岡崎千明さん

栄養科学科を語る

 

夢に向かってあきらめない

子どもへの栄養教育に携わりたい。

栄養科学科4年岡崎千明さん

[青森県・三戸高校出身]


基礎と専門知識が確実に身につくカリキュラム。
臨床現場の経験豊富な先生方の実践的な教え。
人間としても成長できる環境が整っているのが盛岡大学です。

先生方が指導熱心であること、学生が意欲的であることが栄養科学科の特長であると思っています。「食品学」や「調理科学」は、食材や調理法を科学的に捉えることから、管理栄養士をめざす基本的な考え方を学ぶことができ、とても興味深く楽しく学ぶことができました。また「給食管理実習」では、それらの知識を踏まえ、給食業務の一連の流れを体験し学ぶことができ、実践に役立つ科目です。管理栄養士に必要な基礎と専門知識を無理なく学べるカリキュラムのもと、臨床現場の経験豊富な先生方が多いことから、どの授業もわかりやすく詳しく教えてくださるので、日々確実に知識や技能をしっかりと身についていると実感できます。

現在、私は食環境整備に関する研究をテーマに学んでいます。妊娠・出産・子育て期にある女性への健康・栄養情報の提供状況に関する研究として、メディア等を通じて提供される情報の内容と質を検討しています。大学で過ごす時間はとても楽しいです。学内・学科の雰囲気も良く、友人やクラスメイトも温かく、先生方は親身に相談にのってくださいます。先生の研究室を訪ねて、質問したり、お話させていただいたり、学生生活をとおして人間としても成長することができる環境、それが盛岡大学です。

私は、将来は管理栄養士の資格をフルに生かすことのできる仕事に就きたいと思っています。特に、子どもを対象にした栄養教育に興味があります。そのために、教員養成サポートセンターに通ったり、学内で開催されるさまざまな就職関連講座に参加するなど、意識的に勉強する時間をつくるように努めています。夢に向かってあきらめないことを常日頃から心がけています。

.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部