英語英米文学会

この学会は、学生と教員の共同の研究活動を促進する学内学術団体です。会則には、「本会は英語英米文学に関する研究を促進し、その充実と会員相互の親睦をはかることを目的とする」とあります。

学会では毎年、「会報」を発行しています。

20数年間継続発行されているこの「会報」には、英語英米文学・文化に関わる論文の他、全学生の卒業論文の題目、前期・後期の学会講演会の報告や、スピーチコンテストの内容が掲載されています。

スピーチコンテスト
.

「盛岡大学英語英米文学会会報」第30号(2019年3月発行)主要目次

会報
【教員の部論文】
  • Reading Attitudes and Onlime Graded Readers/Joe Angerhofer
  • 〔研究ノート〕中間構文とサル表現/新沼史和
【学生卒業論文】
  • 日本における女装趣味の社会心理学的考察/黒沼遥希
  • 日本語“ラサル”と韓国語“cida”の対照研究/鈴木瑛梨奈
  • ジャック・ケルアック『路上』が現代社会に鳴らす警鐘/吉田晴奈
.
【エッセイ】
  • 留学体験記「交換派遣留学」:佐々木芙美
  • 就職活動体験記:上野さあや(野村証券)、勝又怜香(東京海上日動火災保険)
  • 就職体験記:橋本明日香(岩手県警)
  • 自己流!就職活動への道のりと心構え:立花春香(国立青少年教育振興機構)
【スピーチコンテスト入賞作品】
  • 亀本俊亮、大崎夏実、坂本詩織、吉田真衣
【卒業論文発表会報告】
  • 発表者:奥寺美月、佐々木芙美、有馬賢杜、村中未唯、保坂祐樹、勝又怜香
.
.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部