カモーソン大学との交流

2009年度 春季海外英語研修の記録

盛岡大学・盛岡大学短期大学部とカナダのブリティッシュコロンビア州ビクトリア市にあるカモーソンカレッジとは1987年9月に学校法人盛岡大学(当時生活学園)が姉妹校協定を締結して以来、様々な交流を続けてきました。その中のひとつの事業が盛岡大学・盛岡大学短期大学部が合同で秋と春の2回実施する海外英語研修です。この制度に則り、これまで大勢の学生がカモーソンカレッジで約2週間のプログラムを学び、異文化交流を体験してきました。

このページでは2010年2月27日から3月15日までの日程で実施される春季海外英語研修の様子を写真を中心にご紹介します。このプログラムには11名(日本語教育実習の参加者含む)の学生が参加しています。

.
研修8日目 〜Workshop〜School visit 2010/3/8 Mon

2週目の月曜日です。英語研修グループの午前中は、日本とカナダの文化差を考えるワークショップでした。

右が児童教育学科の安田さん。
.

真ん中が同じく三国さんです。金沢学院大学のみなさんといつも一緒で、とても仲良く研修を進めています。

日本語教育グループは、午前中の反省会とミーティングの後、佐藤さんの21歳の誕生日のお祝いをしました。
.

ケーキはインターナショナルオフィスのスタッフが準備してくれました。イチゴとマンゴーのムースのケーキです。
.

奥から、千葉さん、スタッフのガブリエラさん、吹田さん、岡さん。

佐藤さんの左が山口さん、右が千葉さん。
.

左が小山さん、右が千葉さん。学年も学科も様々な実習生たちが、一緒に協力して授業を進めてきました。
.

午後はセントマイケルズ小学校を訪ねました。小学校といっても日本とはシステムが少々異なり、幼稚園から5年生までの児童が学ぶ私立学校です。

バンクーバーオリンピックのサイドキック(追加)キャラクター、ムックムックです。
.

佐々木さんは浴衣、佐藤さんは着物を着て、日本文化の紹介をしました。

こちらは一年生のクラスです。カモーソン大学でお世話になっている林先生が、普段子どもたちに日本語を教えています。日本語で「あわてんぼうのサンタクロース」を歌って歓迎してくれました。
.

ひらがなの示す動物がわかったら色を塗って貼付ける、手作りの辞書です。

辞書をはさんで言葉の確認をしました。
.

こちらは5年生のクラスです。ここにも今日が誕生日の児童がいました。

一緒に折り紙を折りました。
.

かぶとと2種類の鳥です。子どもたちはみんな、びっくりするくらい器用でじょうずに折ります。

帰る頃には外はアラレの雪模様。季節外れの寒さに見舞われましたが、滅多に雪の降らないビクトリアでは子どもたちは興奮していました。
.
研修9日目〜さんさ〜Dream Catcher 2010/3/9 Tue

日本語教育実習の学生たちは、昨年インターネットで会話指導をしたビクトリア大学(UVIC)の学生さんたちに対面しました。

盛岡と盛岡大学の紹介で、さんさ踊りのDVDを見てもらいました。
.

踊り方の指導をして……
みんなで踊りました!
.

さんさ踊りの様子を流す間に、浴衣の着付けを実演しました。

そして着物も。こちらはちょっと時間がかかります。
.

初体験のおふたりは、とても喜んでくれました!

こちらはカモーソン大学に戻ってから、フレンドシップ・サークルの時間に行った浴衣の着付けです。左が今度盛岡に来る予定のジェニファーさんです。
.

ふろしきの包み方、バッグとしての持ち方も実演しました。
.

フレンドシップサークルの時間には、書道もしました。左は次に盛岡に来る予定の交換留学生のマイクさんです。

自分の国の写真を広げて、いろいろな話をしました。
.

午後は他に、ドリームキャッチャー作りも行いました。先住民族から広まって、日本でも有名になったものです。

インターナショナルオフィスのサラさんが作り方を教えてくれました。
.

英語研修グループの児童教育学科のふたり。

同じく金沢学院大学の学生さんたち。きれいに作っていきます。
.

が、見た目ほど簡単なものではなくて、何度も失敗して先へ進めない人もこの写真の奥のほうにいます!

ビーズや羽をつけて、完成に近づいてきました。
.
研修10日目〜Lunch〜Curling 2010/3/10 Wed

昼食のようすをご紹介します。ホストファミリーから弁当?を渡され、カフェテリアで食べるのが、こちらに来ている学生たちの通常のランチです。

天気のいい日は外で食べることも多いです。今日は寒かったので、中で食べています。
.

カフェテリアのテイクアウト部門の様子。パスタや大きなハンバーガー、飲み物やスナックが置いてあります。

こちらはサンドイッチとスープのコーナーです!
.

カフェテリアでは勉強している学生も時々います。混んでいますが、座れないほどではありません。

カフェテリアでは勉強している学生も時々います。混んでいますが、座れないほどではありません。
.

お肉たっぷりのカレーが出たステイ先。

胚芽パンのサンドイッチが出たステイ先。フルーツやヨーグルト、ジュースはよく一緒に出されます。
.

午後はカーリングに挑戦しました。インターナショナルオフィスのグレンさんが、まずルールを説明してくれます。

こちらは点数の数え方。中心に最も近いストーンの組が、相手のストーンより内側にある自分たちのストーンの数で点数をもらいます。×の青がある場合は青組が1点、ない場合は赤組が3点を獲得します。
.

ブルームという道具を持って、競技場の氷の上で説明を聞きます。

スコアボードの前で競技場の方がやり方を説明してくれました。
.

予想外に広い氷の上で練習しました。

ストーンは20キロもあります。
.

足と腕の力と体全体を使って、ストーンを反対側まで押してやります。

ストーンをまっすぐに押し出すのは、かなりむずかしいです。
.

壁を挟んでふたつのレーンで。ブルームでストーンの行く手をこすり、摩擦熱で氷を溶かして、ストーンが滑りやすくなるようにします。
.

夜は研修グループとは別に、交換留学生たちの近況報告・情報交換を兼ねた食事会がありました。新旧の盛岡大学交換留学生が集まり、有意義なひとときを過ごしました。
.
研修11日目〜Art Workshop 2010/3/11 Thu

今日は午後から全員で、アートワークショップに参加しました。美術の先生であるリンさんが、英語で絵の指導をしてくださいました。

ビクトリアを代表する画家、エミリー・カーの絵から、色の使い方を学びます。
.

まず机いっぱいに紙を広げて、オイルパステルで色遊びをしました。

次に森林をテーマに、思い思いの絵を大きく描いていきました。
.

児童教育学科1年の三国さん。

三国さんの描いた、楽しい森の絵です。
.

同じく児童教育学科1年の安田さん

安田さんの木にはリスがいます。
.

日本文学科3年の増子さん。

増子さんは大きいくちばしが印象的なトーテムポールを描きました。
.

日本文学科4年の岡さん。

岡さんは大胆な色使いで森を表現しました。
.

日本語教育の実習生たちは、暗くなるまでまた実習です。英語文化学科の千葉さん。

英語文化学科4年の佐々木さん。千葉さんと佐々木さんは実習ではリーダー的存在として、みんなを引っ張ってくれます。
.

英語文化学科3年の小山さん。1年生のときから日本語教育の授業に参加して、ここまで頑張ってきました。

語文化学科3年の佐藤さん。風邪気味ですが、休むことなく学校に通ってきています。
.

英語文化学科3年の吹田さん。今回の実習参加のチャンスを掴んで、来年度につなげてもう少し頑張ります。

英語文化学科3年の千葉さん。吹田さんと千葉さんは今回一番学校に近いホームステイで、体調も精神状態も一番よく、余裕が感じられます。
.

英語文化学科3年の山口さん。風邪をこじらせて大変ですが、それを感じさせない笑顔で指導しています。
.
研修12日目〜さよならパーティ 2010/3/12 Fri

今日はカモーソン大学での研修の最終日です。英語研修グループは、ジェシー先生からカナダ国旗のタトゥーシールをいただきました。

カナダについて、異文化について、いろいろ学んだ2週間でした。みな名残惜しく最後の授業を受けます。
.

日本語教育実習は、1日6時間、4クラスをまわるハードスケジュールでした。どのクラスでも学生のみなさんには、楽しかったと言ってもらえました。

カモーソン大学で日本語を担当している福島先生と。ご指導ありがとうございました。
.

夜は各家庭から食事を持ち寄る「ポットロック」形式で、ホストファミリーも一緒にさよならパーティを開きました。

ホストファミリーが作って運んでくれた料理です。ラザニア、キャセロールなど、温かいものが並びます。
.

ビクトリアで有名な日本食材店から、すしも調達されました。

ケーキ、和菓子、チョコレート、鈴カステラと、和洋取り揃ったデザート。のり巻きのように見えるものも、甘いお菓子です
.

食事と歓談後、盛岡と金沢の紹介をしました。英語研修グループが、英語で司会と説明をしました。

ここでも浴衣と着物の着付けの実演です。ホストファミリーにも初体験です。
.

青い着物が、金髪に意外なほど映えますね!

英語研修のみなさんとジェシー先生。先生が手に持っているのは……
.

寄せ書きTシャツです!

午後のアクティビティでいつも一緒に活動してくれたシャーラさん。2週間、ありがとうございました。
.
研修13日目〜別れ〜Seattle 2010/3/13 Sat

ビクトリア滞在最後の夜が明けました。今日は夕方まで各自ステイ先のファミリーと過ごし、その後船でシアトルに向かいます。

お世話になったインターナショナルオフィスの方々と。左奥がプログラムコーディネーターのグレンさん、その前がプログラムアシスタントのガブリエラさん、右奥がホームステイ担当のローラさん、その前が留学生の世話係のすみえさんです。
.

名残惜しく別れて、出国審査へと向かいます。

フェリーの待合室で、学生たち14人がそろったところ。
.

ビクトリアクリッパーは、ビクトリアとシアトルを結ぶ高速船です。来たときにも乗ったこの船で、楽しかった研修の地を離れます。

船の外は風が強く、とっても寒いです。
.

が、現地の人の中にはなぜか半袖短パンの姿もありました。我々は寒そうな格好をしています!

陽が傾いて来ました。フェリーの運航はおよそ2時間半です。
.

シアトルに到着した頃には、すっかり暗くなっていました。なんと明日(今日の夜中)が夏時間への切り替え日です。夜のうちに時間が1時間消えるので、目覚ましのセットには注意が必要です。

ここで一泊し、明日は成田経由で盛岡へ戻ります。
.
.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部