小田島早江さん
高校時代から英語力を高めたいという目標があった小田島さん。
自分にフィットした盛岡大学に進むことで、
その夢を実現することができました。そして、新しい世界へ飛び立とうとしています。

国が違えば考え方も違う様々な価値観に触れた4年間。

ー大学で英語力を磨きたかったとお聞きしました。

小田島早江さん

そうです。大学の4年間で自分の英語力を高めたいと思っていました。ただ、アメリカやイギリスの文学を学ぶことで、英語力を高めると同時に、世界と日本の文化の違い、価値観の違いを学んだような気がします。いろいろな考え方に触れることはすごく刺激的な経験でした。盛岡大学を志望したのは、ネイティブな先生の授業がたくさんあったこと。一人ではなく多くの先生から英語が学べるっていうのが自分にとってはすごく魅力的でした。

大学卒業後は、関東の英会話スクールへの就職が決まっています。今まで大学で学んだことを活かすことができる職場だと思っています。

.

恐れずに前へ出る 自分自身が大きく変わりました

ー大学の4年間で、自分自身が変わった印象はありますか?

自分自身の学ぶ意欲がどんどん上がってきたし、英語をもっとうまくなりたいとか、もっと深く学びたいという欲が出てきました。これは大学に入ってから変わったことですね。以前は人前で話すことが苦手だったんですが、そういうものを克服したいという気持ちに変わってきました。スピーチコンテストとか、英語力アップ研修とか、こういうものに参加することで英語力は磨かれているんだろうなと思い、積極的に参加してきました。高校時代の自分からは想像できなかった自分になることが出来ました。成長を実感しています。

小田島早江さん

.

小田島早江さん

信頼できる先生と出会うこと。成長する上で大事なことだと思います。

ー盛岡大学の魅力とは何でしょうか?

やっぱり先生との距離が近いことだと思います。人によると思いますが、私には盛岡大学はすごく合っていました。少人数でのクラスも多いので、その分一人ひとりへの指導が丁寧ですし、自分自身が主体的になって、授業に関わることができます。それによって学ぶことが楽しくなってくるんです。自分のモチベーションにつながったと思いますし、自分の頭で考え、そして行動できる人間になることができたと思います。本当に信頼できる先生との出会いはとても大事なものだと思います。どんなことでも気軽に相談できる環境がありましたので、多くの先生と深く関わりながら、成長していくことが出来ました。またこれから受験を考える高校生に対しても自信を持っておすすめできる大学です。

盛岡大学文学部

英語文化学科4年

小田島早江さん

岩手県立花巻南高等学校出身

小田島早江さん

.
.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部