盛岡大学・盛岡大学短期大学部

主要科目の特長

英語文化学科

英語文化学科の教育課程は、英語運用能力の向上から専門的知識の習得へとつながるように体系的に編成されています。「必修科目」「英語運用科目」「専門領域科目」等を通して、入門から演習まで4 年間系統的・段階的に、能力・興味・関心に応じて適切に専門的知識を深めることができるように構成されています。

1 年次の「必修科目」では、英語運用の4 技能の基礎力をしっかり固めることを重視しています。その中で「英文法Ⅰ・Ⅱ」は文法能力を向上させる授業で、英語による発信のための基礎演習から応用までを段階的に学びます。「SpeakingⅠ・Ⅱ」と「Reading & WritingⅠ・Ⅱ」のねらいは、それぞれ会話能力の向上と総合的な読解能力の伸展にあります。「イギリス文化入門Ⅰ」と「アメリカ文化入門Ⅰ」では英米の文化や歴史への入門的な知識を身につけ、「英語学入門Ⅰ」では言語と文化、文法の本質、形態論・統語論・意味論の基礎について学びます。「コミュニケーション入門Ⅰ」では、文化的背景を異にする人たちとのコミュニケーションはどうあるべきかについて考察します。

「英語運用科目」における「翻訳・通訳Ⅰ・Ⅱ」のねらいは、日英両語の言語表現比較から翻訳の基本を考え、バイリンガル度を高めることにあります。「時事英語」では英語のメディアを通じて現代社会の潮流を把握し、「ワールド・ビジネス・イングリッシュ」では実践的なビジネス社会の英語表現を学びます。

「専門領域科目」の「異文化コミュニケーション演習A」においては、異文化交流のなかで起きる社会的な現象や問題点をクローズアップし、異文化交流のあり方を考察します。「言語学演習C(音韻)」では、言語として意味を持つ音韻現象の事例の解明と整理、また音韻論そのものへの体系的なアプローチを行います。「国際事情B」「比較文化」では、異質な人々との文化接触のなかで生じる新たな創造や発展について考えます。そのほかに、「ジャーナリズム」「観光学」「実務英語講座」等の実践的な科目が設置されています。

さらに、CALL(Computer Assisted LanguageLearning)システムを使った「CALL演習Ⅰ・Ⅱ」「検定英語演習」「英語情報リテラシー」等の授業も行っています。

日本文学科

日本文学科の教育課程は、従来の日本語・日本文学のオーソドックスな科目群と、世界的な視野に立った日本語・日本文学の科目群とを基盤としながら、地域に根ざした文学・文化を研究する東北文学、郷土文学、民俗学についての科目群を置いているところに特徴があります。この科目群はフィールドワークを伴って実施されるもので、本学科独自の特色ある教育方法の一つとなっています。

日本語・日本文学のオーソドックスな科目群として開設されている「日本語学演習(近現代語)Ⅰ・Ⅱ」では、日本語を世界の中の一言語として、外国語のように観察し分析します。「中古文学演習Ⅰ」においては、日本の根源となる文化のすべてが盛り込まれていると言って過言ではない『源氏物語』を深く掘り下げていきます。「現代文学演習Ⅰ・Ⅱ」においては、数学にも似ているテクスト論と文学解釈法を知ることで、昭和から平成にかけての文学作品を読み進めていきます。

地域に根ざした文学・文化に関わる科目群に配置されている「東北文学演習Ⅰ・Ⅱ」「東北文学研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」「郷土文学概論」などの授業では、石川啄木・宮沢賢治らの作品のほか、一般的には必ずしも注目されてこなかった鈴木彦次郎・村上昭夫などの作品を取り上げています。

さらには、時代のニーズに応える科目として、電子文字媒体での表現力を養成する「日本語コミュニケーション演習」、情報処理を用いた日本語日本文学研究の方法を学ぶ「日本語日本文学情報処理」などの科目も設置されています。

社会文化学科

社会文化学科の教育課程は、全体の科目を「文化的領域」「社会的領域」「歴史的領域」に区分し、領域ごとに学年を追って、「基盤科目(1 年次)」「展開科目(2 年次)」「専門研究科目と専門演習科目(3年次)」「卒業研究(4 年次)」と発展していくように設置されています。

「文化的領域」ではドイツ・フランスを中心としたヨーロッパの文化・思想などを、「社会的領域」では現代社会の成り立ちや構造、社会現象を、「歴史的領域」では考古学、文化財、民俗学などを通し、日本や東北の歴史を幅広く学ぶことができます。

基盤科目(1 年次)では、それぞれの領域で自分を取り巻くさまざまな問題に気づかせ、問題発見することを主眼に教育がなされています。そこでは、サブカルチャーからハイカルチャーにいたる様々な文化領域のテキストが用いられます。 展開科目(2 年次)と専門研究科目(3 年次)においては、各自の問題意識をさらに明確にして深めることが求められます。ここでは、学生の問題意識が各学問ジャンルにおけるどのような方法と結合されるべきかがテーマ化されます。 専門演習科目(3 年次)においては、少人数のゼミナール教育がなされ、フィールド研究や合宿、課外実習を通じて、学生の行動力や組織力を向上する工夫が行われています。

文化的領域科目として、「社会人類学」では人と人のつながりに注目し、家族や結婚、親子などをめぐっての考え方や行動様式を学びます。「文化人類学演習Ⅰ・Ⅱ」においては、各地域・集団の文化について学び、グローバル化の時代にそれがどう変わりつつあるかを考察します。

社会的領域科目として、「社会法学」ではめまぐるしく変化する現代の社会生活において、よりよい生活を営むための法の新しい知識を学びます。「法文化論」は、社会文化に法学的視点からアプローチする独創的な科目です。

歴史的領域科目として、「東北文化論」では歴史の転換期ごとに中央の抑圧を受けてきた東北の歴史を見渡し、新時代に向けて発信した人物とその事業を学びます。「日本文化史」では、その基層さえも成した地域史を中心に学び、日本文化史を浮き彫りにします。

児童教育学科

児童教育学科(「児童教育コース」「保育幼児教育コース」)の教育課程は、まず専門分野ユニット制に特色があります。どちらのコースでも5つの専門分野(学校教育系、基礎教育系、心理系、表現系、保育・幼児教育系)の100レベル(基礎科目群)・200レベル(発展科目群)の授業をとることができ、幅広く学べるカリキュラムになっています。300レベル(卒業研究基礎演習科目群)・400レベル(卒業研究)については、学校教育系、基礎教育系は「児童教育コース」、保育・幼児教育系は「保育・幼児教育コース」の学生だけが履修でき、専門性もしっかり高めていきます。

1年生前期には児童教育学科での学びの基礎となるスキル(技術)を身につけられるように、「アカデミックスキル基礎講座」「日本語文章作法」を必修科目にし、スムーズな学修をサポートしています。また、児童教育コースでは「実践児童英語」が必修になっているのも特徴です。少人数クラス(20人程度)をネイティブ・スピーカー教員が担当し、子どもと一緒に英語を楽しむ力をつけます。

さらに、教育実践力や対人関係能力の向上をねらいとする「児童教育講座」(児童教育コース)、「幼児教育講座」(保育・幼児教育コース)が開設され、2年間必修です。1年生から教育ボランティアとして近隣の小学校や附属幼稚園で活動し、異学年クラスで先輩・後輩が一緒になって「授業コンテスト」「テーマ劇コンテスト」(児童教育コース)、「実践保育研究」(保育・幼児教育コース)などに挑戦します。

.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部