大谷綾乃さん
神奈川から祖父母の住む岩手県へ進学した大谷さん。他県から来たからこそ、岩手の魅力がわかると言います。雪、自然、人のあたたかさ。都市部とは違う環境を存分に楽しんでいます。

通学のたびに豊かな岩手の自然を実感。

大谷綾乃さん

ー県外から盛岡大学に進学。なぜこの岩手に?

祖父母が岩手にいたことがきっかけになったと思います。子どもの頃から岩手に来ていたので、以前から親近感を感じていました。生まれて初めて親元から離れることに不安を感じたこともありましたが、それもひとときのことでした。こっちの人は本当に親切だなと思います。

ーどういうところに違いを感じていますか?

また私は東京に近い神奈川県だったんです。通学のたびに自然の豊かさを感じています。山があって、森があって、キツネが出て…。全部が全部、新鮮なことばかりです。雪が積もるというのも初めてのことで。ただ、そういう初めての経験を楽しんでいる自分がいます。

.

子どもの頃の夢を盛岡大学で実現しました

ーさんさ踊り実行委員会に所属しているとか?

小さい頃からさんさ踊りを見ていたんです。いつかは参加してみたいと思っていたんですが、盛岡大学に入ってその夢もかないました。盛岡大学のさんさ踊りには独特のスタイルがあって、勢いがあって、動きもダイナミックな動き。そこが素敵だなって思っています。私は踊り手ではなく、ホイッスルのパートを担当しています。とても疲れるパートなんですが、仲間と一緒にやれるっていうのが楽しいですね。実行委員会に入ることで、他学部、他学科の学生ともつながりが生まれました。友達の輪が広がったり、他の学年の先輩とも知り合う機会が増えましたので、やって良かったなと思います。

大谷綾乃さん

.

目指すのは教師という職業。その夢を全力で後押ししてくれる。

大谷綾乃さん

ー現在学んでいることと盛岡大学の魅力を教えてください。

将来の夢は高校の公民の先生になることです。高校時代にすごくいい先生に出会えたことがきっかけ。どんな生徒も見捨てないって言う先生の姿を見て、自分もそういう風になりたいと思ったのです。2019は3年生になるので、より深い内容のことを学んでいきたい。今は指導案の作成であったり、50分の授業をつくることを学んでいます。盛岡大学の魅力は、勉強が出来る環境作りって言うのが、すごくしっかりとされているところです。学生の将来の夢を支えてくれる先生方がいると言うことがこの大学の魅力だと思います。私の場合は教職課程についてしか話せないんですけど、教員養成サポートセンターでの様々な企画であったりとか、教員採用試験の対策講座であったりとか、手厚い指導体制が整っていると思います。そういったものをどんどん活用していきたいですね。

盛岡大学文学部

社会文化学科2年

大谷綾乃さん

神奈川県立松陽高等学校出身

大谷綾乃さん

.
.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部