盛岡大学栄養科部栄養科学科

夢への対話

“行政の管理栄養士になりたい! ”

目指す姿は明確ですか?

学生の頃からスポーツをやっていて、食が体に与える影響力が大きいことを実感していました。栄養管理を通じて身近な人たちの役に立ちたいと思い、行政の管理栄養士を目指すようになりました。行政の管理栄養士として、幅広い年代の人達に健康づくりのサポートをしたいと思っています。

在学生

栄養科学科 4年

澤口 夏子さん

岩手県立盛岡第三高等学校出身

“行政の管理栄養士として活躍! ”

どんな仕事をしたときにやりがいを感じましたか?

大学4年生の時に臨地実習で保健センターに行ったことが、この職業を選ぶ大きなきっかけとなりました。食育教室などの調理実習の際には、住民の方から「この料理がおいしかったから作ってみたい」「また教室に参加したい」と言われるとやりがいを感じますし、前よりも食事や健康について意識している様子を見ると、この仕事をしてきて良かったと思います。

卒業生

岩手県二戸市役所健康福祉部健康推進課勤務

大釜 わかなさん

栄養科学科 平成26年度卒業

.

“病院の管理栄養士になりたい! ”

夢の実現に向けて頑張っていますか?

以前から人の役に立つ仕事がしたいと考えていました。食を通じて人々の健康のサポートをしたいと思っていたので、管理栄養士受験資格が取得できる本学科に進みました。病院の管理栄養士になりたいので、臨床分野の知識をしっかりと身につけ、患者さん一人ひとりに寄り添った食事管理や栄養指導を行えるよう頑張っています。

在学生

栄養科学科 4年

磯辺 愛梨さん

青森県立八戸東高等学校出身

“病院の管理栄養士として活躍!”

病院の管理栄養士のやりがいは何ですか?

大学の講義で臨床栄養学に関心を持ち、医療現場で働きたいと思っていました。仕事でやりがいを感じるのは、栄養指導などを通して患者さんの食事改善や行動変容を支援できたと実感できた時です。管理栄養士の仕事は人が相手となるので、学生時代は実習やサークル活動、アルバイトなどたくさんの出会いを大切にし、思いを感じ取る力を養ってください。

卒業生

岩手県立胆沢病院勤務

合原 里恵さん

栄養科学科 平成27年度卒業

.

“高齢者施設の管理栄養士になりたい!”

人との関わりを大切にしていますか?

3年生の時、老人保健施設を訪問しました。そこで高齢者一人一人に合わせた食事提供をしていたことに興味を持ち、進路として考えるようになりました。授業や国家試験の勉強はもちろん大事ですが、人との関わり方も重要だと思っているので、アルバイトの時間を大切にしています。社会人マナーや円滑な人間関係の築き方など身につけることができます。

在学生

栄養科学科4年

津島 こはるさん

青森県弘前実業高等学校出身

“高齢者施設の管理栄養士として活躍”

今の職業を選んだ理由は何ですか?

高齢者施設での実習を通して、利用者様一人ひとりに合った栄養アセスメントを行うことに興味を持ちました。仕事でやりがいを感じるのは、利用者様の栄養状態の改善が見られた時や、食事を通じて利用者様の笑顔が見られた時です。就職活動では各施設での栄養士の仕事内容や施設の特徴を調べ、とても役立ちました。事前の施設研究や見学はおすすめです。

卒業生

介護老人保健施設まつみ勤務

菊池 美衣さん

栄養科学科 平成27年度卒業

.
.

トップに戻る

.
.

ソーシャルメディア公式アカウント

このサイトについて

個人情報の取り扱いについて

キャッチコピー・ロゴマークについて

© 2015 盛岡大学・盛岡大学短期大学部