平成28年度卒業書作展を開催しました。


2017年2月20日~24日,本学にて卒業書作展を開催しました。

「高等学校教諭免許状(書道)」を取得する,盛岡大学日本文学科の4年生,8名による書作展です。書作展は,日本文学科開設から続く歴史があります。

指導に当たった林稔教授は,「書道は国語科教員としての教養であると考えています。書道の教員免許を持っていても書けるとは限りません。きれいな字を書けるような指導をしています。また,学生のやる気次第ですが,より専門的な指導もしてきました」と話しました。

同様に矢野千載教授は,本学で書道を学ぶ学生の幅は広く,「本学で書道を学ぶ学生には,大学で少し専門的に学ぼうとする者もいるし,大学から書道をはじめてみようという者もいます」と話しています。

書作出展を通した感想として,学生たちは
・好きな小説の一節を,書で自分なりの表現ができた(日本文学科4年生・熊谷幸奈さん)
・書道が,自分の感情をぶつける手段になった(同・古館渉さん)
・大学に入学してからはじめたが,書道の面白さに気づいた(同・清野将士さん)
・自分の思い通りにならないのが書道。練習を続けることが大切だと学んだ(同・葛巻かなたさん)
・筆の持ち方,返し方を,練習を通して学んだ(同・小田嶋杏奈さん)
と話してくれました。

.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部