.

英語文化学科の卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)【DP】

 英語文化学科では、124単位の単位修得と「卒業研究」を含む必修等の条件を充たし、グローバルな視点に立って、幅広い教養と深い専門的知識を修得し、奉仕の精神を基盤とし、実践力を身につけた教養あるよき人材として、下記の力を身につけた者に対して「学士(文学)」の学位を授与します。
  • (1)広い知識と深い専門性
  • 英語圏の言語や文化についての専門的知識と幅広い国際教養を備え、実践的な英語コミュニケーション能力を身につけ、地域社会のみならず、グローバル情報社会に貢献する力を有する者
  • (2)国際社会に対応した実践的応用力
  • 世界の多様な人々や社会について、積極的な海外留学等の体験に基づいて理解を深めるとともに、自律的な思考力と判断力をもち、自分の意思を的確に表現し、行動する力を有する者
  • (3)奉仕の精神を基盤とする高い道徳的実践力
  • 国内外を問わず、社会生活を営む中で、他者への共感的な考え方を身につけるとともに、主体的に多様な人々と協調して働き、よりよい社会の実現に寄与する力を有する者

英語文化学科の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)【CP】

 英語文化学科では、卒業認定・学位授与の方針に掲げる広い知識と深い専門性・国際社会に対応した実践的応用力・奉仕の精神を基盤とする高い道徳的実践力を修得させるため、教養科目、専門科目及びその他必要とする科目を体系的に編成し、講義・演習などを適切に組み合わせた授業を開講します。カリキュラムの体系を示すために、科目間の関連、専門科目の各領域(グローバル・コミュニケーション領域、言語学領域、文化・文学領域)の目標及び難易度について、カリキュラムマップや履修モデルを設け、カリキュラムの構造をわかりやすく明示します。
 教育内容、教育方法、評価については以下のように定めます。

1)教育内容

  1.  教養科目では、幅広い教養と基礎的技能の修得を目指し、人間性と社会性を涵養する教育を行います。「キリスト教学Ⅰ」を必修科目とし、地域社会に貢献する「愛と奉仕」の建学の精神を学び、道徳的実践力の基盤を培います。
  2.  語学科目では、国際社会を積極的に生きるために必要な能力の向上を図るとともに、多文化社会に対応するために必要な語学力の向上を目指します。
  3.  専門科目の必修科目では、英語の4技能の基礎的な能力を修得すると同時に、各領域の入門的な知識の修得を目指します。
  4.  英語運用科目では、英語の4技能の基礎的な能力を踏まえて、さらに高度な英語の運用能力の修得を目指します。
  5.  専門領域科目では、各専門領域の目標と体系に基づき、段階的に選択必修科目を配し、系統的に4年次の「卒業研究」へと展開し、専門性をより深く身につけます。
  6.  協定大学における交換派遣留学や短期英語研修などの海外留学を、積極的に奨励します。

2)教育方法

  1.  対話のある教育方法を取り入れ、行動原理として掲げる「対話のある学校」を授業においても具現化します。
  2.  主体的な学びの力を高めるため、演習科目を中心としてアクティブラーニングを取り入れた教育方法を積極的に実施します。
  3.  授業効果調査やFD研修会等を通して、常に改善された教育方法を実践します。
  4.  英語運用科目では、入学後のプレイスメントテストと各学期末のアチーブメントテストの実施によって、習熟度別クラスを編成し、より効果的・機能的な授業を展開します。
  5.  専門領域科目では、専門知識の修得だけでなく、プレゼンテーションソフトなどを使って能動的・創造的に発表する授業を行いながら「卒業研究」につなげ、指導教員のもとで原則として週一回行う卒論ゼミを通して、4年間の学びの集大成を図ります。

3)評価

  1.  学科全体として、学科の卒業認定・学位授与の方針に掲げる能力・資質を担保する成績評価を行うと同時に、科目間において成績評価の要件・基準・平均に大きなばらつきが生じないよう努めます。
  2.  英語運用科目と専門領域科目の成績は、それぞれの科目に特有な尺度に従って評価されます。
  3.  各授業科目では客観的な評価基準をそれぞれのシラバスに明記し、それに基づいて厳正に成績を評価します。

英語文化学科の入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)【AP】

 英語文化学科は、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)及び教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)に定める人材を育成するために必要な、次に掲げる知識・技能や能力、目的意識・意欲を備えた人を求めます。
  1.  高等学校等における各種の学習内容を幅広く理解している。
  2.  高等学校までの履修内容のうち、「国語総合」や 「英語」を通じて、話す・聞く・書く・読むというコミュニケーション能力の基礎的な内容を身につけている。
  3.  英語に関する身近な問題について、知識や情報をもとに筋道を立てて考え、その結果を説明することができる。
  4.  英語圏の言語や文化について学び、地域社会のみならず、グローバル情報社会に貢献する意欲がある。
  5.  入学前教育として求められる、基礎的知識を身につけるための課題に最後まで取り組むことができる。
.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部