでは現在カモーソンカレッジに2009年度の交換派遣留学生として留学中の二人の学生から送られた日々のレポートを紹介していきます。(記事の月日が前後する部分もありますが、記事到着順で掲載しているものです。ご了承ください。)

     

10月〜帰国 久木 奈美
忙しくも充実した毎日を過ごした秋冬シーズン!

沢山ありすぎて語りきれないのですが、特に印象的な思い出を皆さんにお届けしようと思います!

まず、10月の終わりはハローウィンのイベントの裏方のお仕事をボランティアとしてやらせていただきました。もともと盛岡大学でも文化祭実行委員として企画運営を担当していたので、自分が好きな分野のお仕事を英語を使いながらできたことはとても貴重な経験になりました。

前前回の日記でお話ししたバレエについては、夏から通い始めたこの稽古場が私の大事なhomeになりました。それは、バレエカンパニーの皆さんが私と同じようにバレエを愛する同士であると同時に、私を家族のように受け入れてくれたからでしょう。冬には、このバレエカンパニーの「くるみ割り人形」という公演に出演させていただきました。2年前に舞台で踊ることをやめたはずの私に、「また舞台に立ってみない?踊る情熱を抱いてる限り踊ることをやめる必要はないでしょ?」と光を与えてくださったカナダのバレエの先生に心から感謝をしています。このカンパニーにはカナダ人しかいません。私がその中で踊った最初のアジア人です。公演後のレセプションパーティーで、沢山の方から温かいお言葉とお花をいただいて、涙が止まらなかったことを昨日のことのように覚えています。

秋から所属していたJCC(カナダ人の為の日本語会話クラブ)では、毎週金曜日に日本人メンバーで、実際に日本の文化に触れてみるイベント型のものを企画し、カナダ人の生徒の皆さんと有意義な時間を過ごしました。( ジブリ映画の鑑賞や百人一首をはじめ、寿司パーティー、習字、ポットラックなど ) また、休日には、私がJCCの為にいくつかイベントを企画し、それはとても色濃い思い出となりました。 特に皆で行ったZipline(山と山の間にかかったワイヤーに吊られて時速60キロの速さで下っていくものです。)やGoldstream(神秘的な森の中にある川を下っていき、その奥には美しい滝があります。BBQやキャンプ場としても人気のスポットです。)はこのビクトリア市でしか体験できない楽しいイベントだったと思います!イベントを企画する際に、情報収集や予約も全て私が行ったので、自信にも繋がりました。

冬の終わりから、バレエだけでなく、ヒップホップやズンバというダンスレッスンも受けていました。そこで出会ったスイス人とフィンランド人の友人たちとカヤックに出かけたのですが、想像以上に体力を使うスポーツだなと実感しました。二の腕が特に・・・ (笑) しかしながら、カヤックをしている2時間半の間、海の水面と一体化したような不思議な感覚と間近に見る海の動物たちはとても印象的でした。

帰国前までの3ヶ月間、バイリンガルの子供たちのために開かれている日本語の授業のアシスタントもボランティアとしてお手伝いさせていただきました。日本で、英語教師の勉強はしていたので「教えること」への楽しさが増しました。それと同時に、自分がどれだけ日本語をわかっていないかも思い知らされましたが・・・。(笑)生徒のみんなともすぐに打ち解け、毎週このボランティアの時間が私は楽しみで楽しみで仕方がありませんでした。

また、プライベートでも日本語/仏語レッスンをしていました。どういうことかというと、私がフランス人の友人に日本語紹介をし、その友人が私にフランス語を紹介するというものです。その友人は、色々な国で働きながら現地の言語を学んでいくというのが趣味で、来年は日本を訪れる予定でいるので、そのためのプライベートレッスンでした。彼女に次会える日がとても楽しみです。

帰国の前日、ホストファミリーとビーコンヒルパークへドライブに行きました。そこのドライブインで買うアイスクリームが、この街に来た当初にファミリーと食べた初めての味で、帰国前の最後の味になりました。私の人生の中で一番思い出に残るアイスクリームに違いありません。

この一年を通して、沢山の素敵な友人に出会いました。帰国一ヶ月前に私が始めたのは、その全ての友人たちに感謝の気持ちを伝えに会いに行き、私がお土産屋さんで買ったBC州の旗に名前とメッセージを書いてもらう旅でした。友人たちと私の間に「さよなら」という言葉はありません。だから、「またね!」と笑顔でカナダを離れました。

このような素敵な留学生活を送る機会をくださった盛岡大学の先生・事務職員の皆様に心から感謝すると共に、遠く日本から一年間私を支えてくれた両親にこれからもっと親孝行をしていきたいと思います。


ハローウィンイベントでお世話になったイベントオーガナイザーのジルさん。
 
.

バレエ公演の様子
.

バレエ公演後に観客のみなさんからいただいたお花。
公演のポスター。
.

ホストファミリーと過ごしたクリスマスパーティー。

学校のクラスメイトと出かけたオリンピック開催地バンクーバー。
.

日本語授業の生徒のみんな

JCCのみんなとポットラック。
.

JCCのみんなで行ったZipline
 
.

Goldstream
.

友人と行った初めてのカヤック
.

バレエ団の皆とスタジオ

帰国前日にファミリーと見に行ったSunset
.

3年前にお世話になったホストファミリーとは今でも仲良しです。

ヒップホップの先生。
.

カモーソンで2タームお世話になった先生。彼はとてもすばらしい英語の先生です!

プライベートレッスンをしていたフランス人の友人。
.

帰国前の私のためにクラスメイトの皆さんが開いてくれた食事会です。私の大好きなオレンジのバラの花束がサプライズで出てきて、とってもびっくりしました!嬉しかったです。

JCCのイベントについてミーティング中です。
.

カナダで出会った友人たちに書いてもらったメッセージ!

カナダの国旗とBC州の旗です。
.
3月・4月 細川 亜友美
ありがとうビクトリア!

3月は、帰国前にカナダらしいことを!ということで2回登山に行ってきました。連れて行ってくれたのはLanguage Exchange(お互いの母語を教えあいます)で半年間一緒に勉強した友達です。ちょうどFinalの前で勉強が大変でしたが、きれいな景色に癒されました。山登りは久しぶりで楽しかったです。

4月はFinalと帰国準備で大忙しでした。最後のエッセイを提出した後は友達に会ったりパーティーがあったりして楽しい時間を過ごしました。中でも印象に残っているのは私が学生リーダーをさせてもらっていたボランティアグループ、Peer Connectionsのディナーです。学期末には必ず全員が集まって夕飯を食べるのですが、私にとってはみんなに会える最後の機会だったのでとても寂しかったです。帰国直前にはグループで特に仲が良かった友達がお別れパーティーを開いてくれました。みんなで料理をしたり思い出話をしたりして楽しみました。

一年の留学でたくさんの人と出会い、英語だけでなく人間としても大きな力をつけることができました。最後になりますが、この貴重な機会を与えてくれた盛岡大学と両大学でお世話になったスタッフのみなさんに心から感謝しています。ありがとうございました。

.
.
 
.
2月 細川 亜友美
2月はイベントが盛りだくさん!

まずバレンタインデーに、ホストファザーにバレエのチケットをもらいました!嬉しいサプライズです。日本では女性が男性にプレゼントを贈るのが普通ですが、カナダは逆です。バレエってシリアスなものだと思っていたのですが、私が観に行ったものは笑いを取るタイプでした。面白いストーリーをバレエで表現していて、最初から最後まで笑いが止まりませんでした。

2月の中旬から下旬にかけてChinese New Yearがあったので、友達とパーティーを開きました。中国・韓国・日本・カナダ・インドと、いろいろな国の料理をみんなで楽しみました。夕食の後はなぜか歌合戦(?)が始まり、全員が自分の国の国歌を披露しました。他の国の国歌は普段聞く機会がないのでいい経験になりました。

一番大きなイベントはオリンピックでした。ホストファザーのお父さんが急に行けなくなってしまってチケットが余ったので、私が連れて行ってもらうことになりました。ホストファミリーとその友達の家族、8人でスピードスケート決勝、アイスホッケー(ロシア対チェコ)、カーリング(女子)、メダル授賞式を観てきました。テレビでみるよりも選手の緊張感や観客の熱気がリアルに伝わって来てすごく盛り上がりました!バンクーバーのダウンタウンにも行きましたが、ものすごい人の多さで、ここは東京?と一瞬思ってしまいました(笑)


Chineses New YearのPartyを友達と開きました。
.

バレンタインデーにHost Fatherからバレエのチケットをいただきました。盛岡大学に昨年度留学していた友達を誘って観に行ってきました。
.

2010 Vancouver Olympicの様子。
.
.
.
.
9月・10月 細川 亜友美
充実した毎日を過ごしています

9月の上旬にFall Semesterが始まり、先週はもうMid-Termでした。この2か月は授業・旅行・ボランティア・イベントの毎日で、充実した時間を過ごしました。

授業は前のタームよりも難しく、エッセイの書き方や講義中のノートの取り方など大学で学ぶための基礎を本格的に勉強しています。幸い良い先生方に恵まれているので内容もわかりやすく、授業・宿題・テストと順調にこなしています。はじめは050とのあまりの違いにびびっていましたが(笑)難しいぶん学ぶことが多いのでやりがいを感じています。

9月の半ばにはカナダ人・日本人の友達4人とTofinoに行ってきました。まさに大自然!!!という感じでものすごく広いビーチやレインフォレストに圧倒されました。サーファーが集まって来ることでも有名らしく、ウェットスーツにサーフボード姿の人たちを見かけました。夜はキャンプだったのですが、キャンプ場が暗い森の中(?)にあったので星がびっくりするくらいたくさん見えました。初めて見た天の川&流れ星に感動して友達と夜遅くに大はしゃぎしてしまいました(笑)

10月の連休には友達とEdmontonに行きました。BC以外の州は初めてでワクワクしながら到着したら……寒い!!ちらほら雪が降っていました。気温は1月の盛岡並みです。これがカナダか!と、変な感動に浸っていました。Edmontonには世界で2番目(昔は1番目だったらしい)に大きなショッピングモールがあります。遊園地やウォーターパーク、スケートリンクに加えてなんと800店舗ものお店が入っています。1日では回りきれません。モールが広すぎて歩くのだけでも大変でした。ジムに通って鍛えた成果をまさかここで発揮するとは思っていませんでした(笑)前のタームで同じクラスだった友達がEdmontonに住んでいるのですが、時間がなくて会えなかったのは残念でした。

前回の日記でPeer Connectionsについて少しお話しましたが、なんとFall/Winter SemesterのStudent Coodinator(学生リーダー)の仕事を任せてもらえることになりました!今は1年の中でも最も活動が活発で、International students とCanadian studentsを合わせてメンバーも40人近くいます。この大事な時期に大きなチャンスをゲットできて私は本当にラッキーだと思います。自分に足りないのはリーダーシップだ!と常々思っていた私にとってこの仕事は大きなチャレンジですが、もう一人の学生リーダーとBrianさん(Peer Connectionsのコーディネーター)に助けられながら頑張っています。11月は学校での映画の上映やカフェの開催を予定していて、今はその準備で大忙しです^^

10月31日はハロウィーンでした。ホストファミリーと一緒に初のパンプキンカーヴイングに挑戦しました。ファザーがかわいい顔を彫っていたので私はちょっと怖い顔を。難しそうに見えて意外と楽しかったです!暗くなってからは"Trick or Treating"に行ってきました。3歳のホストシスターは白雪姫のドレス、私は偽女子高生(笑)の衣装で近所の家を回ってお菓子をもらってきました。いろんな顔のパンプキンや動くおばけのおもちゃが飾ってあって、気合が入っているお家がたくさんあって楽しかったのですが、シスターはちょっと怖がっていました。おばけがリアルだったからかな・・・

それではまた!

.
.
.
10月 久木 奈美
授業内容もますますレベルアップ

9月8日から2つ目のタームが始まり、さらにレベルの上がった授業の緊張感の中勉強に励んでいます。

宿題もただテキストを解いてくるという内容だけでなく、各自でリスニングやスピーキング(レコーディング)をしたりするものもあるので、日本ではなかった勉強方法が新鮮で楽しいです^^ また、興味のある職種に就いている人にオファーをしてその人のキャリアについてインタビューをしたり、実際に興味のあるボランティア活動を4時間以上してそれについてレポートをまとめる、といったアサイメントもあります。

少し遅くなりましたが、夏休み最後に行ってきたトロント一人旅の写真を何枚か載せたいと思います!一緒に写っているのは、同じ盛岡大学からワーキングホリデープログラムでトロントに留学中の神永杏里さん、そして、杏里さんのホストファミリーです。3泊4日という短い時間ではありましたが、CNタワー、オンタリオ美術館、ワイン工場、ナイアガラの滝などを訪れて、充実した旅になりました♪

.
.
.
.
 
.
9月 細川 亜友美
Spring/Summer を振り返って

4月から始まったビクトリアの生活ももう4カ月目です。今セメスターの分まとめてになりますが、振り返って日記を書こうと思います。

  1. カモーソンでの授業
    同じ交換留学生の久木さんと同じELD050というクラスで、Listening, Speaking, Reading,Writingの4技能をレベルアップするための授業を受けました。国籍も年齢も様々な人たちと同じクラスで勉強するということと、授業のスタイルが日本と全く違うことに驚き、新鮮に感じました。 クラスメートは18歳から子持ちのお父さん・お母さんまで、出身国も日本、中国、ロシア、メキシコ、サウジアラビア、モロッコ…などバラバラでした。 また、日本では先生の話を聞いてノートを取ることが多いですが、カナダでは積極的に発言・表現することがより重視されます。ディスカッション やプレゼンテーションは苦手分野だったのでかなり苦労しました^^; 今は英語を話すことに慣れてきてむしろSpeakingが一番楽しい時間ですが♪
    8月半ばにSpring/Summerも終わり、9月からは新しいクラスでの授業です。クラスメートの中にはほかの州に引っ越した人や勉強をやめて仕事に集中する人、次のタームは午後の授業を取る人もいて、次のクラスで一緒に勉強できる人はほんの数人です。仲のよかった人たちと離れるのは寂しいですが、また新しい友達ができるかと思うと今からワクワクします :)
  2. ボランティア
    5月からPeer Connectionsというボランティアグループに参加しています。週に1回のミーティングをはじめ、学内でのイベントやワークショップ など盛りだくさんです。8月27・28日には新入生オリエンテーションがあり、学生ボランティアとしてお手伝いしてきました。つい4ヶ月前は緊張しながら 迎え入れられる側だったのに、今回はnew studentsを歓迎するお仕事をさせてもらってちょっと感動しました。(笑) このグループをまとめ、サポートしてくれているBrianさんとの写真もあります :)
  3. ホストファミリー
    私はホストファザー、ホストマザー、3歳のホストシスターと一緒に生活しています。とても面白いファミリーで、笑いとおしゃべりが絶えません。小さいシスターと英語で話すのはなかなか大変ですが、私は子供の英語習得過程に興味があるので一緒に遊びながら勉強もしている、という感じです。ファミリーにはここで暮らし始めてからいろいろな所に連れて行ってもらいました。Sidneyのナイトマーケット、Beaver Lakeでのスイミング、Butchart Gardens、先週はGold Streamでピクニックをしてきました。
    ビクトリアの夏は晴れの日が多く、屋外での活動が楽しいです。日本ではどちらかというとインドア派だったのですがカナダに来てからはファミリーのおかげでアウトドア派になりつつあります。(笑)

4ヶ月間で撮った写真も送ります。ファミリーとピクニックに行ったときのものと、ブッチャートガーデン、ボランティアグループでBrianさんと撮ったものです。

.
.
 
.
8月 久木 奈美
最初のタームが終了しました。

みなさん、こんにちは!ずいぶん間が空いてしまいましたが、また少し近況報告をしたいと思います。 テストやらプレゼンやらでワタワタしていた7月もあっという間に過ぎ、8月14日で早くも1つ目のタームが終了してしまいました。

Speaking/Listening/Reading/Writing、この4技能のほかに2つのプレゼンテーションをすることがテストとして課せられたわけですが、1つは「なにか2つのものを比較する」というもので、2つ目は「自分がもっとも興味のある職種を選択し、その職種の人にインタビューした内容を発表する」というものでした。

1つ目のプレゼンについては、「Different English Communication Styles ~High context and Low context~」と題して、North-AmericanとJapaneseを例に取り上げながら、同じ英語でも文脈への依存度や表現方法、キャラクターが異なるということについてまとめました。前の日記でも話題にしましたが、私は、同じ英語でも話し手の文化背景や宗教によって、表現方法に違いがあるということに強く興味をもっているので、今回このトピックを発表することでクラス全体(第二言語話者)でそれぞれの国の英語について目を向ける機会になればいいな、と考えたのがそもそものきっかけです。10分程度のスピーチにしては少し大きすぎるトピックではありましたが、先生は私のチャレンジ精 神を評価してくれました。トライして良かったと思っています^^

2つ目のプレゼンは、個人的にずっと興味のあった「舞台やイベントの裏方の仕事」をトピックに取り上げました。まず、このプレゼンの準備をするにあたって、街で自ら動いてインタビューする相手を見つけなかればならないというのが、最初の難関だったかもしれません。不完全な英語で興味のある仕事場を訪れ初対面の人に依頼する、というのは結構緊張するものです。依頼をしても、スムーズに承諾してもらえるわけではないので、焦りつつもひたすらい くつかの劇場やイベントセンターをまわりました。最終的に、ダウンタウンにあるVictoria Event CenterというイベントスタジオのAmandaさんにインタビューさせていただけることになり、興味のある職種について海外で学ぶという貴重な機会を得ることができました。また、彼女は私と同じようにクラシックバレエやヒップホップなどのダンス経験と持っている人だったので、インタビューーの中でいくつも共通の意見をシェアすることができ、とても素敵な時間になりました。ちなみに、このトピックもなかなか他の生徒がやらないような内容だったので、先生方から好評でした。諦めず、インタビューをする相手を探し続けた甲斐があったと思います!

私生活の面では、8月から本格的にクラシックバレエのレッスンに通っています。最初に候補にあげていたジムはレッスンを開講している期間が短く、なおかつ料金が高すぎる・・・という問題があったので、実は先月にダメもとでダウンタウンにある「Canadian Pacific Ballet」というバレエカンパニーにレッスンを受けさせてもらいたいと依頼をしてきたんです。・・・運が良いことに、「来月から来ていいわよ♪」という先生の答えをいただけたので、おかげさまで今、本格的な稽古場の雰囲気の中レッスンを受けさせてもらっています!ちなみに、そこで開講されているレッスンは、プロダンサーの卵さんたちがバレエカンパニーに正式に所属させてもらうために指導を受けている場で、木曜日以外毎日レッスンのスケジュールが組まれています。ちょっとハードな気もするかもしれませんが、私にとっては、“英語とバレエ”両方の練習になるので一石二鳥です

ということで、今回はこの辺で閉めたいと思います。来週はトロントにひとり旅に出ようと思っているので、次回の日記も楽しみにしていてくださいね。それでは、また :)

5〜7月 久木 奈美
カナダでの3ヶ月を振り返って。

みなさん、こんにちは!私のカナダ生活が始まって早くも3ヶ月が経とうとしています。今、ふとここに来た当時のことを思い返してみるとすごく昔のように感じます^^

私が毎日一緒に勉強している人たちは、 Chinese, Korean, Arabic, Mexican, Iranian, Russian,Moroccan... などさまざまです。文化も、価値観も、宗教も、性別も、年齢も、ここで勉強している目的も、多くの面において違った色を持ち寄っているので、今まで日本では経験したことのない授業の雰囲気の中で勉学に励んでいます!

同じレベルのクラスにいながらも、Speaking&Listeningがずば抜けて得意な人とWriting&Readingがすごく得意な人の2通りに分かれていることを最近強く感じます。たとえば、授業中、先生の質問に対してどんどん積極的に発言しているMexicanに対して、私は「なんで、この人こんなにベラベラ話せるの?!私、どうしよ・・」と焦っていると、Writing&Readingのテストでは私のほうが断然スコアが上だったり。人それぞれ得意・不得意があって、人それぞれ今の英語のレベルに至るまでのアプローチの仕方も違うんだなぁと。

また、ESLのクラスで勉強するということは、常に第2言語話者同士の英会話になるので、それぞれ違った英語の訛りや表現方法があり、最初は随分コミュニケーションを図るのに苦労しました。日本で英語を学んでいた頃は、ネイティブの人と話す機会しかなかったので自分もなんとなく話せている気でいましたが・・・それは勘違いだったようです^^; 今の生活の中では、「お互いに理解し合いたい」と努める姿勢が一番重要で、その気持ちが少しでも適当になってしまえば、たとえ発する英語が文法的に正しくても理解しあえません。しかしながら本当に、「英語」の存在は大きいです!!!英語という手段があるからこそ、こうやって沢山の英語圏以外の人々と話せるのですから。

先月末はMid-termで一週間テスト漬けの毎日でしたが・・それが終わり、今は今月末の2つプレゼンテーションに向けて準備を進めているところです。授業以外のことに関しては、私は毎週金曜日にこのキャンパスのジムでHipHopのクラスを受けています!楽しいし、リーズナブルな料金なので^^ でも、これだけでは物足りないので、現在、色々なジムを回って情報集めをしています!今のところ、ダウンタウンにあるダンススタジオでHipHopとBalletのクラスを受けようかと・・♪ ボランティア活動については、個人的にすごく興味があるイベントの裏方のお仕事と、日本語学校でキッズのお世話をするお仕事にチャレンジしようと考えています!今の私のSpeaking&Listeningスキルでは、むしろボランティアされる側になっていまいそうで不安ですが(笑)、まずはPositiveThinking &KeepGoingでいきたいと思います!

4月 細川 亜友美
ビクトリアでの生活がスタート!〜First Impressionを画像でお届けします。

.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部