盛岡大学栄養科学部 栄養科学科

.
.

学部長挨拶

食生活をはじめとするライフスタイルの変化や高齢化などにより、生活習慣病が増加し、大きな社会問題となっています。その対策として、栄養や食を改善することで病気の発症を予防したり、重症化を防いだりすることの重要性が認識されるようになってきました。このような状況から、人々のライフスタイルや健康状態に応じた栄養管理・栄養指導を行うことのできる、専門的な知識や技能を備えた管理栄養士が求められているのです。病院や高齢者施設、保健所などの行政施設、学校や民間企業など、様々な場所で管理栄養士は活躍しています。栄養の重要性が認識されることで管理栄養士の活躍の場はさらに拡大すると考えられます。

栄養科学部は、健康、栄養、食に関する高度な知識と技能を授け、それを活かして人々の食行動を改善し、人々の健康とQOL (Quality of Life)を向上させられるような管理栄養士を育成しています。また、東北の地域に根ざした大学の特徴を生かし、栄養や疾患の地域特性などについても総合的に学べる授業科目を展開しています。

ぜひ栄養科学部で学び、健康・栄養の専門家として社会で活躍してください。

栄養科学部長 成田 新一郎

教育目標

栄養科学部は人間の生命現象について科学的理解を深め、「生命と真理」を尊び、健康、栄養、食に関する専門の知識を授け、社会の福祉に寄与する人材の育成を以下の通りに行います。

  • 1. 基礎的課程および応用的課程における確実な知識と技術の修得
  • 2. 対象者や地域の特性を理解し、人間栄養学に基づくテーラーメイドの栄養管理・指導を実践できる力
  • 3. コミュニケーション能力を持ち、スタッフの一員として協働して役割を果たすことのできる力
  • 4. 人の痛みを理解し、共感し、行動変容を促すことのできる力
.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部