文学部Faculty of Humanities

.

文学部の教育目標

  • (1)東北の地域に根ざしながら、学術の中心として個性をもった魅力ある大学をめざします。
  • (2)広い知識と深い専門性をもつとともに、奉仕の精神を基盤とする高い道徳的実践力及び国際化時代に対応した実際的応用力を身につけた教養ある善き社会人を育成することをめざします。
  • そして、目標を達成するための建学の精神に基づく具体的な行動原理として、「対話のある学校」を掲げています。

盛岡大学 文学部長挨拶

私たち盛岡大学文学部は、東北の地域に根ざしながらも、日本全体の社会・文化の一端を担い、国際的な視野をもった学生を養成する大学を目ざしています。

具体的には次のような学生の育成を目標としています。

  1. 広い知識と専門性を身につけた学生
  2. 国際化時代を生き抜く問題発見力や実践力・応用力を持つ学生
  3. 奉仕の精神や道徳性を実践力まで高める学生
  4. 豊かな教養のある社会人としての学生

そして様々な学問や社会との対話を通してみずからを磨き、みずから目標を設定して、それを達成することを期待しています。大学で日本と世界の文化と社会を学ぶことを通じて、幅広い教養と深い専門的知見を獲得し、最終的には日常生活から国際情勢まで、みずからの力で判断できる人間の育成を目ざしています。

さて、文学部には、英語文化学科、日本文学科、社会文化学科、児童教育学科の四つの学科があります。各学科の人材育成の目標は次のとおりです。

英語文化学科

英語圏の言語や文化についての専門知識と幅広い教養を培い、同時に実践的な英語運用能力を習得し、進展する国際化や情報化社会に即応できる人材を育成します。

日本文学科

日本特有の言語・文学・文化を国際的視野に立って幅広く学び、話す・聞く・書く・読む能力を備え、課題を見出し解決することができる人材を育成します。

社会文化学科

文化・社会・歴史の領域を総合的に学習することにより、問題発見力に富み、世界的視点と地域的視点とから複眼的に問題を考察し、実践的に解決の方途を模索して組織化し、社会文化的価値を創造して行くことができる人材を育成します。

児童教育学科

幅広い専門的教養と創造性豊かな実践力及び対人関係能力を備え、初等教育・保育に携わる人材を養成します。

学生のみなさんがそれぞれの学科において、対話を大切に有意義な学生生活を送り、大学で学んだことを糧にみずからを形成し、社会で活躍することを期待しています。

文学部長 斎藤 成夫

.
.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部