菅原萌子さん
「栄養」を学び、「食」のサークルに入り、「裁縫」が趣味という家庭科系女子の菅原さん。
栄養科学に興味を持つきっかけとなった高校時代のことや、未来をどう描いているのかなど、たくさんお話を聞いてみました。

きっかけは「お弁当作り」。これからの研究も楽しみです。

ー栄養の分野に興味をもったきっかけは何ですか?

菅原萌子さん

高校時代の「お弁当作り」がきっかけでした(笑)。自分と家族のお弁当を作っているうちに、色どりや栄養が気になってきて。それから、栄養について興味を持つようになりました。

ー今後、どの研究に絞っていこうと考えているんですか?

私は「公衆栄養学」などといった「健康な人が健康でいるための栄養科学」に関心があります。病気になった人を健康にすることももちろん大事ですが、健康なままでいることができたらこれ以上のことはないですよね。行政の管理栄養士などの職業があるので、将来的にはその中から目指したいものを決めていきたいと思います。

.

勉強したことを活かせる活動 に、やりがいを感じます。

菅原萌子さん

ーどんなサークルに入っているのですか?

「食の輪サークル アノ~anneau~」っていう、栄養科学部の学生が中心のボランティアサークルに入っています。学部で学んだことを活かしながらも、楽しみながら活動できることが魅力です。コンクールに出品するわけではないので、気軽にチャレンジできるんですよ。

ーサークルとして、今後はどんな活動をしようとしているのですか?

商品開発に挑戦しようと思っています。岩手の特産品である雑穀を使用したものや、普段だったら廃棄物になってしまうようなものを活かしたものなど、様々な案を考えているところなんです。文化祭に販売できるように準備しています。

.

心強い先生方がたくさんいて、良い環境です。

ーこの大学で学ぶことは、どんな魅力がありますか。

様々な経験を持つ先生方がいることだと思います。この学部では栄養素の勉強はもちろん、医学的なことなど幅広く学んで栄養科学に活かします。その時に、病院勤務経験のある方、医師免許のある方など、様々な現場で経験を積んできた方々が私たちをサポートしてくださるので、実際に働いてから活かせるだろうと確信できる学びが得られます。これはこの大学の魅力だと思います。

ー学生同士の関係はいかがですか?

学科は高校でいう「クラス」みたいなスタイルなので、みんなと仲良くなれました。夏にバーベキューしたこともあります(笑)。先生方とも距離が近いので、わからないことがあれば教えあったり、すぐに聞いたりすることができます。とても過ごしやすい環境で学ぶことができているので楽しいですよ!

菅原萌子さん

ー高校生の皆さんへメッセージをお願いします。

受験は大変ですが、盛岡大学には頼れる仲間・先生方がいます。栄養に少しでも興味があったら、ぜひ盛岡大学に来てくださいね!

盛岡大学栄養科学部

栄養科学科3年

菅原萌子さん

岩手県立花巻南高等学校出身

菅原萌子さん

.
.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部