令和2年度 日本文学会秋季研究発表大会のご案内

盛岡大学日本文学会

令和2年度 日本文学会秋季研究発表大会のご案内

謹啓 向寒の候、皆様方におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

早速ですが、下記の要領で秋季研究発表大会を行ないたく、ご案内申し上げます。

なおご来会の際は、新型コロナウイルス感染防止対策(マスク着用、大学校舎入口での検温、手指の消毒等)にご協力下さいますようお願い申し上げます。

謹白

【研究発表大会】

日時 令和2年 12月5日(土) 9時30分から13時
会場 盛岡大学A205大講義室
  1. 芥川龍之介『芋粥』論―動物から人間への復権としての食の拒否― …近現代文学研究会
  2. 宮沢賢治『氷河鼠の毛皮』論…啄木・賢治研究会
  3. 宮沢賢治『黄いろのトマト』論―蜂雀の語る「かあいさう」について―…啄木・賢治研究会会
  4. 岩手県における漆文化研究の現状と課題…民俗学研究会
  5. 漢私印に見られる鳥蟲篆について…書学書道史研究会
  6. 堀辰雄『旅の繪』論―心理的拠点が作品に与える効果―…坂野 萌恵(本学学生)
  7. 高村光太郎と中村不折の書道観―明治・大正期の六朝書道を中心として―…矢野 千載(本学教授)

以上

.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部